« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

本のご紹介「戦後史の正体」

人の直感ってバカにならないんだなあと思いました。
何のことかといいますと・・・。

以前、石橋湛山の政治家としての生き方に潔さを感じて、こういう人こそ、総理大臣になって活躍してほしかったなあとつくづく思ったことがあったのです。でもご存じの通り、首相になってこれからというときに、体調不良で一番大事な国会質問を受ける場に臨むことができず、退陣せざるを得なかったのです。

え、えーーー!!!これからというときに、なんでここで???と思ったことは、前後の細かい事情は忘れても、あの残念だった気持ちは鮮やかに覚えています。それと同時に、ホントに「何でこのタイミングで肺炎になるの?!この一番大事な時期に、よりによって」と、まるで今日の出来事のように悔しく、残念に思ったのです。

総理になってこれから「さあ、やるぞ!」という時に、まるで計ったようなそのタイミングのあまりのはまり具合に、唖然としました。

というのが、かつての話です。
ところで、それとは全く別件で、先日、孫崎さんの「戦後史の正体」(←ご本人の本の紹介動画有り)を読みました。

そうしたところ、石橋湛山の総理大臣辞任を巡り、私の<?>の直感は、はずれていなかったんだとわかりました。直感が当たって嬉しいどころか、さらに悔しくて・・・。

なんか変、匂うぞ、というときはやはり何かあるんですね。

詳しくはぜひ著書をお読みください。要するに、アメリカ政府の意向により退陣に追い込まれたと言うことなのですが、直接アメリカが手を下したというわけではなく、日本の政治家、マスコミ、官僚がアメリカの意を汲んで画策した結果ということのようです。

直接手を下さずとも日本人の中に、自らアメリカの手先になって動いてくれる勢力があるとはなんと都合の良いシステムでしょう。戦後一貫して、アメリカと日本の関係は、占領時代と変わらないということが、膨大な事実の検証と共に、この本には語られています。

「そうだったのか、なるほど、だからなのね・・・」と、疑問な点が線になってつながってスルスルと説明できてしまうのです。そうした分析に納得せざるをえない事実が本当に残念です。
そして、それ以上に、孫崎さんの本に書かれた事実を証明するかのように、これでもかこれでもかと現在も毎日、悲惨な政治状況が展開されています。

あきれかえって、ものもいえないなあという心境なんですが、そうはいっても、黙っているわけにもいかず、だからといって力も出てこなくて、こうやってブログでグチっている始末。

結局は、人を育てること=教育、なのかなと思います。自分の意思で動ける国民を育てること。ちゃんと自分の意見を持てる子ども達を育てること、そこに集約されるのかなあと。

良いニュースもありましたね。山中伸弥さんのノーベル賞受賞は、嬉しい、とてもさわやかなニュースでした。おめでとうございます、そして、ありがとう!




« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30