« ジュゴンのアピール | トップページ | 辺野古つながり »

シマウマの縞

ふだん何気なく見ていて何とも思わないのに、一度不思議だなと思うと限りなく気になり出すことがある。

たとえば、・・・・

シマウマの縞模様。

あの曲線のボディに隈なく描かれた(というか、生えた)縞模様。4本の脚はもちろん、鼻先を除いてタテガミからシッポの付け根まで、全部シマシマ。

タテの縞、斜めの縞、ヨコの縞。縞と縞がぶつかって枝分かれした所など、実に芸術的。今まで○十年生きてきて、どうしてこんなすごいことに気がつかなかったんだろう。どうしてコレをスゴイって思わなかったんだろう。

どうやってこの模様を描いたの、神様?

・・・・・

シマウマ、見てみてね。(安佐動物公園のシマウマに勝手にリンクさせていただきました)

ワタシが見たのは雑誌の写真…チャップマンシマウマでした。

« ジュゴンのアピール | トップページ | 辺野古つながり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・ほんと!アーティスティック!
特に顔は仮面のよう!
個体差があるようですね。
アフリカ民族の顔や身体に施す化粧は動物を真似たのだというのがよくわかりますね。

あざみ子さん

>個体差があるようですね。

それぞれ模様が違うのが、またすごいでしょう?
感心してしまう。
あの化粧やペインティングは動物の真似だったんですか!ナットク。

思わず、シマウマの真似・・・・・?
想像しちゃいました。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/13997307

この記事へのトラックバック一覧です: シマウマの縞:

« ジュゴンのアピール | トップページ | 辺野古つながり »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30