« ボコウ | トップページ | ジュリーが歌う「我が窮状」 »

署名

青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場についてのビデオです。

今の問題点を、アイリーン・美穂子・スミスさんがわかりやすく説明してくれます。グリーン・アクションサイトに、賛同署名のお願いがありますので、よかったらお願いします。(9/30締め切りです。ギリギリでごめんなさい)

グリーン・アクション 賛同署名   

全国の原発で出た核のゴミ=核燃料廃棄物は、金属の筒に詰められて工場に運び込まれて来ます。

核燃料廃棄物は固めてペレット状にします。このペレットが金属の筒にたくさん詰められています。

イメージとしては、100円くらいの細長いポリ袋に詰められたミニクッキーありますね、あんな感じ、またはチップスターでしたっけ、紙の筒に一列に並んだ成形ポテト、そんな感じでペレットが金属棒に詰められています。(こんな可愛らしいものにたとえてしまって良いのだろうか?)

この金属棒をブツブツ切る→ どろどろに溶かす。(固形から液体になることで扱いが難しく、より危険度が増す。)

このどろどろの中から、プルトニウムを抽出する→ 残ったゴミはガラスと固めて、キャニスター(容器)に詰める。

そしてこのキャニスターを地中深く埋めて管理する、という計画になっています。ところが・・・、

キャニスターに入れる段階で、どろどろの中の金属(白金)が詰まってしまい、どろどろがまったく入っていかない状態になってしまいました。現在、注入作業がストップしているのです。

さて、こんなとき、通常の感覚であれば、どろどろがキャニスターに詰められるようになるまで、全ラインをストップするのがふつうではないでしょうか?

当然、金属棒をブツブツ切る作業も一時ストップするはずです。だって、最終工程まで行けないのに切る作業だけ進めたら、どろどろ状態の液体が工場内に溜まりに溜まってしまいますから。

ところが、何と再処理工場では、最終段階まで作業が終わる見通しすら立たないのに、どんどんぶつ切り作業だけは進んでいるんだそうです。

ちょっと信じられないやり方ですね。

すごくはしょって書いてしまいましたが、これ以外にもいろいろなトラブルを起こしています。

ちなみに、最終段階でできるどろどろの液体を詰められたキャニスターの横に、もし人間が立ったとすれば、即死するようなシロモノです。今後、こうしたキャニスターを地下300メートルに何百、何千、何万と埋めて保管する計画です。全国の自治体に(主に過疎の)、「お金上げるから地下に埋めさせて」って誘いかけている最中です。

埋めた後は、「絶対に」事故を起こさないようにずっとこの先、保管し続けなくてはならないのです。

いつまでか?より安全な処理技術が開発されるまでずーっとだそうです。

私たちの子に、孫に、そのまた孫に、・・・・・・この先何代も、ずーっと先の子孫にまで、こんな危険と隣り合わせの暮らしを押しつけるのはいやだなあ。よかったら、署名をお願いしますね。

« ボコウ | トップページ | ジュリーが歌う「我が窮状」 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/42570420

この記事へのトラックバック一覧です: 署名:

« ボコウ | トップページ | ジュリーが歌う「我が窮状」 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30