« 秋葉市長のネット会見を見て | トップページ | 100,000年後の安全 »

映画とトーク「辺野古を考える」

友人のグループが主催するイベントのご案内です。
先日、菅首相は、米軍普天間基地を普天間から辺野古に移すことが、沖縄の「負担軽減」になると言ったそうです。この話を聞いたとき、最初は一瞬、意味不明????でした。なぜ、負担軽減になるの?

しばらく考えて、やっと首相の言わんとすることがわかりました。そしてさらに、怒りがこみあげてきました。

菅さんの中では、命の問題が数の問題にすり替わっているのではないでしょうか。辺野古は普天間基地のある宜野湾市よりも住民の数が少ないから危険性も減るし、負担軽減になるという論理では?それ以外に負担が減るという意味が考えられないですから・・・。

はて、この論理、どこかで聞いたことのあるような・・・。で、思いだしたのは、原子力発電所の建設地についてでした。同じように、都市部に原子力発電所を造るのはダメだけど、地方の過疎地ならOKの論理。

でも、過疎地は無人地帯ではありません。少数であろうがなんだろうが「人が住んでいる」のです。

沖縄県民の意思に反して、頭越しに取り決められる政府の決定は、沖縄県民でない私でもやっぱり黙ってはいられません。アメリカ軍の実態も絡めて、映画とトークで考えてみませんか?
お時間がありましたら、ぜひお出かけください。
また、メールやブログやツイッターなどで、お友達にもお知らせいただけるとうれしいです。
---------------------------------

「辺野古を考える」全国キャラバン IN 国分寺

●日時:2011年2月20日(日) 開場13:30 開演14:00
                   (全プログラム終了予定 20:00)
●開場:国分寺市立本多公民館ホール(北口徒歩8分)
●参加費:1000円

 ・映画「またまた辺野古になるまで」(33分)14:00~
 ・「One shot one kill(一撃必殺)」(108分)14:40~
 <休憩>
 ・藤本幸久監督のトーク&質疑応答(45分)16:50~
 <休憩>
 ・「アメリカばんざい-Crazy as usual」(118分)18:00~
(上映開始時刻は予定です。ずれることがあります)

◇問い合わせ:「辺野古を考える」しみんの会 菅野042(327)0671
 

« 秋葉市長のネット会見を見て | トップページ | 100,000年後の安全 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画とトーク「辺野古を考える」:

« 秋葉市長のネット会見を見て | トップページ | 100,000年後の安全 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30