« いいの? | トップページ | 写真展とトークイベント »

お手本はキミだ

071025_12500002 071025_12500001

高原の秋。今年は紅葉がまだ。

 *****

    *****

 *****

何となくテレビをつけたら、動物の群れが映っていました。
バイソンです(牛の仲間。バッファローのこと)。写真 

何十頭ものバイソンの群れが川を渡っていきます。そのうち一頭の子どものバイソンが渡りきれずに流されていきます。何キロも下流に流されながらも、やっと岸にはい上がることができました。

こんなふうに移動の途中では、何頭ものバイソンが、渡りきれずに命を落とすことも珍しくないと言います。

ではなぜ、そんな危険を冒してまで、群れはエサとなる草の豊富な土地を離れて移動して行くのか?それは、一カ所の草を食べ尽くさないためなのだそうです。

バイソンはすごく大食漢で、一度に何十キロも草を食べるため、何十頭もの群れが毎日食べ続けたらアッという間に、草地は丸坊主になってしまうからです。

移動して食べることで、次に同じ土地に戻って来るときには、再び草が育っているのです。バイソンは本能的にそのことを知っているんですね!!!

  ……………

それから数日して、たまたまテレビをつけました。モンゴルの草原が映っていました。アジア各国の中高生30人がモンゴルで環境について学ぶワークショップでした。

現地のモンゴルでは、生計のために羊たちの数を増やしたところ、羊たちに食べられて草地がどんどん減りました。緑一面だった大地が赤茶けて、ほとんど草のない大地に変わってしまったのです。

危機感を持った地元の人達はいろいろ努力しました。そして最近になって、やっと緑の草地がよみがえってきたのです。

地元の人達がどんな方法で草原を復活させたかというと、羊が一カ所の草を食べ尽くさないように、羊を移動させながら育てるという方法だったのです。

そうなんです。バイソンがやっていることなのです!!!

人間は自然から学ぶことがまだまだありそう。というより、自然から学べばいい。…それだけなんですね。

動物や植物が自然界で共存していること、そこから学ぶことで人間も一緒に生きていくことができる。そんな当たり前のことに今さらながら気づいて、何だかすごく感動しました。そしてすごーーーく納得してしまいました。

バイソンが偉く見えてきましたよ!

« いいの? | トップページ | 写真展とトークイベント »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/16925733

この記事へのトラックバック一覧です: お手本はキミだ:

« いいの? | トップページ | 写真展とトークイベント »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30