« 母乳ってすごい! | トップページ | ビルマの美しい姉妹 »

食卓にも・・・

アメリカ 80、 中国 150、 ノルウェー 250、 日本 350

この数字なんだと思われますか?

日本が一番多いこの数字。
実はお魚の消費量をお皿の数で表したものです(数値の記憶はちょっとあいまい)。

ビックリしました。日本人てこんなにお魚を食べていたんですねえ。

ところがそのお魚が、他の天然資源と同じように漁獲量が減ってきているそうです。このままでいくと2048年にはお魚は全滅なんだそうです!日本人にとっては死活問題ですね。

たとえば、サバ。水揚げされるのは三歳魚ばかり。産卵できるのは三歳魚からなので、1~2歳魚や、その上の4歳魚もほとんどいない現状では、産卵できる3歳魚を採り尽くしたら終わりということです。

ウナギも日本で捕れなくなったので今ではヨーロッパウナギが主流。日本で食べない魚種は輸出したりして、今では世界中で相互に流通するので、近海で捕れなくなってもわからないのですね。

それにしても、サバが捕れなくなってしまうなんて!
サバは健康にいいだけじゃなくて、安くておいしい庶民の味方ですものね。

特に旬の時季に作られたサバの水煮缶は、野菜と一緒に煮るだけでおいしい一品になります。ほとんど調味料もいらないし、手抜き料理の代表選手みたいなもので、これがなくなるのはワタシ的にと~っても困るのです。

魚を捕り尽くすのも人間のエゴなら、食べ続けたいから持続可能な漁をしようというのもエゴかもしれません。とはいっても、やっぱり元からあった資源を絶滅させてしまうのはいけませんね。

だからやっぱり絶滅しないように保護しながら、自然をお裾分けしてもらう謙虚な気持で、持続可能な漁をしていくのがいいのかなあと思ったりします。

急に100円のサバ水煮缶が貴重品に思えてきましたよ。今度買い物に行ったら、トレイのお魚をまじまじと見てしまいそうです。

サイエンスZERO

« 母乳ってすごい! | トップページ | ビルマの美しい姉妹 »

「環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/16542947

この記事へのトラックバック一覧です: 食卓にも・・・:

« 母乳ってすごい! | トップページ | ビルマの美しい姉妹 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30