« 沖縄(6)…平和の礎(いしじ) | トップページ | これもシーサー »

長老のことば

       ☆☆☆ (ボクの、ワタシの未来)Baby1

    ☆☆☆

地方の、ある町に、国が後押しする大きな仕事の話が持ち込まれました。町では大喜びで賛成する人たちと、環境と安全性に不安があるからやめようと反対する人たち、両方の意見が生まれました。そして町の議会には、賛成派と反対派、双方から陳情書が寄せられました。

ところがなんと、議会は賛成意見も反対意見も話し合わないことに決めてしまったのです。つまりどちらの陳情書も議会でとりあげないことにしてしまったのです。これらを見ていた町の長老は、町長に手紙を書きました。

「目先のことにとらわれず、将来この町が良い判断をしたと誇りを持てるような町としての決定をしてほしい。町長はその決断から逃げてはいけない。」(私の意訳、→正確にはこちら

それから程なく町長は「国の仕事の受け入れに応募しない。」と議会で発言し、町は今まで通り、自然環境を守って、地域の産業と文化を育てていく道を選びました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは高知県津野町でのごく最近の話です。↓こちらのブログです。
「それがたまるか!土佐の高知に『核のゴミを埋め捨て』かえ?」
(地方にどのような圧力がかけられ、それをどのように切り抜けたか。普通の市民の目線で、わかりやすく書かれています。)

実際には長老一人でなく、40名の連名による申入書です。
津野町は日本で最後の清流と言われる、四万十川の流域に位置する町です。国は、高レベル放射性廃棄物の処分場をつくらないかと持ちかけ、あの手この手で攻めたてました。

それに対して、住民の反対運動、周辺議会の反対決議、町の長老達の進言、これらが功を奏して危険な施設の設置をようやく免れたのです。
原子力発電環境整備機構(NUMO)というのが、「絶対安全です」と言ってくるのですって。放射能の危険性は半永久的で、絶対安全なんてことはありえないのに。

国は、年中こうやって、日本のどこに原発関連施設を作ろうかと、経済的に苦しい地域にねらいさだめて、お金を落とそうとしています。そこで犠牲になるのは生命と環境と人のつながりです。そうした中で、津野町の皆さんの努力と成果に励まされます。

世界的規模で原子力推進に流れが変わりつつあるとの報道もあります。(ヤフーニュース「ヒジサンケイ ビジネスアイ」)
本当にがっかりです。
(でも、マユツバで聞いておきましょうね。こういうニュース自体、あきらめさせる手かもしれないから。→ 疑い深く、性格悪くなっていきそう。 ^ ^;)

世界の流れがどうであれ、津野町のような地域ごとの地道な成果は、人の心や、生きていることそのものの意味を改めて思い起こさせてくれます。未来の子ども達のために、進むべき道は一つ。あきらめず、どこまでもあきらめず、やれることをやりましょう。(って、自分に言ってますね)

« 沖縄(6)…平和の礎(いしじ) | トップページ | これもシーサー »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

コメント

住民投票の仕組みが改正(悪)されて、このような住民運動はやりにくくなるだろうと思っていましたが、津野町の皆さんは頑張ったのですね。

日本人は従順や素直を美徳と考えることに慣らされて、いざという時「反対」と言えない人間が多いと思います。その中で「反対」を押し通した勇気はすばらしいですね。

従順で素直な扱いやすい人間を必要としているのは、誰なのか、それはなぜなのか、考え直す時が来ているのでしょうね。

ところで「世界的規模で原子力推進に流れが変わりつつある」・・やはり自然エネルギーだけでは全人類の需要に応じられないのでしょうか。だからといって需要(人口)を減らすための大量殺人(戦争)なんて愚策はご免です。

原子力でも戦争でもない、別の道がきっとありますよね・・・。

住民投票が改悪されてたんですか?
知らなかったです。

従順や素直は時として、「長い物には巻かれろ」にもつながりますから、要注意ですよね。

>やはり自然エネルギーだけでは全人類の需要に応じられないのでしょうか。

エネルギー政策費の95%は原子力に使われていると言います。当然、原子力推進の宣伝も多いはずです。電気を使わせるための宣伝も。

浪費をあおって、不足するから原子力をと言うのも、陰でしっかり儲けている人達の作戦ですよね。
原子力も戦争も、どちらも被害は弱い者に集中しますから、素直と従順から抜け出して、もっと自分たちの意見を言っていかないと、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/12524477

この記事へのトラックバック一覧です: 長老のことば:

« 沖縄(6)…平和の礎(いしじ) | トップページ | これもシーサー »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30