« 放射能汚染から子ども達を守る基準 | トップページ | 「専門家」は正しい情報を »

フランスでも心配している

昨日掲載したフランスからの情報が、読みやすく整理されて送られてきましたので再掲します。内容は同じものです。
-------------------

コミュニケ:
CRIIRAD (Commission de Recherche et d’Information Independantes sur
la Radioactivite) ―― 放射能に関する独立調査 情報委員会

コミュニケ    2011 年 3 月 20 日 9 時

3月20日(日)に フランスのメディアでも「福島第一原発近辺でとれた農作物に微
量の放 射能が検出された」と話題になりました。汚染のレベルは人体に影響の
ある量ではないと 言っていますが、その情報は正確ではありません。

食料品(一週間以上前から放射能をかぶってきているホウレンソウ、葉物野菜な
ど)の分析結果がだんだんと出てきています。検査対象はごく一部であるにもか
かわらず、時として放 射能にかなり汚染されていることがわかります。

―― 汚染レベルは高く、微量とは言えません。1キログラムあたり 6100 ベクレ
ルから 15020 ベクレル、平均すると10450 ベクレル/kg の放射性ヨウ素 131 が
ホウレンソウに検出されました。 その上検査の対象になった農作物の産地は福
岡第一原発近辺ではなく、茨城県の中の7つの市町村の作物で検査が行われまし
た(原発 から南におよそ 100km 位)。

――5歳の子供がヨウ素 10000 ベクレルを摂取すると年間許容量1ミリシーベル
トに達し ます。2歳未満の子供の場合、約 5500 ベクレル(15020 ベクレル/kg
のホウレンソ ウを 366g)で年間許容量に達してしまいます。

――汚染された食品は 撤去されなければなりません(葉物野菜、牛乳、チーズな
どが 汚染されやすい食品です)。「危険性が無い」という事は無いのです。もち
ろん非常に高い量ではありませんし、ただちに危険があ るわけでもありません。
現在福島第一原発の高度の放射能の下で働いている方々に比べても、被曝量は格
段に少ないでしょう。しかし これらの数値を見ると、予防策をとる必要があり
ます。汚染された食物摂取による被曝は、空気に含まれる放 射性物質の吸入と、
その空気に触れることによる被曝、そして汚染された土壌から の被曝にさらに
付け足される事になるのですから。

―― 3 月 21 日(月)追加情報 : 茨城県日立市における18日採取のホウレンソウ
に 放射性ヨウ素 131 が 1kg あたり最高 54100 ベクレル検出されました。この
値では2歳から7歳の子供には 184g の摂取で年間許容量1ミリシーベルトに達す
る事になります。

※ CRIIRAD (Commission de Recherche et d’Information Independantes sur
la Radioactivite) ―― 放射能に関する独立調査 情報委員会クリラッド研究所
はフランスの独立非営利団体で、 放射能と原子力について知る権利、放射性物
質の危険から身を守る権利を擁護することを目的としています。

訳者註 : クリラッドは チェルノブイリ原子力発電所の問題でフランスの住民が
十分な情報を得られなかったために大きな被害をうけたことをきっかけにつくら
れた民間団体です。現在福島第一原子力発電所の問題でおこる人体へのリスクを
「予防の原則」を踏まえて随時分析中です。

For further queries : laboratoire@criirad.org and contact@criirad.org

« 放射能汚染から子ども達を守る基準 | トップページ | 「専門家」は正しい情報を »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/51186784

この記事へのトラックバック一覧です: フランスでも心配している:

« 放射能汚染から子ども達を守る基準 | トップページ | 「専門家」は正しい情報を »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30