« ビルマの美しい姉妹 | トップページ | アオサンゴ »

県民大会 in 沖縄

沖縄の県民大会はすごかったですね。11万人の人達が、教科書の間違った記述を訂正して子ども達に正しい歴史を伝えてほしいと、政府に訴えました。

当然のことをしていない国に対する、当然の声なのですが、それが一人ひとりの意思として示されると、改めて民主主義って本来こういう力を持っているんだと、感動しました。
沖縄の皆さんに感謝したい気持ちです。

ばるタンさんのブログに詳しい報告があります。

参議院議員の保坂展人さんが、県民大会の後、渡嘉敷島にわたって現地で集団自決を体験された方からお話を聞き、報告されています。

集団自決の現場は、山奥の35~45度もあるような傾斜のきつい藪の中だったとは、私も知りませんでした。あるイメージが作られていくのは恐いですね。戦争中のことは、沖縄に限らず、まだまだ知られていないことが少なくないのかもしれません。そしてそれを語れる人もどんどん少なくなっていきます。

歴史を正しく記述して残していくこと、子ども達のために絶対必要だって改めて思わずにいられません。

« ビルマの美しい姉妹 | トップページ | アオサンゴ »

「平和」カテゴリの記事

コメント

 まだ日本人の中にもあれだけのエネルギーが残っていたことに正直驚きました。
 心配なのは、これに対して「数の力で歴史の真実を捻じ曲げようとしている輩がいる」と(自分のことは棚に上げて)言い出す人たちがいるであろうということです。
 文部科学省は、どう動くでしょうかね。役人の本性から、どう転んでも自分の責任にならないようにするのは、確実ですが。

長野のルチさん、コメントありがとうございます。

ハンドルネーム変えられました?

>心配なのは、これに対して「数の力で歴史の真実を捻じ曲げようとしている輩がいる」と(自分のことは棚に上げて)言い出す人たちがいるであろうということです。

その心配はないのでは?「数の力」でねじ曲げられた結果、11万人が立ち上がらなければならなかったのですから。先の国会運営など「数の力」よりさらにひどい「数の横暴」の見本市みたいでしたし…。いくらなんでもその現状をさておいて「数の力」とは言えないと思うのです。

文科省がどう対応するか楽観はできませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/16647506

この記事へのトラックバック一覧です: 県民大会 in 沖縄:

« ビルマの美しい姉妹 | トップページ | アオサンゴ »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30