« もう、ホントにー! | トップページ | 無事でした »

満開の季節に

Img_1148_2 桜は七分咲き。
小学校の校庭で、用務員さんが塀のそばで何やら修理をしていました。新学期の準備でしょうか。

週末には、親子連れやお年寄りが、鉄棒の下などでのんびりお花見していたりします。ここの桜の木はみんなに見てもらえてうれしいでしょうね。

でも、こんな↓桜の木もあるんですよ。

090330_17100001

駅に新しい改札口ができることになり、古い駅舎が取り壊されることになりました。工事現場の囲いの中には、大きく広がっていた枝先をバッサリ切られた桜の木がポツンと。4~5日前の写真なので、きっと今頃は少ない枝にも花を咲かせていることでしょう(それとも、バッサリ切られちゃったか)。

美容院のお兄さんと、ついこの間、こんな会話を交わしたばかりでした。

わたし「桜の木がどうなるか心配なんですよね~」

おにいさん「たぶん、残るんじゃないですか?」

とっても残念です。

写真の右側にももう一本桜の木があって、この二本だけは、ずっと以前にこの駅ができたときにも切られずに残って、毎年春には美しい光景を見せてくれていたのです。

古びた駅舎のたたずまいと桜の大木がとてもよくマッチして、春になると駅前の桜吹雪がとっても良い雰囲気だったのです。

工事の人も、桜が咲き終わるまで切らずに待ってくれていたのでしょうか。
それとももう切られてしまったのかしら?明日、電車で出かける用事があるので、その結果がわかります。

下り線のホームには、何本もの大きな切り株をよける形で柵が設けられています。きっと、駅ができたときに桜の木が邪魔で切り倒したけれど、根っこまで掘り起こすのがたいへんだったものと思われます。

このあたり、昔はどんな風景だったのでしょう?

満開の花をつけたまま、命を閉じる桜の木。 

    ありがとう。

« もう、ホントにー! | トップページ | 無事でした »

「植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/44553147

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の季節に:

« もう、ホントにー! | トップページ | 無事でした »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30