« ネット試聴:ビナードさんの講演 | トップページ | 一枚のポスターから »

自衛隊の歌姫とマーチングバンド

  youtubeの埋め込みに挑戦してみました(大げさ!><)。
以前にもやったことがあったはずなのですが、すっかり忘れていて苦心惨憺・・・。
女性自衛官の美しい歌声をどうぞ。

   

   日章旗は海上自衛隊の旗の一つだそうですが、どうしても戦争を想起してしまい、私はやっぱり苦手です。もちろん、私は戦後生まれなので、実際に日章旗が記憶の中にあるわけではありませんが、子どもの頃に見た戦争映画(フィクションも記録映画も含め)では、度々お目に掛かったものですから・・・。

日章旗には怖い記憶があります。戦争とは切り離せません。右翼のデモなどで若い人達が掲げているのを見たりすると複雑な気持ちです。下のマーチングバンドでも、日章旗が見えますね。

三宅由佳莉さんの歌声は素晴らしいし、自衛隊の隊員の方達にも平和のための組織であってほしいので、旗はともかく、平和憲法を逸脱しない組織であってほしいのです。その意味で、安部政権の最近の急激な右よりの政策が気がかりでなりません。

たとえば、米軍の海兵隊と海上自衛隊(陸上自衛隊も)との合同訓練も実施されています。米軍の海兵隊は攻撃部隊です。真っ先に敵地に乗り込んで襲撃するのが役目の部隊です。なぜ専守防衛の自衛隊がその攻撃部隊と一緒になって訓練できるのか、単純に疑問です。

リムパック(世界最大規模の海上合同訓練)においても、海上自衛隊は従来、救難訓練部分にだけ参加してきたそうですが、最近は陸上自衛隊も加わり、中国との領土問題を睨んで、島に上陸した時を想定して合同訓練しているのだとか・・・。

防衛から攻撃へと、こうしたことがなし崩しに当たり前になってしまうのではないかと危機感を覚えます。これはもっと厳しく問われて良いことなのではないかしら?

私の父は海軍所属でした。撃沈された駆逐艦から九死に一生を得て生還したのですが、言葉にできない辛い体験は、生涯を通じて父の脳裏を離れなかったようです。

自衛官の皆さんを始め、若い人たちの誰にも、二度と父のような辛い思いをしてほしくありません。平和憲法を持つ国の専守防衛組織として、マーチングバンドで、誇りある平和な行進を続けてほしいのです。

 

    

« ネット試聴:ビナードさんの講演 | トップページ | 一枚のポスターから »

「平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/58108780

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の歌姫とマーチングバンド:

« ネット試聴:ビナードさんの講演 | トップページ | 一枚のポスターから »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30