« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

焼き芋屋さん

新聞で、焼き芋屋台のオジサンについての記事が載っていた。東京の焼き芋売りは1950年代に始まって、最盛期には1000人もいたそうだ。東北からの出稼ぎが多いという。リアカーは細い道でもどこでも入っていけるし、小回りがきいて燃費もかからず好都合なのだそうだ。

そう言えば、20年くらい前、東京に住んでいた頃、毎年冬になると焼き芋屋さんが「いしや~きいも~」とやってきていた。あのオジサンもリアカーだったのかなあ、覚えていないけど。

売り声を聞きつけて、あわてておサイフ片手に飛んで行くと(とは言っても、一見、落ち着き払って)、石の上で焼けたお芋がホッカホカ。

(なぜか、焼き芋の場合、あわてて買いに走るとちょっと気恥ずかしいのは不思議。「豆腐屋さ~ん」と飛び出していっても、別になんともないのにね…余談:ですが、「小さな恋の物語」で、チッチが焼き芋を買うとき、同じような場面がありました)

ある時は、焼き芋を買った後、オジサンがオマケに「ウチでなった柿だよ」と、ツヤツヤと熟れた小ぶりの柿をいただいた。オジサンもやはり、この時季になると東北からの毎年出稼ぎに来るのだと言っていた。

東北の農家の庭になった柿の実をテーブルに載せて、子ども達とハフハフと焼き芋をほおばったあの頃、心までホンワリと温かかったなあ。

それから何年かして、いつのまにか冬になっても焼き芋屋のオジサンの姿は見られなくなった。「オジサン、どうしたのかなあ」と思いながら、冬が過ぎていったのを思い出す。

今でも、「焼き芋」と表示があるとつい足を止めてしまう。スーパーの入り口でも売られている。でもやっぱり、自然と足が向くのは、露天に釜を据えて焼いている小さな八百屋さんの焼き芋だ。夕方遅く、買い物帰りに寄ると、「こまいのしか残ってないから、全部で200円でいいよ」。確かにちょっと貧弱だったけど、味は立派なのと変わらずおいしかった。

スーパーではなく、寒風に吹かれながら石焼き芋を買うのは、私にとって冬ならではの、ちょっとしたお楽しみなのかもしれない。

明日はクリスマス。クリスマスに焼き芋、いいかも?!

役に立つかも

今日もニュースは、派遣社員契約の突然の打ち切りを特集していました。「私たちは人間扱いされていないのでは?」と、問いかける解雇された人の声が悲痛でした。

下記の記事は山谷の話ですが、こうした過酷な(=命がけの)仕事によってかろうじて支えられている技術(例えば原発とか)は、もうやめてほしいなあ。方向転換して、人に犠牲を強いるような技術を使わずに暮らしていきたいなあと切実に思います。

でも残念なことに、東京電力は国内の成長が見込めないので、これからはインドとか海外に原発を輸出するとか、「技術援助」するのだとか。。。。(ふ~)

で、たんぽぽ舎からのお知らせをそのまま貼り付けます。

そろそろ大掃除のおうちも?押し入れの整理をしたときに、眠っていた品物が役立つかもしれませんね。締め切りは24(水)だそうです。

============================================
<たんぽぽ舎からのお知らせ>

「山谷の仲間よ、行くな!危険な原子力発電所の被曝労働」という名の学習会と
ビラ配りが、広瀬隆さん、藤田祐幸さんらの呼びかけでなされたのは1998年。

山谷(東京)・寿(横浜)と原発は密接に結びついていたのだ!!
私たちの山谷への関心は一段と高まりました。
そして、都労連交流会が10数年つづけてきていた冬の山谷労働者支援活動に、た
んぽぽ舎も参加・合流し、その中で、支援の輪が大きく広がってきました。
今年も多くの人のご協力をお願いいたします。

山谷野宿労働者への支援物資・カンパが続々到着
段ボール箱100箱に近づく、
最終締め切り-12月24日(水)
─────────────

〇冬の山谷野宿労働者への支援(年末・助け合い運動)を呼びかけ・お願いしたと
ころ、続々と支援の物資(衣類・お米・現金等)が2つの事務所(たんぽぽ舎と都
労連交流会)へ寄せられています。
12月17日(水)現在約100箱分となっています。
多くの方の温かい心ざしに感謝いたします。

 最終受付を12月24日(水)-必着-といたしました。
ご協力のほどよろしくお願い致します。

●送ってほしいもの
  毛布・男もの衣類等…セーター、防寒着、下着、タオル、ズボン、
            靴下、靴、せっけん、カイロ、
  食品…お米、乾物、缶詰、野菜、
  現金カンパもありがたいです。
 ※子供用、女性用の衣類や、背広・ネクタイ・学生服は不要です。

●送付先・問い合わせ先
 ・たんぽぽ舎 
        03-3238-9035(午後1:00~8:00)
        〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2
                        ダイナミックビル5F

〇たんぽぽ舎会議室コーナーに、山谷の人々の生活、宿舎、共同炊事、もちつき
大会などの写真集と山谷の地図を用意しました。山谷のことを知りたい方、どう
ぞごらん下さい。

──────────────────────────

  たんぽぽ舎
   〒101-0061
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
   TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
   HP http://www.tanpoposya.net/

ねんきん

ねんきん、といっても「粘菌」のことではありません(※)。

今さらですが、「ねんきん特別便」の話題です。

巷で大問題になっている頃は、他人事だと思っていました。
が、とんでもない。
友人もブログに書いていましたが、「まさか」と思っていた私にも、記録の不備が見つかったのです。

身内の一人にも訊いてみましたが、明らかに記録がおかしいと言っていました。そうなるとこれは、年賀状のお年玉切手当選よりもかなり高い確率(?)で、記録の不備があちこちで見つかるのではないでしょうか。

もしかして、この制度は本当にもう崩壊しているのでは?

先日のニュースでは、郵送したはずの「ねんきん特別便」が、どこぞの倉庫にコンテナごとそっくりそのまま残っていたといいます。改めて郵送し直すそうですが、こうしてまた余計な費用がかさんでいくのですね。

問い合わせダイヤルは何度掛け直してもつながらないし……。とにかく、私なりに訂正をして返事を出すことにしました。

ところで、一つ残らず全部調べると言われていた消えた年金記録とか、次々と出てきた疑問点は、その後どうなったのでしょう。

今や、ニュースごと、どこかに消えたとか?!

(※)ウィキで「ねんきん」を検索したら、面白い話が。
粘菌を研究していた南方熊楠についての講演会の際、まだ人々にあまり馴染みのなかった「粘菌」を、まちがえて「年金」の話だと思った人がいたり、熊楠はその頃から高齢化社会のことを考えていたのかと、勘違いして感心する人もいたのだとか。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30