« 若狭湾の熱帯魚 | トップページ | 超・緊急署名のお願い(原子力規制委員会人事) »

パブリックコメントはミニレポート提出だ

政府のエネルギー政策に関する聴取会が、日本各地で「一応」行われています。一方、パブリックコメントという名称で国民の生の声を、「一応」集めています。

聴取会は、やらないよりはいいのかもしれませんが、すごくインチキ臭いので、早くもさんざんな評価が下されています。でも、こうしてインチキが表沙汰になることは悪くないので、どんどんやってどんどん実態が明らかになってほしいと思います。

ところで、パブコメは期間が延長になり、8月12日締め切りだそうです。まだの方ぜひご意見を!こんなインチキ聴取会をやる感覚しかないところに意見を言ってもしょうがないと思ってしまいがちですし、実際気力が出ないのも事実ですが、それでも意見は言ったほうが状況を変えていかれる確立は高いです。

国家戦略室 エネルギー・環境会議

↓コメント作成はこちらから。
PDF文書

これに関して先日、パブリックコメントに関する市民と政府の会合が持たれたそうです。そこでは市民から次のような意見や疑問が出されました。

●三択で真ん中の15パーセントを選びやすくするような、選択肢の設定が恣意的であること。

●各選択肢の説明が、15パーセントを選びやすいような説明の仕方であること。
たとえば、(原発ゼロ、15%、20-25%)のうち、原発ゼロは大変な無理をしなければ達成できないかのように書かれている。15パーセントの場合は新規増設しないかのごとく読めるが、かならずしもそうではなく、増設もあり得るのが実態。

●エネルギー問題を考えるとき、避けて通れない廃棄物処理に関して一切触れていないこと。処理費を入れれば原発の経費は膨大になるが、それに関しては一切無視しての数字である。

こうしたさまざまな問題点があります。しかも、選びたくても「ズバリ、これだ!」という選択肢がありません。が、それでもコメントを出す価値はあると思います。政府との会合に出席した人の、次のような意見が参考になりそうです。
まとめをそのまま引用させていただくと、

・私たちは、明日にも原発を止めたいと考えている。しかしそういう選択肢がない。⇒これはどうやら、2030年までの原発ゼロのゼロシナリオに含まれているようですが、パブコメを出す際は、「ゼロシナリオ」と書いたあと、即時原発ゼロ、と書くのが一番よいようです。」

とのことです。
ちなみに、「脱原発」と書いた場合は、「その他」に分類されてしまうようです。

締め切りが延長され、8月12日までになりました。お盆休み前と言うことですね。こちらのサイトでパブコメの書き方にアドバイスしてくださっているので、紹介させていただきます。

・100字以内で、簡潔に!
・何が言いたいか一つに要点を絞って。
・タイトルをはっきり。
これって、何だか学生時代のリポート提出を思い出しました、はあ~。でも、がんばって、私も7月中には書くつもりです。
皆さまも、よろしく~!


« 若狭湾の熱帯魚 | トップページ | 超・緊急署名のお願い(原子力規制委員会人事) »

「環境」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/55269525

この記事へのトラックバック一覧です: パブリックコメントはミニレポート提出だ:

« 若狭湾の熱帯魚 | トップページ | 超・緊急署名のお願い(原子力規制委員会人事) »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30