メタボ健診

だいぶ前に、「特定健康診査(いわゆる「メタボ健診」)のお知らせ」という封筒が届きました。春?夏だったかな?

ちょうどその頃、ニュースでメタボ健診の日本の基準は、国際的に見て科学的根拠があいまいだという報道に出会いました。

なので、受ける気にもならず、そのままにしていました。たまたまその少し前に健康診断を受けたばかりだったというのもあります。

そうしたら、先週またメダボ健診のお知らせが来ました。
今度はお知らせと一緒にアンケートが同封されていました。

「前回のお知らせを受けとっても受診しなかったのはなぜか」を尋ねるアンケートです。

ずいぶん熱心なんだなと思ったら、健診率の悪い自治体にはペナルティが課されるんだそうです(つまり後期高齢者の自治体負担分が増額されるのだとか)。

そして、「健診を受けた結果のコピーをアンケートと一緒に送ると粗品を差し上げます」とまで、なっています。

でもなんでコピーを同封するのかしら?

メタボ健診は専用の受診票を医療機関に持参して健診を受けた場合、無料になる仕組みです。ですから、医療機関に提出された受診票を自治体で集計すれば受診率はわかるはずですよね。

医療機関から自治体に受診した人の個人データが行って、今後の保健指導に使うのだそうです。その上、データは匿名化した上で、国に結果報告されるといいます。

私の健康は国や自治体に管理されるということになります。なんか正直いい気持ちしませんねえ。

本当はこうであってほしい。・・・・

<一人ひとり自分の健康は自分で守るつもりで気をつけてくださいね。でも、人間いつどんなことで怪我をしたり病気になったりするかわかしませんし、歳を取れば身体も故障します。そんなときには、国(自治体)がめんどう見ますよ。安心してかかれる医療を整備しておきますから>

というのが、公の役目だと思います。

やるべきことは個人のデータ管理やそれに基づく健診や検査を勧めることではないように思うのですが・・・。

これには結構予算もかかっていると思います。
のお金を別のことに回してほしいです。

私としては

〇救急車に乗らなければならなくなったときに、たらい回しにならずに医療が受けられること とか、
〇妊婦さんが安心してお産ができること とか、
〇閉鎖されているあちこちの病院が再開されて、意欲のあるお医者さんや看護師さんの生活保障がされること 

など・・・、そういったことにお金を使ってほしいんですよね。

もしかして、健診、健診と意識が高まることで、利得のある人達もいるのかも。

昔、ある女医さんが講演会で警鐘を鳴らしていました。

「医学界にも時期によって流行のトピックがあるので、惑わされずに、本当に自分にとって必要な医療とは何かを考えながら医療を受けてほしい」といった主旨でした。「これからは骨粗鬆症の予防が言われるはずです」と。

その後、本当に骨粗鬆症の予防が盛んに言われるようになっていったんです。

そして、今はメタボです。

アンケートには自分の意見を書いて送るつもりです。健診は、さて、どうするか?

。。。。。。。

関連記事といえるかどうかわかりませんが、たまたま今日見つけたんで載せておきます。
がんは生活習慣病、早期治療、早期医療で・・・

検査しすぎはよくない、日本の医療とその被曝
放射線被曝量に閾値(しきいち・いきち=ここまでなら安全という値)を設けて安全性を強調しているのには、核の問題や原子力利用が絡んでいると思います。高木仁三郎さんが「閾値なんていうのはまったくまやかしです」と言われたのが忘れられません。

虹色の光の先に

先日、タロットカードをひく機会がありました。

瞑想グループに参加したときに、最初にちょっとしたお遊びでひかせてもらうのですが、これが意外に今の自分に示唆的な一言だったりするので、「いざ一枚」という時にけっこうドキドキします。

「自分のための一枚を」と、心に念じながらひいてくださいと言われて、さて、この日私がひいたのは・・・

071208_10340001    ゜゜゜

  ゜゜゜

  「ADVENTURE」

  ゜゜゜

なんとな~くそれとな~く、思い当たる節のあるようなないような…。という十分ドキドキのカードでした。

12月にこのカードをひいたということは、来年はどんな年になるのかなあ。期待半分・不安30パーセント・好奇心20パーセント(?)のこの頃です。

で、この女の子の後ろ姿、ちょっとかわいくて好きです。光の向こうに何があるのか(ないのか)、見に行ってみたい気持、確かにあるなあ。

機械だったの?

人間は数に置き換えられない。だから、多いとか少ないとか人数に置き換えて考えるときは、ものすごく慎重にしなくてはいけないんだなぁと思ったことがありました。

以前、大田昌秀さんの講演を聞いたときのことです。大田さんは沖縄戦で九死に一生を得て、その後沖縄県知事になりました。

大田さんの話には何度も沖縄戦の戦死者数が出てきました。大田さんはそのたびに「18万8136人(だったか、とにかく1の位まで)」と言っていました。「18万8136人」「18万8136人」・・・。講演の中で一度も「約18万」とか「19万弱」とか言いませんでした。

もちろん要約して表現しなければならないときもあるでしょうが、沖縄県知事である大田さんとしての、一人ひとりの生命への尊重であり、自戒でもあったのだと思います。

同じような生命への配慮では、養老孟司さんがこんな意味のことを言っています。「<本日の交通事故の死者数>とかいう掲示があるけれど、あれはおかしい。人の死は数に置き換えられないからだ。多いか少ないかで語れない。それを数にしてしまったから、人の死(生)が見えなくなってしまっている。」

統計などでどうしても人間を数に置き換える必要があるときには、細心の注意を払い、普段以上に人権を意識しなくてはいけないのだと思います。

柳沢厚生労働大臣が「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と、女性を機械にたとえて、少子化対策を解説したそうです。「機械って言ってごめんなさいね」と言いながら話したというのですから、開いた口がふさがりません。

即刻大臣をやめていただきたいです。とにかく私は、非常~~~に、気持ち悪いのです。

参考)・ナチスドイツの「レーベンスボルン計画
    ・「産む機械」という芸術作品(H.R.ギーガー(美術館)…映画「エイリアン」のデザインで有名)

こんな日も

060404_11350001_1 (先週、大学のキャンパスの桜。)

今年は桜が長く楽しめる。満開から一週間たっても、下の方は葉桜になりながら、上の方はまだ花が咲き続けている。

ところで、桜が一ヶ月くらい咲き続けたらどうだろう。
ウーン、それはそれでちょっと興ざめかも…。人間って勝手ねぇ。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

昨日とはうってかわって、肌寒い一日。
とうとう雨も降り出した。

ホームページの画像を修正しようと思うのになかなかうまくいかない。
休憩してはお茶ばかり飲んでいる。

なんだかけだるい一日。
昨日の瞑想会で緊張がゆるんだからかなぁ。

ということは、知らないうちにここのところ、結構緊張をためこんでいたのかもしれない。
確かにいつも目は外を向いていたかも。

それにしても、40分間踊り続けたのはかなり気持ちよかった。(踊ると言っても、見せるダンスではないのよ。自分の思うままに体を動かせばいいの。)私は手足の先や頭から、いっぱい詰まっているいろんなものを振り落とす感じで踊っていたら、すっごく気持ちよかった。特に、頭の中に詰まっているいろんなものを解放していくようで。
そして、踊ったあとは静かに座って瞑想。…とてもさわやかというか何というか言葉にしにくい心地よさ。

頭でっかちになりがちな自分。そんな自分にいつも気づかされる時間だ。丸ごとの自分を感じるような毎日が理想なんだけど、トホホな毎日、でも精進、精進。

喫煙は病気?

051018_1509002雨上がり。小さな水滴が葉に。

今日の東京新聞夕刊の一面に「喫煙は『病気』です」の大きな見出し。

ナニナニ?喫煙が病気の原因であることはわかるけれど、「喫煙=病気」とはどういうこと?と、記事を読んでみると…

なるほど、日本は先進国の中でも成人男性で47%と喫煙率が高いのだそうだ。そこで現状を改善するには、喫煙そのものを病気と位置づけて、すべての医師が患者の喫煙を把握して治療を進めようと言うことらしい。「喫煙病」という見方に立って治療しようということだ。

とここで、この間観たビデオを思い出した。

映画「コンスタンティン」、コミックを原案に、CGを駆使した現代版エクソシストといった感じの映画。まだ観ていない方のためにストーリーは内緒。(と言いつつ、以下、多少のネタバレあり。)ここは、映画の内容よりも「タバコ」で思い出したことをちょっと…。

この主人公ジョンは15才からのヘビースモーカーで肺ガンを患い、余命1年。そのジョンが、何かというとタバコを吸う。たばこを吸うシーンの連続で、見ているこちらが「ちょっと吸いすぎじゃぁ」と声を掛けたくなるくらい。作戦を練るときに吸い、人と話すときに吸い、車を待つときにも、とにかく何かというと吸っている。そしてまた、ポイポイと吸い殻を捨てる。道ばたに捨て、ビルの窓からも捨て…。(もっとも、昔の映画はみんなそうだったけど。)

最後のビルの屋上のシーンで、ジョンが夜空に向かって、聖書の一節を口ずさみ、口に何やら放り込む。初めてたばこ以外のものを口にしたなと、見ながら思っていた。あとで気づいた。そうだ、あれは禁煙ガムなのだ!

キリスト教や西洋の文化に詳しくない私だけど、それなりに面白かった。お目当てはキアヌ・リーブスだったから、ストーリーの展開そのものはあまり気にならなかったというのもあるかも、ね。最後の禁煙ガムにはちょっとコけたけど、むしろホッとした。この映画、もしかしたら「禁煙しましょう」という監督のアツ~いメッセージが込められていたのかも!?

タロットカード

昨日はカウンセリングルームで瞑想会があった。

もう早いもので3年目に入る。
参加者や講師の皆さんからの期待もだが、私自身にとっても豊かな時間の
過ごせる貴重な機会だ。
これからも息の長い活動としてじっくり続けていかれたらと思う。

さて、いつも会の始まりにはウォーミングアップ(?)として、タロットカードを
ひく時間がある。毎回、私の楽しみの一つだ。

タロットカードとは(私もよくは知らないのだが)、絵柄とそれを表す語が一
語書かれたトランプみたいなものと思っていただければよいでしょう。
その何十枚のカードは全部絵柄が異なっていて、裏返しにした何十枚の中
から左手で一枚だけ、その日のテーマを意識しながら、各自が順番に一枚
ずつひいていく。

今回は自分がどんなカードをひくか、そのカードに自分は何を感じるか、講
師はどんなコメントをくれるか、ちょっとした期待と緊張の時だ。
また他の人がどんなカードをひいて、どんなコメントをするかというのにも興
味がある。

たとえば今回は、こんなカードをひいた人がいる。

Flowering(開花)、 Adventure(冒険)、 Breakthrough(打破)、…

どのカードもその人なりの状況とピッタリ合っていたのには驚いた。
私のひいたカードは…。
「Rebirth(復活)」

新生セレニティの活動開始の最初の催しが、この瞑想会だから、まさに
ピッタリと言っていいのかな?
「偶然」からのお祝いのようでとても嬉しいカードだった!


2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30