2014年

あけましておめでとうございます!

すっかりご無沙汰しています。
年も改まって、あれよあれよと言う間に2014年ですね。

「2001年宇宙の旅」という映画がありますが、映画が発表されたのが1968年だそうですから、当時から見たほぼ40年後はまったく想像の世界だったはずです。当時高校生だった私からは、2000年の世界がどうなっているかなど、遙か遠い世界の話でしたから。

その2001年もとっくに過ぎて、もはや過去のことになってしまいました。映画では宇宙船が木星を往復する話になっているのですが、当然のことながら現実世界は夢物語ではなく、宇宙開発は今や、商業や利権、宇宙兵器というキナ臭い話も含んだ複雑な様相を呈して進行しています。

でも、本来宇宙への夢が広がるとすれば、そこに夢や希望が託せればこその話でしょう。宇宙開発が新たな兵器の開発や一部の強者の利権の拡大にしか結びつかないとしたら、夢も希望も持つことができません。悲しいことです。

科学が発展すればするほど、人間が賢く使いこなすことができるかどうかを問われているけれど、人間は科学の進歩ほど急速に進歩してはいません。時間に追われて、今日のこの日を精一杯走っているのが実際のところで、立ち止まってゆっくり考えたりする暇さえないような現状ですから。

昔が良かったなんて簡単には言えませんが、ゆっくり歩く良さもやっぱりあったような気がします。ゆっくり歩かないと見えないものもあるはずですし・・・。

何が言いたいのかまとまらなくてすみません。
2014年を改めて考えてみて、ふっとこんなことが浮かんだ次第。

人生60年と言われた頃は、もっと時間がゆっくり流れていたのかもしれません。もちろん感覚的なものですけれど。
今では人生80年と言われますが、時間の流れが昔よりずっと速く感じられるのならば、感覚的な一生の長さは人生60年と変わらないのかもしれません。

きっと、その時々をどれだけ濃密に味わって過ごせたかによって、時間の長さに対する感覚も違ってくるということなのでしょうね。無心に遊び回っていた子どもの頃の一日は長かったし、小学校の6年間も長かったなあ。

ということで、子ども心を取り戻せる年にしたいです!そして無心に一生懸命取り組むことができたら素晴らしい。(←願望)

あいかわらず、このブログ、たまにしか更新できていないですし、たいしたことも書いていませんが、もしよかったらお時間のあるときに覗いてみてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お久しぶりです!

本当に長いことご無沙汰してしまってすみませんでした。
この間、ブログをご訪問くださった皆さん、ごめんなさい。

何と9月から更新していませんでした。今さっき見たら、途中10月の半ばに書きかけた日記がそのまま残っていました。せっかく書いたのですが、何だか賞味期限切れのようで今さらアップするのもどうかと思い、改めて書くことにしますね。

夏の終わりから一昨日までの間に、折々で撮った写真を並べてみました。

130921_130601 近所の公園で。

久しぶりにやってきた孫(手前の二人)と遊ぶ。

「鬼ごっこしようよ~」と誘われ、「よ~し。つかまえるぞ~!」と張り切ったはいいが、ハーハーゼーゼー息切れが…。

砂遊びに興味が移ってくれて助かったー。



1309c 翌日、明日から学校が始まるので、パパママと車で帰らなくてはなりません。

その前にもう一回公園に行きたいというので、パパ、ママ、妹、弟と一緒に朝のお散歩にやってきました。

「帰る前にバアバと写真撮ろう?」と声を掛けると、「まだ帰りたくないー。もっと公園で遊ぶー」と、顔を隠してスネオになっちゃったんです。妹の方はケロッとしてもう帰り支度、その下の弟はまだ赤ちゃんだし・・・。お兄ちゃんが一番パパママを手こずらせていました。

バアバとしてはこういうとこがまた可愛いなって思えちゃうんですよね。これ、自分が親の時は、絶対にこんな余裕を持って見ていなかったですよ。「ナンデ、キミハ ココデ ゴネルノカ?!」とため息とともに、ウンザリしていたに違いないです。

とまあ、そんなこんなで終わった夏でした。

やがて、、、、

131006_155601

キンモクセイの香りが漂う季節になり、(道路沿いの見事な大木。香りもゴージャス!)

131014_153102

ベランダのバジルにも花が咲き、来年まで新鮮なバジルとはお別れです(バジルは新しい葉を次々に摘み取って料理に使いますが、花が咲いたらその年はおしまい)

131103_182301 こちらはつい数日前、あるコミュニティ施設のレクレーションホールで。二面が鏡とバーレッスン用のバーが付いていて、なかなか素晴らしい設備でした。

ベリーダンスエクササイズの講師をしている友人に誘われて、エクササイズを体験してきました。ベリーダンスの動きを生かした体ほぐしなどいろいろ教わり、最後は、ベリーダンスのあのジャラジャラ鳴るベルトを着けさせてもらって、振りも少しだけ教えてもらいました。

おお~、エキゾチックな雰囲気~!

友人のサマになっているポーズが何ともステキ。私のはサマにならな いばかりか、体のあちこちがギコギコいいそうで何とも…。とはいえ、心身共にスッキリとして気持ちが良く、楽しいひとときを過ごせました。やっぱり体を動かすっていいですね。特に、上手な体の動かし方を指導してもらうのは、とても有意義だと思いました。特に現代人には必要なのかもしれません。

ということで、駆け足で2ヶ月分のご報告でした。こんなに間を空けずに書きたいですね(願望!)

IWJ、独立系メディアに注目

いきなりですが、、、、、

IWJ (インディペンデント・ウエブ・ジャーナル)をご存じですか?

IWJは、独立系メディアとして、既存メディアにない機動力と市民目線のスタンスで、日本全国津々浦々に出かけ、ホットな情報を届けてくれます。

一切スポンサーが付いていないので、市民の会費とカンパだけが頼りです。年中金欠病に陥っているみたいです。会員が5000人を切ると、機動力が落ちて記者を回せなくなるそうで、しょっちゅうツイッターに、代表の岩上さんから、「5000人を切ってしまいました。現在4×××人です。どうか会員登録を!カンパを!」と悲痛な訴えが時々、タイムラインに流れてきます。

というわけで、今日は皆さんにもご案内させていただきます。
また、ご覧になってよろしかったら、カンパや会員登録にもご協力お願いできればと思います。

私自身、今まではカンパしただけだったのですが、先ほど会員登録をしました。登録した月は無料試聴期間になるそうです。

しがらみと利権に縛られた既存メディアが流す情報を、ただ受け取るだけではなく、必要な情報を自分で入手していく時代になったのかもしれません。
そして、その大事な情報を得る手段もまた、市民自らが支えていくことが求められているのかなと思っています。

<本日のイベント>
今日(9月14日・土)17:05~18:45は香港フェニックスネットとの共同配信による、日中討論会が中継されます。

事前のアンケートで皆さんからの意見も募っているようです。中国からは多くの回答が寄せられているそうですが、日本は1000ちょっとくらいです。こちらも覗いてみてください。

桜の季節

こんにちは。

今年の桜の開花は早いですね。

4月の入学シーズンまで、もうちょっとゆっくり咲いてね、と声を掛けたくなる気も・・・。

砧公園の桜を集めたサイトをご紹介。こんもりと覆い被さるような枝振りに醍醐味が。

こちら

お久しぶりです!

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

実は、この間パソコンのことでバタバタしていました。

というのも・・・、
ある日突然、ディスプレイの調子がおかしくなり、あれよあれよという間に、数分後にはまったく映らなくなってしまいました。原因箇所を特定して、その後いろいろと検討した結果、結局買い換えることになったのですが、IT音痴の私はこうなるとまったくお手上げ状態なので、詳しい身内に相談しつつ、やっとのことで使えるようになったというわけです。

やっぱり餅は餅屋ですね。詳しい人に訊くと1分で解決することが、素人がやると30分かかってもらちがあかないという状態。そんなときの「詳しい人」は<地獄に仏>、<困ったときの神頼み>で、仏様か神様かっていうくらい有り難い存在だということがよ~~くわかりました。
本人達は苦もなくやっていることで、特別感謝されるほどのことでもないと思っているようですが・・・。

翻って考えると、私の苦もなくやっている毎日の料理(たまに、苦もあり!)も、普段包丁を持たない人にとっては、すごくハードルが高いことなのかもしれませんね。だったら、仏様や神様ほどでなくていいから、たまには感謝の片鱗でも見えるとうれしいんだけど・・・、と思ったりもしました。「食いしん坊だから自分で楽しんでるんじゃない?」
と言われれば、確かにそうなんですけど・・・。

まあ、そんなわけで、またポツポツ書けたらと思います。






ホームに郵便ポスト

120823_2  ホームにポスト。 初めて見ました。

 便利ですね~。

 駅に駆け込む前にポストに投函しなくても、 とりあえず駆け込んでからポストに投函すればいいですもんね。
 (↑それより、あと1分早く家を出ればー ^ ^;)

 京都駅の東海道線ホームでした。

☆ ☆ ☆

鎌仲ひとみ監督の「内部被曝を生き抜く」を見ました。近いうちに感想など書いてみたいと思います。

「迷惑」について

過去記事に頂いたコメントに返事を書いていたら、長くなってしまったので、記事として上げさせていただきました。「デモの大音量が迷惑」とのコメントから始まった、「迷惑」についてのミニミニ考察といった感じになってしまいました。

「迷惑」で思い出すのは、以前に頂いた名刺のことです。新潟選出の国会議員、元参議院議員の黒岩秩子さんの名刺には「迷惑をかけあおう」と刷られていました。人のお世話になることに遠慮しないで・お世話することをためらわないで、という意味だと思いますが、長年福祉の現場でご苦労されてきた黒岩さんらしい温かく力強いメッセージを感じました。「迷惑」は「どちらから見るか」「何に注目するか」で、多面的な課題を引き出してくれる不思議な力があるのかもしれません。

----(ここからコメントへのお返事)----

音を聞きつけて家から飛び出し、反原発デモとわかったため、デモに加わった人もいました。迷惑と思うか有意義と思うかは人さまざまです。迷惑と思う 人には申し訳ないけれど、ひとたび事故が起これば、お年寄りや乳幼児などケアを必要とする人ほど被害は大きいのですから、「高齢者のケアセンター」のため にも原発は止めたいと思います。

また、迷惑云々は、デモをどのように受けとめるかという人権意識や社会の成熟とも関係があり、一概に「迷惑」と決めつけるには難しい問題でもあるように思います。

「原発の仕事を奪うな」ではなく、日常的に被曝労働者を生む原発でなく、もっと健康的な職場を提供すべきだし、地元が交付金で疲弊していくような地域振興のありかたをこそ変えていくべきでしょう。

チェルノブイリ以後、普通のデモに時々参加してきましたが、その結果、福島原発が起こってしまいました。マスコミもデモの報道はしないし、警察の沿 道警備はますます巧妙にデモを小規模化させてきますしね。工夫が必要なのです。サウンドデモは若者が主催したエネルギッシュな意見表明の機会として着目 し、参加したわけです。多様な表現方法があったほうがよいでしょう。

私は自分が必要と思うからデモに参加するだけで、お勧めはするけれど最終的な判断は個人一人ひとりが決めることです。

迷惑と思われたなら、その意見を主催者に届けるのが筋では?私は主催者でも関係者でもなく、一参加者に過ぎません。

それから、原発が止まっても電気のない暮らしに逆戻りなどしません。試算によると全原発を止めても1990年代の生活を維持できるそうです。もとも とここまで原発が伸びたのは、莫大な推進費用(研究・広報・地元への交付金等)を投じた結果であって、原発の技術が素晴らしかったから伸びたわけではあり ません。「原発は安全」「原発がないと電気が使えなくなる」の刷り込みから目覚めてください。

世界の再生可能エネルギーによる発電量は、昨年原発による発電量を抜きました。世界的な潮流では原発はすでに過去のものです。今止めても、今後はこの負の遺産を、半永久的に安全に冷やし続けるという気の遠くなるような作業が待っています。

せっかくですから、これを機に、ぜひ原発とエネルギー問題について正しい知識を持っていただければと思います。
「迷惑」についていろいろと考える機会をくださってありがとう。

つい、ノリノリ♪

宮城県の避難所に米軍のブラスバンドが慰問に来てくれたそうです。

こちら

先月見た映画、「ワンショット・ワンキル」で描かれていた若い米兵を思い出してしまいました。映画では、まだ20歳そこそこの、あどけなさを残したアメリカの若者が、訓練によって兵士に仕立て上げられ、沖縄に配属されていくドキュメンタリーでした。

写真のブラスバンドは神奈川県のキャンプ座間から来ているようなので、海兵隊ではないですが、やはり同じような訓練を受けて「兵士」になったのでしょうか(調べてみたら、座間は兵站のための司令部のみで実働部隊ではないそうです)。

迷彩服は着ていても、ここでは一生懸命演奏する素顔の若者ですね。
本当にどうもありがとう!思わず手を合わせてしまいます。
彼らには、武器の代わりにこんなふうに楽器を持たせてあげたいなあ。

ちなみに、ノリノリのおチビさんは孫です。こんな所で、踊っていたのか、きみは・・・。

今度は迷彩服を脱いだ若者達と交流できたらいいな


駅舎の春

Sakura11 
(右は自転車置き場。左はホームの屋根です。駅はまだ改築途上)

昨年の駅の改築工事で、バッサリ枝を落とされた桜。今年は花が咲くかしら?と心配しだったのですが、それでも咲いてくれました!!

でもまあ、なんといったらよいのか、・・・切れないハサミで自分で散髪した頭みたい、っとでも言うのかなあ。見るも無惨な「枝ぶり」です。大きく広がっていた枝も、全体的に4分の1くらいに小さくなってしまいました。

たっぷりの枝を広げて、満開になると桜吹雪が何とも言えず古い駅舎に似合って、ローカルな雰囲気を漂わせていたんですよ。たった1本の桜でしたけれど、けっこう気に入っていたのです。

駅はといえばピッカピカの、そしてどこにでもある駅になりました(隣の駅ともそっくりなんです)。エスカレーターやエレベーターの設置はバリアフリー化に欠かせないので、改築はしかたないですが、ほんの少しでいいので、どこかに遊び心というか温もりというか、あったらいいのになあと・・・。

鉄道にはどこかロマンを求めてしまいます。
駅にもそれを求めるのはよくばりなことなのかなあ・・・?

いつのときも

暗いニュースが多くて、うつむきがちな今、被災して救出されたおじいさんに、逆に励まされました。

素敵なおじいさんの笑顔!

「また再建しましょう」

こんな状況下で、晴れやかに、澄んだ眼差しでこう語ることのできる人って、本当に素敵だ。

なんか元気が出てきます。いつのときも、希望を胸に生きることはできるんだ、ってね。



より以前の記事一覧

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30