« ティータイム | トップページ | 日本の青空 »

機械だったの?

人間は数に置き換えられない。だから、多いとか少ないとか人数に置き換えて考えるときは、ものすごく慎重にしなくてはいけないんだなぁと思ったことがありました。

以前、大田昌秀さんの講演を聞いたときのことです。大田さんは沖縄戦で九死に一生を得て、その後沖縄県知事になりました。

大田さんの話には何度も沖縄戦の戦死者数が出てきました。大田さんはそのたびに「18万8136人(だったか、とにかく1の位まで)」と言っていました。「18万8136人」「18万8136人」・・・。講演の中で一度も「約18万」とか「19万弱」とか言いませんでした。

もちろん要約して表現しなければならないときもあるでしょうが、沖縄県知事である大田さんとしての、一人ひとりの生命への尊重であり、自戒でもあったのだと思います。

同じような生命への配慮では、養老孟司さんがこんな意味のことを言っています。「<本日の交通事故の死者数>とかいう掲示があるけれど、あれはおかしい。人の死は数に置き換えられないからだ。多いか少ないかで語れない。それを数にしてしまったから、人の死(生)が見えなくなってしまっている。」

統計などでどうしても人間を数に置き換える必要があるときには、細心の注意を払い、普段以上に人権を意識しなくてはいけないのだと思います。

柳沢厚生労働大臣が「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と、女性を機械にたとえて、少子化対策を解説したそうです。「機械って言ってごめんなさいね」と言いながら話したというのですから、開いた口がふさがりません。

即刻大臣をやめていただきたいです。とにかく私は、非常~~~に、気持ち悪いのです。

参考)・ナチスドイツの「レーベンスボルン計画
    ・「産む機械」という芸術作品(H.R.ギーガー(美術館)…映画「エイリアン」のデザインで有名)

« ティータイム | トップページ | 日本の青空 »

「心と体」カテゴリの記事

「社会」カテゴリの記事

コメント

発言の「一人頭で・・・」というのが意味不明なんですけど、子供を一人で製造しろってことかな?
クローン?
いろんな意味でやめてほしいです。

女性一人が何人産むかという計算上の発想しかないんでしょうね。相手の男性の存在などまったく意識にないのでしょう。

そうか、クローンという手も考えている?
まったく、どの意味でもやめてほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/13705806

この記事へのトラックバック一覧です: 機械だったの?:

» 英国核兵器の廃棄を求めるネット/紙の署名を始めました [ペガサス・ブログ版]
英国核兵器の廃棄を求める署名 →署名サイトへ直行 英国では、現在の核兵器システム「トライデント」が十数年後に耐用年数をむかえるため,新しいシステムに更新するか、それともこの際核兵器システムを廃棄するかという議論が起こっています.3月にもイギリス議会で議論が行われる模様です. 世論調査では、国民の大半は,この機会に核兵器を廃棄することを求めていますが、ブレア首相は自らの任期は残り少ないにも関わらず、多額の国家予算を投じて新しい核兵器システムを構築する意向です. 現在,トライデント原子... [続きを読む]

» 「女性は子どもを産む機械」…実は重要な問題をかかえている? [dr.stoneflyの戯れ言]
 しかしアパ壷内閣は酷いね。こうねぇ、なんちゅうんかなぁ、「ずる賢さを感じない稚拙さってのが救い」っていう哀しいレベルでしか語れないもの悲しさ。心底頭悪いというか感性が悪いというか、これが伝統重視のバカの弊害というかな。現内閣は壷審判長のもと低レベル選手権を勝ち抜い最悪の選抜チームって感じで、ブログネタには事欠かないが、こんな気分の悪い事がネタになってもなぁ、全く喜べない。  で、今回は何を言いたいかというと柳沢厚相の「女性は子どもを産む機械」って発言である。産む「機会」じゃなく「装置...... [続きを読む]

« ティータイム | トップページ | 日本の青空 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30