映画「故郷よ」「フタバから遠く離れて」

長らくのご無沙汰、失礼しました!

時はいつの間にか春!ですね。

もうすぐ東日本大震災から2年になろうとしています。たまたま近くでやっていたので見る機会があった映画は二本とも原発事故に関連していました。

一つは「故郷よ」(フランス・ウクライナ・ポーランド・ドイツ合作)。
もう一つは「フタバから遠く離れて」

どちらも強い口調でメッセージが語られている作品ではありません。でも、どちらの映画にも共通するのは「故郷」がテーマになっていることです。

「土地(=文字通りの大地)」、「人のつながり」、「その土地の文化」が人が生きる上でいかに大切で、欠かせないものであるかが強く印象づけられていました。特に農業や漁業・酪農等を生業にしていた人々にとっては、都市部に生きる人間の何倍も故郷への思いが強いだろうことは想像に難くありません。

<「故郷よ」>

前半:原発の爆発も、それによる放射能の拡散も知らされずに、いつも通りの日常を送る人々の視点から見たとき、原発事故とはどうであったのかが再現され、映画とわかっていても、思わず「逃げて」「雨に濡れてはダメ」と声に出したくなるくらい苦しくなりました。多量の放射能を浴びた消防士は看護師から「人間原子炉」と言われ、ガイガーカウンターの鳴りやまない市場では肉の売買がされています。「危険だから買うな」と忠告した男は、「頭がおかしいのか」とさげすまれます。

やがて避難のバスが軍隊とともにやってくる。いつも通りに食卓に向かっている老人はナイフとフォークを手にしたまま、椅子ごと兵士にバスへと運ばれます。この場面など、おかしくて思わず吹き出しそうになりながらも、社会主義の国だからこそ、むしろ強制的に短期間で避難させることができたのかもしれないなあと思いました。非常事態での即時避難とは、それくらい強権発動しなくては達成されないものかもしれません。国の意思(国民の統一見解)がないと、非常事態の危機対応をスムーズにこなすのは難しいだろうなと・・・。

後半:故郷への思いが募って、放射能のリスクを知りながら故郷に戻るヒロイン。原発から3キロの街プリピヤチには観光バスが出て、世界中からツアーがやってきます。福島にも観光地化の計画があると聞きますが、どうなるのでしょうか?単に観光地にしてしまうなど、チェルノブイリの後をフクシマが追うことになりませんように。放射線管理や被爆の回避対策など、チェルノブイリから学んだことを生かさないのではあまりにも愚かすぎます。

。。。。。。。

映画全体としてはちょっと印象が薄い気も。見ているときは結構惹き込まれていたように思うのですが、映画館を出たら、見終わってあまり印象に残っていないような・・・。でも、チェルノブイリの空気感というか、当時を疑似体験するには見て損はない気がします。元ボンドガール演じるヒロインのツアーガイドがちょっとかっこよすぎる気もしますが、熱演です。

<「フタバから遠く離れて」

仮設住宅からアパートに引っ越して、大型テレビやビデオデッキや冷蔵庫がそろい、思い出のビデオを見る家族。過酷な体験を経て後も、以前と同じような暮らしが続いていく。身内を失い、家も田畑も財産を失っても、私たちの暮らしはそう変わらないものなのだなあ。むしろ、とてつもない体験をしたからこそ、以前のような暮らしに戻ろうとするのかもしれない。そんなことを思いながら見ていました。

過酷な体験をしたからと言って、以後の生活が以前と全く違った価値観で営まれるかというとそんなことはなくて、私たちの暮らしはそうそう変わらないし、変えられない。それは私自身にもそのまま言えることでもあり、いろいろと考えされられます。

311を経験した後は、世界は変わるだろうと言われたけれど、今また私たちは以前の暮らしに戻ろうとしているのではないだろうかとも思ったり・・・。

。。。。。

元双葉町長の井戸川さんの考え方が時間の経過と共に変化していき、「原発の誘致は完全に失敗だった」と認めるに至る経緯がそのまま映し出されています。原発反対派の私としてはもっと早くに気づいてほしかったというのは確かにありますが、それでも、井戸川さんが一人の人間として誠実に、現実に向き合っている姿勢、そして極力住民を被爆させたくないと意思を貫くことで他の自治体や国から孤立していく事情には、理解と共感と連帯の気持ちを表明したいと思います。

ご自身も爆発の灰をかぶり、体調が悪化していると聞きます。町長選も辞退されましたが、今後もお元気でがんばってほしいと切に思います。

終了後の監督のお話から・・・

タイトルの「遠く離れて」には二つの意味を込めたと言われた。「離れて」は、被災者達の福島からの距離でもあれば、同時に、東京など福島の原発の恩恵に浴していた私たちの物理的(=心理的)距離でもあるとの意味です。
監督が関西で上映したときには、関東とはさらに空気が違うとも言われました。もう震災のことは遠いことになりつつあると。それは、かつて阪神淡路大震災のときの関東の反応でもあったと。

忘れてはいけないことではあるけれど、同時に向き合うことの苦しさをどのように過ごしていくかも大事なことだと思います。簡単に答えは見つかりそうにありませんが・・・。
こちらはお近くで上映されましたら、ぜひ見ていただきたい映画です。







「放射能汚染地図」のその後

5月に放送されて評判の高かったETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」の続報が6月5日に放送されました(見逃しました)。動画をまとめてくれた方がいます。こちら

それにしても、菅さんがよほど目障りだったんですね。脱原発に方向性が定まるまで、もう少し菅さんにはがんばってほしかったです。もちろん、沖縄の基地問題ではオスプレイ(よく墜ちる大型ヘリ)を配備するというし、認められない部分もいっぱいありますけれど、脱原発そして再生可能エネルギーへの変換だけでも目鼻をつけてほしかった・・・。

自民との連立政権になったら、また原発推進に逆戻りでは?と心配です。

映画「ダーク・サークル」

20数年前に原発の勉強会で見た映画です。その時の感想は、「恐い!」の一言でした。特に、インタビューを受ける推進派科学者の興奮する様子には慄然としました。「ゆでガエル」のたとえ話もこの映画で知りました。

「ダークサークル」 1982年(米)エミー賞受賞作品。女性作家ジュディ・アーヴィングが世界規模で広がるプルトニウムの脅威を、工場周辺の住民への丹念な取材によって描いています。

今、改めて見てみると、自分自身かつてのように衝撃を受けないことが、別の意味で恐いです。原爆、核兵器、プルトニウム、原子力発電、これらに密接な繋がりがあるという事実は、今や目新しいことでもなく、多くの人にとってそれほど衝撃的な出来事とは映らないでしょう。

そのくらい実態がわかってきた現在でも、まだまだ世界の流れは足並み揃えて脱原発という方向へは向かっていません。相変わらず、今までの路線をそのまま進みたい、既得権益を手放したくない人達が力を持ち続けています。

映画と違い、動画は9編に分かれているので、見終わった印象は薄くなりますが、それでもやはりインパクトは大きいです。かつての衝撃はないと上に書きましたが、パソコン画面で見たせいもあると思います。第5編は動物虐待そのもので、見るのが辛い方もいらっしゃると思います。私も映画館で見たときは「見なければ」と思わないと見られなかったです。

豚を実験に使うが効果が今ひとつと分かると、今度は何百人という兵士を使った被曝の人体実験を計画する。こういう非人間的なことを臆面もなくやれるところなど、核開発(その基礎になる原子力発電)が、いかに人間性をないがしろにした発想に基づいているかを証明してはいないでしょうか。

見終わってからもダークな気分ですが、最後のナレーションにはむしろ希望を感じます。

「ダークサークルから抜け出すには、専門家に任せていてはダメかもしれません」

普通の人の、普通の感覚が、この暗いサークルから抜け出す切り札なのかもしれません。

ということで、気分を変えて、。。。。。

「いつも何度でも」ナターシャ・グジー

グジーさんのコメント付きはこちら

ナターシャ・グジーさんの歌はいつ聴いても癒されます。

ドイツのTV番組「原発と白血病の因果関係」

このところ多忙で、夜になると目がショボショボです。文章を書く余力がないので、ドイツの動画のご紹介だけで失礼します。

1990年代、ドイツのある小さな町では、5年の間に6人の子どもが白血病になった。統計では60年に一人の割合というのに・・・。

原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組)1/3

「ネットワークでつくる…」再放送のお知らせ

NHK総合 ETV特集 「ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月」

大好評につき再放送決定!ただし、深夜です(泣)
●5月20日(金)午前1時30分から2時59分まで

●一方、youtubeではこちらで見られます。すぐに削除されてしまうかもしれませんが・・・。

タバコ農家の若い男性。「普通に農業をやって、子どもを幼稚園へ入れて・・・・小学校へ上がって・・・」と言いながら、顔を覆って絶句してしまう。どんなに悔しいことか。この土地で子どもを育て、子どもの成長とともに家族のさまざまな場面を思って夢を描いていたでしょうに、それらが全部消えてしまったのです。涙無しに見られませんでした。

放射線医学総合研究所を辞職して測定し続ける木村真三さんも信念の人ですね。その原点は三歳半になるお子さんの存在と言われます。

放射能の問題は、人間の本質や生き方を否応なしに考えさせます。

お知らせ:ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」

ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月」
放送日時:2011年5月15日(日)22:00~23:30(90分) NHK教育テレビ

(あらずじ)
原発事故直後、元放射線医学総合研究所の研究員、木村真三さん(43歳)は勤務先の研究所に辞表を出し、福島の放射能汚染の実態調査に入った。
強烈な放射線が飛び交う原発から半径10キロ圏にも突入、土壌や植物、水などのサンプルを採取、京都大学、広島大学などの友人の研究者たちに送って測定、分析を行った。

また、かつてビキニ事件やチェルノブイリ事故後の調査を手がけた放射線測定の草分け岡野真治さん(84歳)が開発した測定記録装置を車に積んで、汚染地帯を3000キロにわたり走破、放射能汚染地図をつくりあげた。その課程で見つけた浪江町赤宇木の高濃度汚染地帯では何の情報もないまま取り残された人々に出会う。

また飯舘村では大地の汚染を前に農業も、居住もあきらめざるを得なくなった人々の慟哭を聞き、福島市では汚染された学校の校庭の土をめぐる紛糾に出会う。

国の情報統制の締め付けを脱して、自らの意志で調査に乗り出した科学者たちの動きを追いながら、いま汚染大地で何が起こっているのか、を見つめる。

独自データを用いた調査報道だそうです。

100,000万年後の安全

桜も散って、葉桜から新緑の季節になってきました。

今年のお花見は先週の芝公園でのデモと、大学のキャンパスで目にしただけでした。来年は、もっとゆったりお花見をしたいものです。

ところで、「100,000年後の安全」という映画が、今、じわじわと観客を増やしているそうです。この映画、実は今年の秋から上映予定で、日本語字幕をつけたりして準備をしていたそうです。そこへ今回の福島原発事故で、渋谷のアップリンク一館のみで緊急上映に踏み切ったところ、お客さんがどんどん増えて、現在、北海道からま九州まで全国20館で上映するところまできました。

一昨日、初めてアップリンクのサイトを見たときは、東京と横浜の3館だけだったのですよ!今確認したところ、20館まで増えていたのにはビックリしました。

この映画については、以前記事を書いています。2011年2月12日 このときは、この映画を紹介したNHKBS1の番組をご紹介しました。「フクシマ」のちょうど一ヶ月前だったんですね。それから一ヵ月後にこんなことになるなんて・・・。

原子力発電所を動かすと多量の高濃度に汚染された放射性廃棄物が出ます。その保管は半永久的です。フィンランドでは世界で初めて、地下深くにそのための最終処分場が作られようとしています。映画はその様子を追ったものです。

果たして人類は100000年後まで生き延びているのでしょうか?

<どうやって、次の世代に「近寄るな、触れるな!」ということを伝え続けていくのか?><原発に賛成でも反対でも、すべての人の責任で考えなくてはならないこと>と映画は問いかけているそうです。見た人の感想では若い観客が多かったそうです。100000年後・・・ふう、神のみぞ知るの世界ですね。

せめて来年のお花見くらいの近い将来しか想像つかない私としては、気の遠くなるような将来のことまで考えなくてはならないエネルギーなんていらないです。といっても、すでにみんなの責任なんですよね、「ゴミ」をつくりだしちゃった以上。はあ。。。

さっきから、なんとか明るくしめたいと思いながら、どう書いても暗くなっちゃう。しょうがない、今日はこんなところで幕切れです。

映画「リストランテの夜」(Big Night)

すっかりご無沙汰してしまいました。

まずは、ともかくも………

 明けましておめでとうございます。

ご無沙汰しておりましたが、まあまあ元気にやっております。ご心配おかけしていたとしたら、ゴメンナサイ。

ブログを二つ書くようになってから、だんだんこちらに割く時間が少なくなっていました。ここには個人的なことを気ままに書きたいなあと思っていたのですが、その時間もなかなかとれないままに過ぎていました。

というより、モチベーションかな?

環境のことや平和の問題など、いろいろ書いてきましたが、なんか最近ちょっとエネルギーが低下気味です。プライベートで昨年あたりから、バタバタといろいろあったことも一因ですが、それだけでもないような………。

ここらへんで、またちょっとずつエネルギーを充電して、気持ちも上向きに、楽しいことももっと見つけていきたいなあという心境です。気持ちの切り替えを、試行錯誤の最中です。

ということで、今年はもう少しまめに更新したいと思っているのですが、どうなりますことか…、心許ない限りですが。とまあ、こんな感じですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ここで、突然ですが、映画のご紹介。(と言ってもネットで見たのですが)

この三が日。見たい映画は(近くではやって)なくて、近所のレンタル屋さんもだいぶ前に閉店しちゃったし、オンラインのレンタルも借りたい映画が思うように借りられないし…、ということでインターネットで無料動画を捜していたら、なかなかの佳品に巡りあえました。ちょっとほろ苦で、心温まる作品です。

「Big night」 DVDの作品名は「リストランテの夜」

イタリアからアメリカにやってきた兄弟がレストランを開きます。とびきりおいしい料理を作る頑固でシャイな職人肌の兄と、店の切り盛りに精を出す弟。雰囲気を伝えているタイトルは「リストランテの夜」。内容を伝えているのは「BIg Night」といったところでしょうか。兄弟にとって大一番の夜がやってきます。

全米批評家協会賞、サンダンス映画祭などで絶賛されたそうです。個人的には、最後の長回しのシーンがとても印象に残りました。ニコニコ動画で見ることができますが、登録(無料)が必要かもしれません。登録は簡単にできます。

映画「チョコラ」

題名から何となくチョコレートを連想してしまったのですが、ぜんぜん違いました。

ケニアのストリート・チルドレンを追ったドキュメンタリーです。

「チョコラ」とはスワヒリ語で「拾う」の意味で、ストリート・チルドレンを侮蔑的なニュアンスを含んで呼ぶ名称とのこと。

東京では5月9日よりユーロスペースで公開されています。私が仕事でお世話になっている方の昔からの友人に松下照美さんという方がいらっしゃるそうです。その方は地元ケニアでストリート・チルドレンの支援を長年続けていて、今回の映画を一人でも多くの人に知ってほしいとのことで、私の知人からお知らせが届きました。松下さんの活動はこちら「モヨ・チルドレン・センター」

よろしかったらお出かけ下さいませ。

映画の公式サイトのトップページに、いきなりタバコを吸う少年の写真。思わず「吸っちゃだめ!からだを悪くしちゃう」って言いたくなってしまうオバサンとしては、何もできなくても現状から目を背けず、ちゃんと知らなくてはと思うのがせいぜいなのが申し訳ないです。

このこと一つとっても、健康のために禁煙が広がっている「先進国」(?)の現状とはあまりに裏腹だなあと…。

オリーブの種

NHK教育TV、日曜夜7時45分放送の「子ども手話ウィークリー」という15分の番組、ご覧になったことありますか?

私は、ほんのたまに見ることがあるのですが(というか、たまたま目にすると言った方が正しいかな?)、なかなか好感の持てる番組です。

手話通訳のお姉さんがふくよかなのもホンワカしていい感じです。

それに、ニュースの選択眼も、ちょっと骨のある感じでいいなあと思うことが多いのです。

いつもちゃんと見ているわけではないので、何とも言えないのですが、たまたま見るたびにそう思うと言うことは、やっぱりそういう番組なんじゃないかと思います(あやふやですみません)。

。。。。。。。

今日は、沖縄の若い女性漫画家を取材していました。その作品の一つを紹介する形で番組が進行します。

作品の舞台は、米軍基地に囲まれている沖縄。その基地のフェンスをはさんで、日本の少女と米軍人の父親を持つ少女とが友だちになります。二人がもっと仲良くなりたいと思った矢先、少女は父親からフェンス越しに友だちに会うことを止められてしまい、二人は二度と会えなくなってしまいます。

そうしたある日、日本人の少女がいつものようにフェンスに行ってみると、そこにはメモが結びつけてありました。

「Goodbye !  I LOVE YOUheart

その夜、女の子は夢を見ました。彼女と二人でヘリコプターに乗り、空からオリーブの種をまくのです。そうして世界中にオリーブの木を茂らせると、兵士達はオリーブの木の下に武器を捨てて、仲良くなり戦争がなくなっていき、ついには敵同士がオリーブの木の下で友だちとして握手をするという夢です。

それは、かつて二人で分け合ったオリーブの種に託した夢でした。

。。。。。。。

作者は米軍基地のフェンスの前に立ち、言います。

「ここにあるフェンスは私たちと向こう側にいる人たちを分けていますが、本当はこのフェンスは私たちの心の中にあるのだと思います。

心のフェンスを取り除いたとき、本当の友達になれるのだと思います」

私は最初、家事をしながら横目で見ていましたので、作者の名前もマンガのタイトルも見逃しました。15分と小粒ながら、なかなかの番組では?

より以前の記事一覧

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30