« 一歩 | トップページ | オリーブの種 »

メタボ健診

だいぶ前に、「特定健康診査(いわゆる「メタボ健診」)のお知らせ」という封筒が届きました。春?夏だったかな?

ちょうどその頃、ニュースでメタボ健診の日本の基準は、国際的に見て科学的根拠があいまいだという報道に出会いました。

なので、受ける気にもならず、そのままにしていました。たまたまその少し前に健康診断を受けたばかりだったというのもあります。

そうしたら、先週またメダボ健診のお知らせが来ました。
今度はお知らせと一緒にアンケートが同封されていました。

「前回のお知らせを受けとっても受診しなかったのはなぜか」を尋ねるアンケートです。

ずいぶん熱心なんだなと思ったら、健診率の悪い自治体にはペナルティが課されるんだそうです(つまり後期高齢者の自治体負担分が増額されるのだとか)。

そして、「健診を受けた結果のコピーをアンケートと一緒に送ると粗品を差し上げます」とまで、なっています。

でもなんでコピーを同封するのかしら?

メタボ健診は専用の受診票を医療機関に持参して健診を受けた場合、無料になる仕組みです。ですから、医療機関に提出された受診票を自治体で集計すれば受診率はわかるはずですよね。

医療機関から自治体に受診した人の個人データが行って、今後の保健指導に使うのだそうです。その上、データは匿名化した上で、国に結果報告されるといいます。

私の健康は国や自治体に管理されるということになります。なんか正直いい気持ちしませんねえ。

本当はこうであってほしい。・・・・

<一人ひとり自分の健康は自分で守るつもりで気をつけてくださいね。でも、人間いつどんなことで怪我をしたり病気になったりするかわかしませんし、歳を取れば身体も故障します。そんなときには、国(自治体)がめんどう見ますよ。安心してかかれる医療を整備しておきますから>

というのが、公の役目だと思います。

やるべきことは個人のデータ管理やそれに基づく健診や検査を勧めることではないように思うのですが・・・。

これには結構予算もかかっていると思います。
のお金を別のことに回してほしいです。

私としては

〇救急車に乗らなければならなくなったときに、たらい回しにならずに医療が受けられること とか、
〇妊婦さんが安心してお産ができること とか、
〇閉鎖されているあちこちの病院が再開されて、意欲のあるお医者さんや看護師さんの生活保障がされること 

など・・・、そういったことにお金を使ってほしいんですよね。

もしかして、健診、健診と意識が高まることで、利得のある人達もいるのかも。

昔、ある女医さんが講演会で警鐘を鳴らしていました。

「医学界にも時期によって流行のトピックがあるので、惑わされずに、本当に自分にとって必要な医療とは何かを考えながら医療を受けてほしい」といった主旨でした。「これからは骨粗鬆症の予防が言われるはずです」と。

その後、本当に骨粗鬆症の予防が盛んに言われるようになっていったんです。

そして、今はメタボです。

アンケートには自分の意見を書いて送るつもりです。健診は、さて、どうするか?

。。。。。。。

関連記事といえるかどうかわかりませんが、たまたま今日見つけたんで載せておきます。
がんは生活習慣病、早期治療、早期医療で・・・

検査しすぎはよくない、日本の医療とその被曝
放射線被曝量に閾値(しきいち・いきち=ここまでなら安全という値)を設けて安全性を強調しているのには、核の問題や原子力利用が絡んでいると思います。高木仁三郎さんが「閾値なんていうのはまったくまやかしです」と言われたのが忘れられません。

« 一歩 | トップページ | オリーブの種 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/44097827

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ健診:

« 一歩 | トップページ | オリーブの種 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30