« ホントのところは | トップページ | 沖縄(2)…佐喜真美術館 »

一年ぶりの沖縄(1)

Live0610 一年ぶりの沖縄、マイルストーンの下地勇ソロライブに行ってきました。マイルストーンは港に面したビルの7階。ここの気さくで和やかな雰囲気が気に入っています。5枚目のCD発売後、初のソロライブでちょっとお祝い気分のライブでした。17曲も堪能させてもらいました。

例の小話「一郎次郎三郎・香港編」も、一度聞いているのにまた爆笑。これは下地勇の話術だ!

私は開演直前に着いたので、オーナーに空いている席を探していただいた。
「相席でもいいですか?」
  「ええかまいません。」
「男性ばかりですけど。」
  (見ると、比較的前の方の席だし…)
「ええ、いいですよ。」

ということで案内されたのが、4人掛けの丸テーブルの空いている一つ。男性達は会社の同僚3人で来られたTさん、Sさん、Mさん。当日一人キャンセルになって空席になっていた席でした。3人とも宮古島出身で、今は沖縄本島にお住まいだそうだ。同じ宮古でも下地さんの方言の歌はほとんどわからないという。それというのも宮古には方言が13もあって、隣の村の方言は同じ宮古でも通じないのだとか。Sさんはアマチュアで音楽活動を続けて30年、会社のテーマソングまで作られたという。こちら→(沖縄の空気を感じられるステキな曲です)(右上の「テーマソング」から…紅型染めもすばらしい)

宮古島の前浜のすばらしさや、伊良部島の砂の白さ、「ひめゆりの塔はぜひ行ってほしい」などなど…、

歌の合間にはそんなこんなの話題でも盛り上がりました。
ライブ終了後、マスターが下地さんを案内してテーブルに来てくれた。(Sさんとマスターは高校の先輩後輩だとかで)

テーブルに私が座っているのを見て、下地さん、
「○○(私の名)さん、どうしてこんな所にいるんですか??!!」

(へ、へ、へ、おどろいた?…ひそかに面白がるワタシ。)
「偶然、この席に案内してもらったんですよ。お話が面白くて・・・」
(マスター)「良かったでしょう?ボク見る目があるんですよ。」
Sさん達も立ち上がって、口々に自己紹介。

ライブの生の歌と演奏、そして思いがけない出会い。旅の醍醐味の一つはやっぱり「人」ですね。

(写真はライブ終了後、音響のお二人をバックにして。
このライブハウス、以前、下館直樹君の写真にもたまゆらがたくさん写っていた。)

« ホントのところは | トップページ | 沖縄(2)…佐喜真美術館 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/12500095

この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりの沖縄(1):

« ホントのところは | トップページ | 沖縄(2)…佐喜真美術館 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30