« 影響は早くも食品に | トップページ | 放射能汚染から子ども達を守る基準 »

福島原発から3,5キロの町

事故から二日、福島原発から3,5キロの町に取材に入ったジャーナリストの報告です。

フォトジャーナリストの豊田直巳さん、森住卓さん、広河隆一さん、ビデオジャーナリストの綿井健陽さんら6名が入って取材されました。身を賭しての貴重なお仕事に敬意を表します。と同時に、どうか気をつけてお仕事してください、と思わず祈ってしまいます。

放射能測定器が振り切れて、ピーとなる音が不気味です。無人の町の病院では、医療器具が散乱し、ベッドが乱れ、取る物もとりあえず避難されたであろう様子を物語っています。

映像の強みといったらよいでしょうか。私のへたな解説より実際の映像をご覧になってください。生活が根底から覆されるとはどういうことか、すさまじさを目の当たりにして、辛いです。

« 影響は早くも食品に | トップページ | 放射能汚染から子ども達を守る基準 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発から3,5キロの町:

« 影響は早くも食品に | トップページ | 放射能汚染から子ども達を守る基準 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30