« ドイツのTV番組「原発と白血病の因果関係」 | トップページ | 映画「ダーク・サークル」 »

食材選びに悩む日々

最近、食材を選ぶのに苦労しています。でも、私どころではなく、小さいお子さんをお持ちの家庭では気を遣っておられることでしょうね。何を買ったらいいのか、すご~く迷います。迷いに迷って買った後も、なんだかすっきりしないし・・・。これもみんな放射能のせいです。

今日は、茨城産のキャベツが、なんと2個で98円でした!「訳あり」となっていましたが、訳って何でしょうね?茨城産のピーマンも、このところずっと山のように安売りされています。売り場の野菜は茨城以外に、栃木、群馬、埼玉と。改めて北関東は野菜の一大産地だったのだなあと、日頃の恩恵をしみじみ思います。

茨城は仕事で度々訪れたこともあり、のどかな田園地帯に広がる畑の幸、そして海の幸、加えて土地の人の温かいおもてなしを、今でも懐かしく思い出します。

茨城に限らず、関東産の野菜は、汚染の濃淡はあれ同じような状況なのだろうと思います。そして、日本中、野菜だけでなく食べ物すべてに、「大丈夫かなあ」という不安な思いがつきまといつつあります。

国や自治体が、地域ごとに細かく放射能の汚染度を測定してくれれば、安全な物を選んで買うこともできますが、安全な物もそうでない物も入り交じっているので、結果、不安なままみんなで分け合って食べることになるのでしょうね。

それでも、気をつければそれなりに身体に取り込む量は減るといいますから、気を取り直して買い物をしなければ。

そんな中、先日、実家から「発掘」してきた20年物の母が漬けてくれた梅干し。母が子や孫に食べさせたいと残してくれたものですが、いろんな意味で、いっそう貴重な存在になりました。

さて、こんなサイトをまとめてくださった方がいます。
放射能汚染食品情報 
メーカーへの問い合わせ結果や、読者からの情報など。

« ドイツのTV番組「原発と白血病の因果関係」 | トップページ | 映画「ダーク・サークル」 »

「たべもの」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/51791698

この記事へのトラックバック一覧です: 食材選びに悩む日々:

« ドイツのTV番組「原発と白血病の因果関係」 | トップページ | 映画「ダーク・サークル」 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30