« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

ネット試聴:ビナードさんの講演

ようやく少し涼しくなってきてホッとしています。これで平年並みの気温だそうですから、いったい今までどれだけ暑かったの?!と言いたくなってしまいます。
皆さん、お元気でしたか?

私は一度熱中症になりかかって焦りました。駅まで10分ほど歩き、階段を上がったところで、頭がボーッとして心臓がバクバクしてきたんです。水分を補給して何とか持ち直しましたが・・・。お気をつけくださいませ。

さて、先日、ネットの動画でアーサー・ビナードさんの講演会の生中継を途中から見ました。偶然に見始めたのですが、惹き込まれて最後まで見てしまいました(他にやらなければいけないことがあったのに ^ ^;;; ・・・・)

メモもとらなかったので、印象に残っていることだけ書いてみますね。大まかな受け取りでお読みいただければ・・・。

8月中旬頃の岡山(?)での講演会の中継だったと思います。
原子力発電の仕組み・広島と長崎の原爆の意味づけの違い・戦後の核開発と原発の関係などまで、詩人の感性で読み解かれた新鮮な切り口を感じました。

科学者や専門家の話は正確さに重きを置くので、どうしても端的に説明するという意味では今ひとつ、と言うことが多いですが、その点、ビナードさんの話は、言葉を丁寧にたどることでいかがわしさを浮き彫りにしていく、市民目線での問題の掘り下げに引き込まれました。

そういう意味で、講演会としての切り口が新鮮でわかりやすいです。ネット上に、動画が幾つもあがっているので良かったら見てみてください。

一例として、茨城県での講演動画

記憶に残っていることを以下に。

●アメリカの核実験による第五福竜丸の被曝事故は、当時の新聞等では「放射能病」と報道されていた。水俣病もそうだが、チッソによる被害であり、殺人事件であって病気ではない。第五福竜丸の乗組員も放射能により殺されたのであって病気ではない。

なぜなら、包丁で刺されたら包丁病と言いますかか?それくらい放射能病も水俣病もおかしなネーミングなんです。まるで自然に病気になったように扱われている。責任を問われないような名前が付けられている。

●落語の一節を引いて、低線量被曝を説明。

落語の「鼻歌三町、矢筈切り」と同じだと言う。名刀村正(ムラマサ)のように、あまりに鋭い切れ味の刀で切られた人は、気づかずに三町先までも鼻歌で歩いて行ってしまい、ダメージを受けたことすら気づかないが、三町先で突然、倒れることになる。低線量被曝はこれと同じ。ダメージに気づいたときには、加害者を特定することすら難しい。

●原爆は広島・長崎と一括りにされるが、意味合いはまったく異なる。試したかったのは長崎のプルトニウム爆弾の方で、現在原発を動かしているのもプルトニウムを得るのが目的。

原発とエネルギー問題が絡めて語られるのは、本質を知られたくない勢力による目くらましだと私も思っています。エネルギーではなく、安全保障や核の問題として捉えると本質が見えてくるし、なぜ原発をやめられない(やめたくない)かもわかってきます。


ビナードさんの小学館の連載「日本語ハラゴナシ」

保育園とオスプレイ

本日2013年8月13日の「琉球新報」29面
「飛行機バイバイ」園児なだめる苦肉の策 宜野湾 嘉数 
の記事がツイッターで紹介されていました。

記事には、保育園のベランダの柵に一列になって空を見上げる園児達の写真が。

保母さんが絵本を読み聞かせようと思ってもへりの爆音で声がかき消され、中断せざるを得ないのでしょう。ましてや1~2歳とあらば、大きな音に釣られて一斉にベランダに出てしまうのも仕方ないだろうなと思いつつ、保母さん達のご苦労と心痛に同情します。

そんな状況における「飛行機バイバイ」なのです。
保母さん達は読み聞かせを中断されても、怒りの拳を振り上げるわけにもいかず、何とか無事に、楽しい保育園での時間を過ごさせてやりたいと、ベランダに出た園児達にバイバイと促したのでしょう。保母さん達の「苦肉の策」として。ベランダに並んだ子ども達の後ろ姿とバイバイの声を想像して、何ともやるせない気持ちになります。

度重なる沖縄県民一丸となっての米軍基地返還・オスプレイNOの声も無視し、さらにオスプレイ追加配備に至った国の政策に、手をこまねいているしかない自分にもため息が出ます。

何とか写真が見つからないものかと、ベランダの柵に並ぶ子ども達の写真を探したのですが見つかりませんでした。写真のインパクトってやっぱりすごいですね。「バイバイ」の声が聞こえるようです。

今年の3月には、オスプレイのあまりの騒音に授業が中断され、驚いた園児や小学生が校庭に飛び出し反対を叫んだという記事もあります。こちら

騒音もですが、本国では「未亡人製造機」と揶揄されるほど危険なオスプレイ。墜落事故が起きないことを願うばかりです。アメリカ本土では絶対に学校の上空などは飛べないのですから。

長崎平和宣言に賛同クリックを!

8月9日長崎市で平和祈念式典が行われました。今年の長崎市長の平和宣言がとりわけ力強く思えてしまったのは、それだけ政府の平和への意思が感じられなくなってきている証なのかもしれません。

日本は、今年4月、NPT(核拡散防止条約)の核兵器の非人道性を訴える共同声明に署名しませんでした。世界では80ヶ国が批准しているのにもかかわらず、被爆国である日本がです。このニュースを聞いたときに「あり得ない!(怒)」と憤慨した私の心情を、今回、市長が代弁してくれました。

核兵器をいかなる状況でも使用しないという文言が受け入れられないとすれば、核を持ちたいし使いたいということなんですね、安倍さん。安倍首相はこの式典で「被爆国としての原点に返れ」という長崎市長の宣言をどんな思いで聞いたのでしょうか。。。。。

長崎平和宣言

長崎平和宣言に賛同する方は、下のサイトのボタンをクリックしてくださいね。                       賛同者数を調査しているそうですよ。私もクリックしました。世界10カ国語に翻訳して公開しているところに、世界に向けての発信という長崎市の姿勢が表れていると思います。

長崎平和宣言10カ国語対応

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30