« 2014年5月 | トップページ

見てね!「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

新聞やテレビに流れない貴重な情報を届けてくれる注目のメディアが幾つかありますが、
Our Planet TVもその一つです。この映像も、淡々と事実を伝えつつ、インパクトのある内容です。

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」

これを見ると、チェルノブイリは過去の終わった出来事などではなく現在進行形の問題であり、とりわけ子ども達の病気や心身の不具合は終わる目途がなく続いている今日ただいまの問題なのだとわかります。

福島の事故の被害を少しでも小さくするために、ここから学んですぐに実行に移さなければ将来禍根を残すことにならないでしょうか?
現地の所長が言っています。「日本から政府関係者が何人も視察に来たし、早急に何をすべきかもすべて話したので、すぐに実行に移すべきです」とハッキリ語っています。でも、日本ではいっこうにそうした対応が取られたとは聞こえてきません。

むしろ実際には、原発の再稼働をしようとし、「食べ物の汚染は風評被害だ」と言われ、「強制避難区域は解除」され、母親達が心配しても、「安全だから計る必要はない」と言われてしまいます。

チェルノブイリの汚染は福島よりひどかったとしても、政府の後押しで子ども達を保養に行かせたり、安全な給食を出したり、半年にいっぺんの定期検査など、細やかな対応がされています、少なくとも、被害の事実を認め、少しでも被害を減らすために対策をとろうとしています。

被害の事実を認めて一刻も早く対策を取るが取らないかは、その後の安全性に大きく影響します。
<事実を認め、対策を取ること>今、日本に一番欠けていることがこれです。

だから復興に弾みがつかず、人々は不安に駆られたまま日々を過ごし、不安を隠すために気持ちも言えない状態が続いているのです。現状では子ども達に被害が出るまで放っておくのと変わりません。甲状腺検査の最初の結果が出てから、次は2年後まで検査をしないなんてありえないでしょ?!

« 2014年5月 | トップページ

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30