« 二本松市民はちょっと安心 | トップページ | 脱原発ポスター »

想像力をフル回転

このところのお天気の、何とめまぐるしいこと!
梅雨入り、のち、台風、のち、4月に逆戻り、ですからね。
もうあとほんの少し、梅雨入り前の爽やかな季節を感じていたかったなぁ・・・。

買い物帰りに、垣根から深紅のバラが溢れんばかりに咲いているご近所さんがあるのですが、そこを通るたびに「5月の風景」を感じて、一人で「幸せ~!」って思っています。

それにつけても、歩きながらふと思ってしまうのです。空も風も、3ヶ月前とは違うんだって・・・。冷蔵庫や戸棚から古い食品が出てくると、何だかいとおしいような気持ちになります。焼き海苔、煮干し、切り干し大根、ブルーベリージャム・・・、海の幸・山の幸は多くの人の手を経て、それぞれの作り手なりの思いのこもった食品だったでしょうに・・・。それが、今やすべて放射能という目に見えない脅威に一様に汚染されてしまった。

何十億年も前、もともとあった宇宙の高濃度の放射線がやっと減ってきて生物が誕生することができたのです。それからまた長い年月を掛けて人類が生まれる条件が整って、人間が生存できる環境になったわけなのだから、そこに改めて人工的に放射性物質など作ってはいけないに決まってます。

もともと必要ないから、神様は人間に放射能に対する防御機能はつくりませんでした。だから、私たちは放射能を感じることも防ぐこともできません。危険を感知できないのですから、想像力で危険を予測することで未然に防ぐしかありません。とても心許なく、言い表しがたい不安は、そこから来るように思います。この危機を乗り越えるには、ふさわしい思想や哲学さえ必要になってきているのかもしれません。

。。。。。

元東電技術者のお話。10年前に原発に嫌気がさして退社、福島の事故後に高知に避難。そこでデモに参加して語られました(動画は一度削除されているので、今後も削除されるかもしれません。その時はこちらのブログで、文字に起こしてくださっています)。

。。。。。

ここからは、上の記事と全然関係なくて・・・、

私の場合、5月というと、バラ → アンディ・ウイリアムス、それもこの曲を連想してしまうのです。で、何の脈絡もなく、↓  

「May Each Day」  by アンディ・ウイリアムス

もしよかったら、聴いてみてください。

« 二本松市民はちょっと安心 | トップページ | 脱原発ポスター »

「環境」カテゴリの記事

コメント

東電元社員の方の終わりに出てくるチェルノブイリ原発事故で汚染された村にある泉の話を「アレクセイと泉」というドキュメンタリー映画で観ました。

でも、ちょっとお話を勘違いされているようです。村では森も畑も汚染されているのに、この泉からは放射線が検出されなかったのです。

そのことに神秘と畏れを感じて村人や司祭が祈りを捧げるのです。祈ったから無毒化したのではなかったのです。

その映画では、泉から放射線が出なかったことばかり強調されて、肝心の村人たちの健康状態には触れられないのが怖かったです。村人のほとんどが高齢者でアレクセイだけが働き盛りの青年(中年?)なのも痛ましい感じがしました。

それでもやはり祈るしかないのかも知れませんね・・・。

>PFCさん

なるほど、そういうことだったんですね。私もたぶん「アレクセイの泉」のことではないかと思ったのですが、名前を知っているだけで映画そのものは見ていなかったので、???でした。

不思議な泉に対して祈りたくなる気持ち、わかる気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/51821285

この記事へのトラックバック一覧です: 想像力をフル回転:

« 二本松市民はちょっと安心 | トップページ | 脱原発ポスター »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30