« サンゴ礁の年 | トップページ | でっきるっかな? »

イチエくん

NHK教育テレビで「一期一会 キミにききたい!」っていう番組があります。

イチゴさん(君)がイチエ君(さん)に出会って、いろいろと疑問をぶつけて、お互いの経験や考えを語り合う番組です。

条件は25歳以下(?)だったかな、応募してきた「こんな人に会ってきいてみたい」という願いをもった二人を番組が引き合わせて、数日間を過ごし語り合うのです。

今回は、意欲満々学生生活を張り切って過ごす大学生のイチゴ君と、東大を中退して山村に移り住んだ24歳のイチエ君の出会いでした。

大学生のイチエ君、山村を訪れて、わらじを編んだり、炭焼きを体験しながら、「なんで東大を中退してここに来たのか?」「これから何がしたいのか?」とイチエ君に問いかける。

イチエ君
「これから何がしたいとかじゃなくて、これがしたいんだ」(意訳)「休学中にあちこち旅をして、体験して確かめてきて、この生活がしたくてここへ来た。」

「わらじ作りとか炭焼きとか、誰も教えなきゃそういうものがあることすら知らないで子ども達は大きくなるから、将来やるかどうかはともかく、とにかく知ってくれればいい。」

イチエ君は村長さん夫婦の家に置いてもらっている。

来た当初、会う人ごとに「村長にむりやり連れてこられたんだろう?と言われて、いや違います、違いますって言ってた(笑)。」

村長さんも「何でこんなへんぴなところへ?」と最初驚いた、と目を細める。

イチゴ君は公務員志望。
「今はゴムを引っ張ってためている状態で、大学を卒業したら、その力で飛び出す。それがどこへ行くかはこれから考える。」

イチエ君
「引っ張ったらためないで飛び出してみて、また引っ張って飛び出せば?やってみることで段々自分が求めるものがわかってくる。」

村長に代わって、炭焼き体験を中学生に教えるイチエ君。いきいきとしている。

気負いもなく、まっすぐに、自分の気持ちに正直に生きるって、易しそうで難しい。それを自然体でやっているイチエ君!
すがすがしくて感激しました。

---------

番組サイトの「見る」をクリックすると、若い人達(そうでない方も多少)の意見が載っていて面白いですよ。

« サンゴ礁の年 | トップページ | でっきるっかな? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/17733315

この記事へのトラックバック一覧です: イチエくん:

» 佐世保での散弾銃殺人事件,再度メールリストに投稿 [ペガサス・ブログ版]
市民運動系の二つのメールリストに再度投稿しました.(一部字句修正あり)  前回の投稿内容はこちら 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 昨年12月23日の投稿で,「警察を,国家権力の道具からその本来あるべき姿,つまり市民の安全に奉仕する組織にできるだけ近づけることは,市民や市民運動の重要なテーマ」だという観点から,佐世保の散弾銃殺人事件を取り上げました.そして,この件では警察やメディアの態度の異常さが“具体的に”明白なため,これらを「非常に追及しやすくなってい」ると述べました. つまり... [続きを読む]

« サンゴ礁の年 | トップページ | でっきるっかな? »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30