道路は誰のもの?

以前、イラク戦争反対のデモに参加したとこのこと。アメリカ大使館前に集まったデモの参加者に対して、警察は首相官邸前でやったのと同じように道路を渡らせないと言う抗議行動の阻止に出ました。大使館の正面の歩道に集まった人達と、道路の向こう側の人達とを分断する行動に出たのです。

道路際の歩道に横一列に警察官が配備され、向こう側から大使館側への横断を一切させません。道路の向こう側は次々に増える参加者でみるみるふくれあがっていきますが、それでも渡らせないために、仕方なく後から来た人達は舗道上に横に長く伸びていきます。「戦争反対!World peace !」などのシュプレヒコールの間からは、「渡らせろ!」「何で渡らせないんだ?」など不満の声も上がっていました。

友人と私もブツブツ言いながら、道路の向こう側の人達とシュプレヒコールで呼応したり、手を振って連帯を示しながらも、不満は募る一方でした。

と、そのとき、目の前の欧米人男性二人が英語でコールを始めました。最初は周辺の声に紛れて気づかずに、「あ、英語で何か言っている。なんて言っている?」と顔を見合わせた私達ですが、意味を知って「ホント、そのとおりよー!!!」と、彼らと一緒に声を合わせ始めました。「Whose road? Our road!」(だったかな?)

「道路は誰のもの?道路は私たち(みんな)のもの!」

道路の横断を阻止されて不満を持ちつつも、それを跳ね返さない私たち日本人に比べて、おかしいと思ったら正統な権利として主張し、奪われたものを取り戻そうとする彼ら。正統な権利主張の意識や、人権に対する敏感な反応が欧米の教育には根付いているからではと思わされました。

7月29日、首相官邸前の封鎖された道路でも、日本人の若者がドラムを叩きながら「道路を返せ!」と声を上げている映像を見ました。おかしいことは見過ごさないでおかしいと言っていく、その意識こそが今まさに問われていると思い出させてくれました。

学校の汚染除去~先生達のがんばり

こんな学校の取り組みがあります。

郡山市の小学校ホームページ

規則の運用は同じでも、先生方がどう取り組むかによって、できることはまだまだあのですね。

勇気が出ます。

学校が独自に計測した放射線量については、当初ホームページ上に掲載していたのですが、「インターネットの掲載は県や国など公の機関が発表したものに限る」と、注意があったとのことで、PDFファイルにきりかえたそうです。

地域の様子が少しでも分かれば、子どもを学校に通わせていない人にとっても大変貴重な情報になります。独自に計測してホームページで広く知らせることは、県や国のできない部分をカバーすることにもなるわけで、むしろ歓迎されてもよいはずなのにね。

掲載写真の中に、子ども達が揃って廊下を歩いている写真がありますが、屋外活動ができないため、校舎内をぐるぐる回ってウォーキングをしているところだそうです。「日常の光景に見えたと思うのですが、実はこのように深い意味のある写真なのでした。」との短いコメントに、先生方の複雑な思いが伝わってくる気がします。

遡って読んでいただくと、放射線に対する対策の取り方も参考になるように思います。通常の業務以外にこうした活動を入れておられる先生方のガンバリにエールを送りたいです。

24日締めの署名、中間報告

前回お願いした署名の中間報告が出されました。

私が署名したのは24日の夜半でしたが、何度送信してもエラーが出ます。「もしかしてサーバーがパンク?」と思いましたが、やはりそうだったみたいですね。翌朝には無事に送信することができました。

3日間で3万3000は結構大きい数字と思います。みんなの気持ちが詰まっていますね。さらに気持ちを届けて、20ミリシーベルトを撤回させましょう。

年間20ミリシーベルトはドイツの原発作業員の年間許容被曝線量と同じだとか。しかも大人よりも、発育途上の子どものほうが放射線のダメージを何倍も受けやすいのです。この途方もない数値を撤回させるために、ご協力よろしくお願いいたします。

以下に、署名集約団体FoeJapanからのメールを転載します。
-----------------------------------

ただ今、一次締め切りの結果を取りまとめ中ですが、合計3万3,000以上の署名が
集まりました。

心ある人たちの怒りが爆発したかのような署名の洪水に、受付フォームが一時、
パンクしご迷惑をおかけしました。

今日中に頂いた署名は、一次とりまとめとして集計し、4月27日に管総理大臣お
よび高木文部科学大臣宛に仮提出させていただきます。

一方、現在、政府交渉の再設定に時間を要している関係上、より多くの皆様の署
名を集め、再度、日本政府宛に本提出させていただきます。ということで、最終
的な締切を4月30日(土)23時に設定させていただきます。引き続き、「20ミリ
シーベルト」撤回に向けて、みなさまのご協力をお願いいたします。

<一次締め切り:4月25日(月)23時>
<最終締切:4月30日(土)23時>

★経過報告
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/25

★緊急要請本文&署名記入フォーム
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23

★【緊急声明と要請】子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人
道的な決定に抗議し、撤回を要求する
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23

------------------------------------

前回署名し損なった方も、ぜひよろしくお願いいたします。

緊急署名のお願い

今日はデモ日和?
お天気が良くてよかったですね。
って、他人事みたいでごめんなさい。
残念ながら、私は仕事で参加できなかったのです。
次回の大きなデモは6月11日全国行動日?とか。
次は参加できますように・・・。

芝公園のデモは4500人、静岡では1300人だったそうです。静岡は東海地震の震源の真上に立つ「勇気ある」原発=浜岡原発の地元になります。静岡の人は本当に薄氷を踏むような思いで生活していらっしゃることでしょう。関東も浜岡の風下ですから、運命共同体ですが・・・。

いつ地震が来てもおかしくないという中で、原発事故が起こらないよう祈るしかないというのが、なんとも歯がゆいです。救いは、全国で雨後のたけのこのようにデモやセミナーが立ち上がっていることです。どんどんふえてほしいなあ~。

脱原発系イベントカレンダー

★ ★ ★

さて、緊急のお知らせです。20ミリシーベルトは絶対にまずいです。署名の一次集約は明日の23時までですので、時間があまりありませんが、どうかよろしくお願いいたします。海外にお知り合いやお友達がいらっしゃる方は、ぜひ海外にも訴えて、あらゆる方法でこの信じがたい決定をとめましょう。

署名は、リンク先の上から5行目、「フォーム」からお入りください。

【緊急声明と署名要請】


<文部科学省の「子どもに対して20ミリシーベルト」の撤回を求める要請への緊急署名>

「4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリ シーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示している。

3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理 区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗議する。・・・(以下、詳細はサイトで)」
<一時集約>4月23日(月)23時まで。
[http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/23]

Dear all,

This is urgent request from Japanese civil societies for children in Fukushima. Japanese Government decided the level of 20mSv per year (mSv/y) as a Radiation Safety Standard for schools in Fukushima Prefecture.  It is also comparable to the maximum dose allowed for nuclear power plant workers in Germany.Urgent Petition Against 20mSv Radiation Exposure onto Children in Fukushima

[http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201104/24]
[Date will be date of submission: April or May 2011]

番組のお知らせ 

すっかりご無沙汰しています。

蒸し暑い季節になってきましたね。
今のところ、エアコンは使わずにがんばっていますが、でもやっぱり ア・ツ・イ!!

さて、番組のお知らせです。

6月29日(月) 19:00~19:55 予定
テレビ朝日 「ドキュメンタリ宣言」

元都立三鷹高校の校長土肥信雄さんは、職員会議での挙手を禁じた東京都教育委員会のやり方に疑問を感じ、質問状を送りましたが、都教委からは何の回答もありませんでした。

私は報道されて以来、心の中で密かに応援していました。土肥校長が言われていることはとても当たり前のことだと思ったし、表現もとても穏やかな先生でした。ところが、そんな当たり前のことが、東京都教育委員会にはまったく受け入れられないのです。なんか変だなあと思っていました。

そして今年3月、定年退職した土肥先生は、ほとんどすべての申請者が採用されるという講師としての採用を見送られるという異例の対応をされました。

教育現場の表現の自由を守るためにがんばり、教え子達に慕われる校長先生がこのような立場に置かれてしまう現状はどう考えたらよいのでしょう。

22日深夜に放送された「テレメンタリー 教委VS校長」を編集し、ゴールデンタイムに再放送されます。

使いみち

「言葉は使いよう」といいますが、どう好意的にとっても「ちょっと違うんじゃない?」と言いたくなるものがあります。

たびたび耳にする「骨太の方針」とやらがありますが、あの中身は、とっても非情なものなんですが、それをうまく言いくるめるためにつけられた名前なのでしょうね。

詳しくは知りませんし、全部読んだこともないのですが、結局のところ、教育や福祉を切り捨てる政府の方針が書かれているようです。だって、福祉についても「え、そんなバカな?!」と思うような対応には、「骨太の方針によって…」と必ず、出てきますもの。

そして、今日発表された文科省の予算案でも、

先生達が子どもと向き合う時間を作るため教員の負担を減らそうということで、3年間で2万1000人増やすつもりだったのが、「骨太の方針」に阻まれ、減らす方向へ方向転換だそうです。

現在、先生方の事務量が増えて子どもと向き合う時間がないというのはどの先生も言われます(先生の怠慢などではなく)。授業の準備すら満足にできないほどといいます。この忙しさを軽減するためには、教師の定員増は緊急措置として、必要なことと誰もが思うのではないでしょうか。

それが、事実上教員2万1000人は断念し、非常勤講師1万1500人で対応するのだそうです。

これって、企業が正社員を雇う代わりにパートやアルバイトですませるのと同じ発想ですね。こんなでいいのかなあ。

でも、実際の教育予算は12.8%の増加だそうです。教員の増加には予算をつけず、道徳教材の国庫補助制度や、中学校の武道科必修に向けた武道場整備費の予算は盛り込まれていると言います。

私たち、本当にそんなことを望んでいます?道徳の教科書や武道場より、今ある教育の質をまず高めてほしいと思っている親が大半ではないでしょうか。

5兆9472億、この教育予算を有意義に使ってほしい、そう思わずにいられなくて、ネットニュースに反応して、つい書いてしまいました。

080726_16570001

 君たちの将来にかかわるんだものね・・・

 ったく~!

気になります

雪の中、全国から集まった先生達が教育研究全国集会(教研集会)に集まりました。

集会は、一堂に会する数千人規模の全体会と、都内各地で行われる分科会があるのだそうです。

ところが、今年は全体会のほうが突然中止になりました。

直接私には何の関係もないのですが、このニュース、なんだかちょっと気になっています。

そもそもは、・・・

昨年5月に日教組はホテルを会場として予約し、予約金として半額を支払っていたそうです。11月になってホテル側は、右翼の街宣車などで混乱する恐れがあるから貸せないと言い出し、突然一方的に会場の予約を取り消し、別の顧客の予約を入れてしまったといいます。

新聞記事(数日で読めなくなってしまうと思いますが、一応)

日教組は提訴し、地方裁判所ではホテルの使用を認める仮処分の決定が出されていました。

にもかかわらず、ホテル側が会場の使用を拒んだため全体集会が中止されたというものです。1951年以来の集会で初めてのことだそうです。

ホテル側(グランドプリンスホテル新高輪)は次のように言っています。

「当社は『お客さまの安全・安心』を企業理念、規範、行動指針の第一に掲げており、今回の姿勢はそれに沿ったもの」

ですって。

お客さんあってのサービス業なのに、お客さんを大事にしていないです。日教組もお客さんのはすでしょうに・・・。しかも先約を入れているのに破棄されてしまっています。こんなことってできるの?っと思います。

私も仕事で会場を予約したりしますが、こんなことが通ってしまったら、まるで企業の信用ゼロになりますよね。通常考えられないことです。

とは言っても、私は別に日教組の肩を持つわけでも何でもないんですよ。ただ、なんともスッキリしないし、これはけっこう重要なできごとなんじゃないかなあと思っているのです。

もとはといえば街宣車などで混乱を起こす方が悪いのであって、それに対しては警察と連携して顧客(日教組も含めて)の安全を確保しつつ、会場を提供するのがホテルのやるべきことだったと思うのです。

すでに日教組も警察と警備についての連絡済みであったといいますし・・・。

騒げば中止に追い込めるというような風潮をつくりたくないなあと思います。

折しも、茨城県で(だったかな?)、DV(ドメスティックバイオレンス)の講演会に対して、講演に反対する団体からナンクセがつけられ、「混乱を恐れた」主催者が講演そのものを中止してしまいました。

(こちらの「ナンクセ」は、DVの被害者支援をすることは、家庭を崩壊させることだというメチャクチャな論理なんですよ。プンプン)

こうした世の中の動き、なんか変ですよね。

ドキュメンタリー上映会

先日文科省が発表した調査結果では、教頭先生から一般教員に降りる人が増えているのだそうです。2001年に比べて、05年は3倍以上に増えて、71人いるのだそうです。

それも東京都が断然トップ。管理が強化されていることの結果では?実際に、東京都の先生方からは、年々やりにくくなっていると聞いていますから。教頭先生も例外ではないのですね。

ところで、こんなお知らせが来ました。その東京都のまさに現場での声と現状です。

---------------------------------------------

▼11月30日(金)
「君が代不起立」上映会 根津公子さん講演会
19:00~
@首都大学東京(都立大学)91年館 参加費:無料
主催:根津公子さん講演会実行委員会
映画の情報ページ:ドキュメンタリー「君が代不起立

< 南大沢駅から大学の正門(南門)まで来られたら、門を入らず手前で左に曲がってください。かっこつけた2号館を過ぎて次の平屋建ての変てこりんな建物が「91年館」です。

当日、終了後はその場で(ささやかな?)懇親会もあるそうですので、みなさん奮ってご参集ください。 >

---------------------------------------------

だそうです。

 

一番ほしいものは

先日、中田英寿がインタビューで「一番の願い事は?」と訊かれて、「世界平和」と答えたとか…。

一方、子ども達が「今、一番ほしいものは?」と訊かれて、一番が「睡眠」、ついで「いい成績」と「時間」なのだそうです。(博報堂「子ども達の意識調査」=詳細をぜひ読んでみてください。)

もとの資料(発表リリース PDF

別に、子ども達と中田を比べるわけじゃないですけど、でも、やっぱり子ども達がなんだか気の毒に思えてしまいます。

3番目の「『時間』の使い方の中身は?」と訊かれて、「ボーッとする時間」と答えているのなど、…わかる気もするし、…けど、やっぱり悲しい。

そんな折も折、今朝の新聞に「子ども省」の提案が出ていて、私はあきれましたね。政府の教育再生会議が提案したものです。まったく、ズレてるとしか思えません。

今、子ども達に起こっていることは、おとなの生き方や暮らし方の結果起きている問題なんですから、正すべきは子どもじゃなくて<おとな>のはずです。

中でも政治家や経済界のトップの人たちの責任は重大です。もちろん、私も含めておとな一人ひとりが自分の暮らしや生き方を見直すことも、もちろんですけどね。

それに「子ども省」とか大枠で論じるよりも、現在ある組織を健全に動かして活用することが先決で、その中で具体的に緊急課題を改善していく方がよほど実効性があります。

たとえば、児童虐待防止のために虐待親の支援に力を入れるとか(ようやく厚労省が動き始めています)、児童相談所にもっと相談員を増やし、かつ専門性を高めるとか、こちらは早くから言われているのにいっこうに予算が組まれません。

一例に過ぎないですが、こうした具体的なやれることをどんどんやっていけばいいのであって、あらためて「子ども省」をつくるのは税金の無駄遣いとしか思えません。

違うかな?

だって、「子ども省」なんて言ってるうちに、目の前の子どもはどんどん大きくなっちゃいますよ。

秋風のようにさわやかに

玄関のドアを開けたらいきなり、キンモクセイの香り~~~♪
フーーーン、季節の香り、秋ですねえ。
さわやかな秋の一日でした。 

   、  葉、   

      葉   葉。    、  
 
写真の代わりで~す、とか遊んでる場合じゃなくて・・・。 

・・・・・・・・

子ども達が使う教科書は正しい方法で作ってほしいとつくづく思います。

先日、沖縄で県民大会がありました。歴史上の事実が教科書で正しく伝えられなくなる事への当然の抗議でした。

でもその後、この県民大会についても、反対意見が多かったからといって教科書の書き直しが行われることがあって良いのかとか、いろいろバッシングを受けているようです。

とんでもないことです!
もともとの検定のやり方が、教科書執筆者の方達を欺く詐欺みたいなやり方だったのですから、「間違ったものを正しくする」県民大会の趣旨はその一言に尽きます。

ということで、沖縄の皆さんの意思表示、応援していますよ!

では教科書検定ってどんな風にやられたのかというと、・・・・

-------------------(引用させていただきます)

 文部科学省が教科書執筆者たちを呼び出して、検定意見を通知した方法を見ると、検定意見が執筆者に説明され、それに対して執筆者で対応を協議し、どのように修正するかを決めて回答する。この手続きを日本史教科書であれば古代から現在まですべてを2時間で終えなければならない。つまり持ち帰って資料や研究に再度あたることが許されず、その場で対応を決定しなければならない。

-------------------

ということは、その場で検定意見に従って書き直すしか道はなかったということです。そして、その書き直しの根拠とされた資料がまちがっていたら、どうでしょう?

正しくは、「間違って」ではなく「文意を無視して、敢えて都合の良い部分だけを抜き出した」資料を示して、書き直しをさせたのです。

その根拠とされた著書の筆者林博史さんがこう書かれています。

少し長いのですが、引用させていただきます。

--------------------

複数の教科書執筆者の話によると、この席で文科省の調査官は、「最新の成果といっていい林博史先生の『沖縄戦と民衆』を見ても、軍の命令があったというような記述はない」などを私の著書『沖縄戦と民衆』を例に挙げて、日本軍の強制を削除させる根拠にしたという。

執筆者たちは結局、その場で検定意見を受け入れざるを得なかった。そこであくまで拒否すれば検定不合格となり、教科書作成のそれまでの努力がふいになるからである。ある執筆者は帰宅後、私のその著書を取り出してみたところ、「いずれも日本軍の強制と誘導が大きな役割を果たしており」「日本軍の存在が決定的な役割を果たしている」という結論であることを確認し、「無念」の思いにとらわれたと語っている。

---------------------

こんなやり方で教科書が作られてはいけないですね。
「教科書執筆者が訂正を申し出てきたら応じる」みたいな言い方で、政府は対応していますが、それだとこうしたインチキ検定の事実がそのまま前例として残ってしまい、今後も同様のことが起こる可能性も十分考えられます。

ここはまず検定そのものを撤回すること、それしかありません。

詳しくはこちらで→林博史さんのサイト
ちなみに林さんはあちこちで発言しているが、テレビでも正しく伝わっていないので、仕方なく沖縄タイムスに掲載したと言われています。

ぜひお読みになってみてくださいね。「っっったくぅー!!」って気持になりますよ。

教科書も秋風のように、さわやかにスッキリ作ってほしいものです。

   、  葉、     

            

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30