« フランスでも心配している | トップページ | 節電に有効なサイト »

「専門家」は正しい情報を

 

昨夜、そして今朝も、テレビでは同じ東大のなんとかという学者さんが意味不明の回答をしていました。昨日見た番組でも、不安でしたが、今日の答えもよくわからない。政府に都合のよいことしか口にしない、このような人を専門家と呼んで良いのかどうか・・・。

たとえば、こんなふうです。
不安を訴える妊娠中の女性の質問に対して
「普通に生活していても直ちに影響があるのではないから大丈夫です」

  [直ちにではなかったとしても、どういう影響が出るの?]

「水道水で赤ちゃんのミルクをつくっても、1回くらいならよい。毎回ということでは、心配ならペットボトルの水を使って溶いてください」

  [つまり、水道水は危険ということでは?]

<30キロ圏内でも普段通りで大丈夫か?>のキャスターの質問に、
「まったく問題ありません。一日中お子さんが外にいるというわけではないでしょうから」

  [一日外で遊んだら危険ということじゃないですか??!子どもは一日中外で遊ぶこと だってあります]

こんなコメントをされて安心する人がいるでしょうか。つまり危険性があることを無理に隠そうとするからこういう矛盾する答えにならざるをえなくなるのです。しっかりと事実を伝え、何がどう危険で、どうしたら、よりリスクを減らせるかの指針を示すべきです。

チェルノブイリの事故の後、情報に基づき気をつけた人と、何も対策を講じなかった人とでは、身体に取り込む放射能濃度は8倍の(だったかな?、ちょっと数字に自信ないけど、とにかく有意の)差が生じたという報告を読んだことがあります。

本日22日に入ったメールでは小金井市の雑草「はこべ」から。セシウム137で、 900Bq/kg(野菜の基準の1.8倍)を検出したそうです。関東でも福島原発事故の影響が出始めていることがこれではっきりしてきました。

国は調査しながら公表していないデータを持っています。以下、朝日新聞の記事です。
-----------------------------------

3月21日23時朝日新聞の記事 (リンク切れに備え、全文を下に貼り付けます)

 住民の被曝(ひばく)量や放射性物質が降る範囲の予測を国が公表していないため、研究者らから批判が出ている。文部科学省が委託した機関が1時間ごとに計算し原子力安全委員会に報告しているが、国は「データが粗く、十分な予測でないため」と説明している。

 予測システムはSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測)と呼ばれる。原子力安全技術センター(東京)が、原発の位置、放射性物質の種類や量、放出され る高さ、地形などを元に、最新の風向きや風速のデータを加えて計算。日本全域を250メートル四方に区切り、それぞれの場所にすむ人が吸入などで被曝する 量を予測する。

 同センターによると、11日の地震発生約2時間後から、東京電力・福島第一原発について計算を始めた。放射性のヨウ素や希ガスについて、放出量の見積もりを何段階かに変化させて計算。1時間ごとに2時間後までの被曝予測データを、原子力安全委員会に報告しているという。

 原子力安全委員会事務局は「放射性物質の種類や量、放出時間などの推定が粗いので、避難などの判断材料としては使っていない。その状況なので軽々しく公表できない」と説明している。

 一方、長瀧重信・長崎大名誉教授(被曝医療)は「条件がそろわないと予測できないというのはおかしい。国は持っているデータをすべて公開することが大事だ。根拠をもとに住民と相談して、対応を決めるのが原則ではないか」と話している。

 福島第一原発から出た放射性物質の拡散予測について、米原子力規制委員会(NRC)は「あくまで推定で、実際とは異なるかもしれない」と注釈つきで公 表。米国はこれらを参考に原発から半径80キロメートル以内にいる米国人に避難を勧告した。また、フランスやオーストリアの研究所なども拡散する様子の動 画をホームページなどで公開している。(木村俊介)

« フランスでも心配している | トップページ | 節電に有効なサイト »

「環境」カテゴリの記事

コメント

時々腹が立つと衝動に駆られ新聞(中日)に投書します。月に1回くらのペースで掲載されますが今回は文章がちょっと乱暴だったのせいか掲載されなかったのかも知れません。そのコピーを本欄に掲載します。ご笑覧の程を。

「もっと真剣に取り組め」

原子炉工学のプロと称するアホどもが馬脚を現した。原子炉の炉心が溶融した、水位が下がったから海水で冷却した、メトルダウン寸前・・そんな事が素人にわかるか!神楽坂はん子のトンコ節じゃあるまいし、ああして、こうして、こうなったなんて聞いてるんじゃない!チェルノブイリやスリーマイルの二の舞いになりはしないか?それを心配しているのだ!もしそうなったら日本は破滅するかも知れないのだ。今後の世界の原発安全対策にも影響を与えることだ。世界中の原発関連者も固唾を呑んで見守っている。絶対に、二度と日本から被爆者を出してはならない。菅総理よ!枝野官房長官よ!東電よ!日本の浮沈にかかわることだ。この際、言いわけをするな!自己弁護もするな!ごまかしはするな!隠し事はするな!何もかも正直に、オープンにそして真摯に、もっと真剣に取り組め!

痛快です!
上品な言葉なんかじゃ表せないくらい、憤りを感じているので、溜飲が下がりました。

>ごまかしはするな!隠し事はするな!何もかも正直に、オープンにそして真摯に、もっと真剣に取り組め!

まったくだ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/51186803

この記事へのトラックバック一覧です: 「専門家」は正しい情報を:

« フランスでも心配している | トップページ | 節電に有効なサイト »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30