« お知らせ | トップページ | 海は・・・ »

知らなかった。。。

080411_10110001 080411_10110002

 キャンパスに

 新入生歓迎の立て看板。

 なぜか、
 ジュゴンの親子も・・・。

。。。。。

先頃映画監督のスティーヴン・スピルバーグが北京オリンピックの映像顧問を辞退しました。そのことは新聞で読んで知っていたんですが、その理由であるスーダンの悲惨な現状に対して、私はほとんど無知でした。お恥ずかしい・・・;;;;;

日本のマスコミの偏向にも疑問を感じました。国内的な偏向報道ではなく、外からの情報そのものがすでに偏っているんですね。
「今頃そんなこと気づいたの?」と言われそうですけど・・・。

で、それはともかく、・・・・・

スーダンの政府軍による虐殺と難民流出は、欧米メディアでは大きく報道され、2006年には俳優のジョージ・クルーニーが国連で救済を訴える講演をしたり、国連大使のミア・ファーローが自分を身代わりにと、人質交換を申し出たりしています。

そのスーダンの石油取引の三分の二は中国なので、スーダン政府に対してもとても大きな発言力を持っているはずです。ところが、中国は国連決議に拒否権を使い、スーダンをいさめるどころか、石油を買い続け、虐殺に手を貸す結果になっています。

こうした姿勢に世界が落胆したのもわかります。スピルバーグの辞任は、そうした流れの中でだったんですね。クーベルタン男爵の精神からは、随分遠く離れたところに来てしまったんですね、オリンピックは。

オリンピック期間中だけでも、世界中が停戦する。それこそオリンピック精神だと思うのですが・・・。

タイトル「ダルフール紛争を知らない日本人」←わたしのこと
インターネット市民新聞JANKANの記事(2007/7)

アルピニスト野口健さんのブログ

« お知らせ | トップページ | 海は・・・ »

「平和」カテゴリの記事

コメント

中国がアフリカ諸国に接近していることについて、欧米諸国が警戒心を抱いているというニュースをネット上で頻繁に目にします。

資源をめぐる利権が絡んでいるのだろうと想像していましたが、その通りですね。

日本も含む先発国(先に発展した国)の失敗を中国(後から発展する国)には繰り返さないでもらいたいと思います。

公害問題にしても、「先発国」の失敗から学んでほしいなあと思うのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/40965675

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかった。。。:

« お知らせ | トップページ | 海は・・・ »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30