« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

朝日新聞「吉田調書」=福島原発吉田所長への聞き取り

「美味しんぼ」の鼻血問題を見ても、放射能汚染の問題が決して収束していないことがよくわかります。問題がなければ、こんなに騒ぎになることもないはずです。

福島のお母さん達が実際に自分の子どもで体験した「鼻血」まで否定されてしまうのはどう考えてもおかしな話です。
私が当事者だったら、本当に悔しいです。
事実を無かったことにされてしまうのと同じですから…。

折しも、、朝日新聞では福島第一原発所長の故吉田昌郎氏の聞き取り(政府事故調査委員会が28時間に渡って聞いたもの)の一部をweb公開しています。
途中にはさまれた3号機の爆発時の音声を聞くだけでも、当時の事が思い出されて、決して風化させてはいけないと改めて思います。

朝日新聞の特設ページ
ページをスクロールしていくと、ラジオ音声にリンクできます。

事故後の3号機の写真も、今改めて目にすると、事故のすさまじさに言葉もありません。
これで大丈夫だなんて……。
再稼働などとんでもない!と怒りが沸々と・・・。この怒りは忘れてはならないと思う。

朝日の記事にもありますが、政府事故調の追求の甘さが、その後の原発ムラが息を吹き返した原因でもあります。今現在も、これだけの貴重な資料を全面公開しないと言っているし・・・。
ゾンビのような原発ムラに負けず、ねばり強くいろんな形で意思表示していきましょう。

許さない!「集団的自衛権行使」

安倍首相は、日本を戦争のできる国にしようとしている。

そして戦争をしたがっている。

止めなければ!

安倍首相は今日の記者会見で、集団的自衛権行使に道を開こうと意欲を示しました。

一方、官邸前には反対を表明する人たちが続々集まっています。ツイッターには呼応する声が溢れています。この様子は、テレビでは流されていませんが、ツイッターのタイムラインを眺めているだけでも、今この国がまさに平和憲法を守れるかどうかの瀬戸際に立たされていることがヒシヒシと伝わってきて胸が苦しくなって来ます。

ツイッターに、「安倍の解釈によって人生変えられてたまるか!」とのつぶやき。
まったく同感です!!

NHKのサイトで意見募集中、バッチリ送りました。ニックネームのみで送れます。

5月16日(金)10時30分~11時13分NHKスペシャル

「集団的自衛権を問う」(仮)ページ右下の意見募集からどうぞ。

戦争は、始まるときはあっという間に始まってしまうのだと思います。止められるうちに止めなければ・・・。
ぜひ、それぞれのできる手段で声を上げていきましょう。

友人知人に広げてください。よろしくお願いします。

学生達がデモ!秘密保護法反対で。

本当に長い間ご無沙汰してしまいました。
何とか生き延びております。

それにしても、世の中の流れの早さと、信じられないような急速な右傾化にやりきれない思いでいます。

この間、時折、イベントや講演会に参加してはいましたが、政権の暴走ぶりに立ちつくすような絶望感すら覚えそうになることも・・・。

特定秘密保護法成立、原発再稼働への軌道修正、集団的自衛権行使の容認、武器輸出三原則の見直し、教育委員会の弱体化、竹富島への教科書押しつけ、消費税の増税と法人の復興特別減税廃止、国会議員歳費の20パーセント減額廃止などなど数え切れないくらい重要なことが矢継ぎ早に変化しています。大事なことをしっかり議論を尽くさずに自分たちの意のままにしようとする。そのことに憤りと恐怖を感じずにいられません。

憲法前文にもあるとおり、国会議員は国民の「代わり」に動くのであって、いわば「国民の手足」です。手足が勝手に自分たちの意のままに国を動かすなど許し難い暴挙だと思います。

折しも、今日は憲法記念日。
表現の自由を保障した憲法の下、声を上げ始めた若者(大学生)達のこんな動きがありました。

最初は「デモと言えなくて、友達に<イベント>と言った」と告白する山本君。スピーチの最後には「これはイベントではなくデモだ。僕たちの声を上げよう」と頼もしいメッセージ。素直に正直に、自分の言葉で語る「告白」がしっかりと胸に響きます。

若い人が立ち上がってくれると頼もしいですね。応援したいです。

      

「普通に友達にデモに行くって言いたい。
みんなと仲良くしたい。

ビビっているけどちゃんと言いたいことがあります。
それは、これはイベントじゃないと言うこと。
これはデモだということ。
デモはかっこわるくないということ。
間 違ったっていい。思考し続けていくことがかっこいいんだっていうこと。
これはみんなと心を通わせるアクションだということ。
ここに僕らの現実があるんだっ ていうこと。

八方美人の僕だけど、みんなと思考していきたいっていう気持ちは負けないし、このみんなのエネルギーは否定させない。そう自分に言い聞かせなが らいつもやってます。

そんな告白です。
ありがとうございます」

特定秘密保護法に反対する学生有志の会

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30