« ずっとウソだった | トップページ | つい、ノリノリ♪ »

駅舎の春

Sakura11 
(右は自転車置き場。左はホームの屋根です。駅はまだ改築途上)

昨年の駅の改築工事で、バッサリ枝を落とされた桜。今年は花が咲くかしら?と心配しだったのですが、それでも咲いてくれました!!

でもまあ、なんといったらよいのか、・・・切れないハサミで自分で散髪した頭みたい、っとでも言うのかなあ。見るも無惨な「枝ぶり」です。大きく広がっていた枝も、全体的に4分の1くらいに小さくなってしまいました。

たっぷりの枝を広げて、満開になると桜吹雪が何とも言えず古い駅舎に似合って、ローカルな雰囲気を漂わせていたんですよ。たった1本の桜でしたけれど、けっこう気に入っていたのです。

駅はといえばピッカピカの、そしてどこにでもある駅になりました(隣の駅ともそっくりなんです)。エスカレーターやエレベーターの設置はバリアフリー化に欠かせないので、改築はしかたないですが、ほんの少しでいいので、どこかに遊び心というか温もりというか、あったらいいのになあと・・・。

鉄道にはどこかロマンを求めてしまいます。
駅にもそれを求めるのはよくばりなことなのかなあ・・・?

« ずっとウソだった | トップページ | つい、ノリノリ♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/51337713

この記事へのトラックバック一覧です: 駅舎の春:

« ずっとウソだった | トップページ | つい、ノリノリ♪ »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30