« 未知の世界 | トップページ | 3/21ピース・イベント »

菜バナ

Nabana あんまりきれいで食べるのがもったいない。っといって飾っておいたら、トウが立ってしまいました。(^ ^;
湯がいたら、茎が硬いのなんのって・・・。鑑賞していないで早めに食べましょう。

このから元気をもらって・・・。書きます。↓

☆ ☆ ☆

10日ほど前に国民投票法案について書きました。→こちら。 その後、15日に突然「憲法特別委員会」が急きょ開かれ、公聴会を一回だけ開くという内容で強行採決されてしまいました。(全国でたった一回、3時間だけ、22日に東京で公聴会を開いて、これで国民の声を聞いたことにしてしまうの?!わお~!)3月末にも国会を通すつもりのようです。

民主党は、せめて8回開くよう要望していました。8回だって少ないし、第一、法案の中身についていったい私たちどれだけ知らされているのでしょう・・・。

当日の生々しい国会の様子

一方、法案成立を推進している人達からは、国民投票法案が民主党に譲歩しすぎて「憲法改正阻止法案」になってきているのではないかと、懸念する声があるそうです。(「国民投票法案 与党修正案に懸念 自民議員ら」ヤフーニュースなので早めにみてね)

同じ趣旨の推進している人の意見(「民主党案に譲歩しすぎると、憲法改正にならなくなっちゃうよ」と心配している教授。)

これで、自民党の目指す国民投票法案が憲法改正とセット、というかむしろ一枚岩だということがハッキリ裏づけられます。今進んでいる国民投票法案は、日本を戦争のできる国に変えるための一歩です。

進めている議員達は、世論にはとても敏感です。私たち一人ひとりが関心を持つこと、話題にすること、ブログやメールに書くことで流れが変わる可能性もじゅうぶんにありますね。

こんなコトがあるらしいよ、なんだろうね、と関心を示すところから・・・。

« 未知の世界 | トップページ | 3/21ピース・イベント »

「平和」カテゴリの記事

コメント

さくら子さん、ご無沙汰しております(__)

 この件について、私もまったく同様の懸念を持っています。
 まだ詳しく内容を見ることができていないのですが、国民投票法案は、憲法改正を目的としていますが、特に憲法改正だけに目的を絞った特別措置法として制定されるようで、決して国民の意見を広く聞くための一般法とされる訳ではないようにも伺っています。実際どうなんでしょうね。

 一番の懸念は、百地氏の申されているのと全く逆で、現在の世論は、憲法改正は致し方ないとの見方が多数ですので、国民投票が実現すれば、簡単に憲法改正できてしまうという現実にあります。

 既に時遅しの感も強いのですが、仰る通り、偏った意見ばかりが広く流布される社会は大変まずい状況ですので、正しい意見を書ける方に広く現実を伝えて頂いた方がいいですね。

 この記事にリンク張らせて頂きますことをお許しください(__)

 あ、ばるタンさん、ぱに織り、大事にさせて頂いてます(__)

jitohさん、こちらこそご無沙汰しています。

何か変、と思ったことは簡単にナットクしないでおこうと思っていますけど、この頃それが多すぎる気がします。時すでに遅しであってもなくても、あきらめることはできません。というより、あきらめることは許されないように思います。あきらめることは未来の世代をあきらめることですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/14308241

この記事へのトラックバック一覧です: 菜バナ:

« 未知の世界 | トップページ | 3/21ピース・イベント »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30