« やさしいことばで | トップページ | カラッポ! »

迷いどころ

食品の賞味期限が一日だけ切れているとき、皆さんはどうしますか?

私の場合、物にもよりますが、まず見て、匂いをかいで、さわってみて、色や形状、感触などから判断します。五感に頼るというわけです。そしてたいがいの場合は、OKサインが出て、食卓に上ります。と、もったいぶって書くまでもなく、一日(二日?三日?)くらいならほとんど問題なく食べちゃいま~す! ^^;

大体あの賞味期限はあまり当てにならないと思っています。賞味期限内でも夏場など傷みかけている場合もあるし、物によっては賞味期限から2~3週間経ってもなんともないものもあります。ということで私は自分の五感が判断基準です。

でも気になる人は一日でも過ぎたら気になるし、これは個人差が激しいと思います。経験から言うとご年配者は自己判断が基準で、比較的若い人は表示を判断基準にしているようにも思います。(親の影響で、我が家のように若くても自己判断、ほとんど食べちゃう派もいますから一概に何とも言えませんが (^ ^;)

    ○ ● ○ ● ○

ところで企業の場合はどうなんでしょう?某洋菓子メーカーが賞味期限が一日切れた牛乳を使用して問題になっています。安全が保証されないのは困るので、その点はキチッとやってもらうとして、本当に賞味期限が一日切れると加工するにも向かないのでしょうか。もし加工方法によっては使えるなどとなれば、利用度も上がります。

ちなみに大手コンビニチェーンが一年間に捨てた賞味期限・消費期限切れ(または間近の)食品は400億円にも上るそうです。他の企業も含めると、日本全体で一年間ではどれくらいになるのか。デパ地下のバイトをした主婦が、一日の最後に捨てられる食品を見るのが辛くてバイトをやめたという話も。
環境gooロハス

安心して食べられて、同時にムダのない消費・・・むずかいけど、考えないと・・・。大丈夫だからといって何でもカアチャンのお腹にいれるわけにもいかないのよ。そんなことしたら今度は医療費(&衣料費)がかさむんだから。

« やさしいことばで | トップページ | カラッポ! »

「たべもの」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「社会」カテゴリの記事

コメント

賞味期限は消費期限ではないと思ってるので、私は過ぎてても結構食べちゃいます。納豆とかは結構すぎてても「もともと腐ったものだしいいよね~」?と、かなりすぎてても食べますが大丈夫ですよ~。
私のお友だちに牛乳屋さんがいたのですが、賞味期限が過ぎて3日くらいたった牛乳をどうしようかと電話したら(小学生のころ)、そこのお母さんが「大丈夫だと思うよ~。でも心配ならプリン作ったりするのに使えばいいのよ~。」とおっしゃったのを今でもよく覚えてます。

納豆とヨーグルトはかなり大丈夫ですよね。
日付が昭和のはやめた方がいいですけど^^
賞味期限だけで判断しない方がいいと思っております。
古い物を無理に食べることはしなくていいけど、さくら子さんがおっしゃるとおり賞味期限内であっても保管や流通過程の状況で早くだめになってしまうものもありますね。
口に入れた物を「あっ!変!」とぺっと吐き出す。そんな本能も大切だと思います。

>kijimunaさん

うちも昔は牛乳がヨーグルトっぽくなってたりとかありましたが、捨てた記憶はあんまりなかったような…。母はかなりリスキーでも捨てませんでした。「戦時中はね、食べる物がなくて」というのが口癖でしたから、捨てるなんてもってのほかだったと思います。

昔の牛乳は傷みやすいけどおいしかった。低温殺菌牛乳だったのでしょうか。

>ばるタンさん
口に入れた物を「あっ!変!」とぺっと吐き出す。そんな本能も大切だと思います。

そうなんですよね。自然に身につくと思っていたら大間違いでした。子どもが小さいとき、腐った物を「そういう味だと思った」と食べてしまった時は焦りました。食べられるかどうかを見分けるのも大事な生きる知恵。子どもにはカビも見せておいた方がよさそう。

昭和生まれの缶詰も、どこかにありそうですね。(^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/13443475

この記事へのトラックバック一覧です: 迷いどころ:

« やさしいことばで | トップページ | カラッポ! »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30