« 平和はここに | トップページ | チップス先生のティータイム(つづき) »

チップス先生のティータイム

Tips

最近は著作権期限が切れたとかで、古い名作映画が格安DVDになっています。先日、所用で銀座へ行ったとき、本屋さんの店先に、往年の名作映画がズラーッと500円で並んでいました。目移りした末、ようやく2本だけ選んで買いました。

そのうちの一つが『チップス先生さようなら」です。(1939年制作 アメリカ映画)

主演のチップス先生を演じたロバート・ドーナットはこの映画でアカデミー主演男優賞を受賞しました。このときノミネートされていたのが「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブルと「嵐が丘」のローレンス・オリヴィエだったそうですから、3本とも違う年に作られていたら良かったのに、もったいないですねえ。

さて、この映画の内容はさておき(オイオイ)、映画に頻繁に出てくるお茶の場面に、ちょっと心惹かれるものがありました。

実は、いつだったか英国式ティータイムのおもてなし、みたいな番組をNHKでやっていました。テーブルクロスや美しい花柄のティーカップ、三段式になった器に、サンドイッチやクッキーが盛られ、それはそれは優雅でした。大皿とティーカップだけの略式も紹介されていましたが、それでも私には敷居が高かった。ティータイムはたいへんねえと。

それが「チップス先生」の映画で、同僚の先生や、自宅を訪ねてきた生徒達とチップス先生が飲むお茶は、とっても手軽で、おいしそうで、何よりコミュニケーションのステキなツールになっていました。(つづく)

« 平和はここに | トップページ | チップス先生のティータイム(つづき) »

「たべもの」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/12211436

この記事へのトラックバック一覧です: チップス先生のティータイム:

« 平和はここに | トップページ | チップス先生のティータイム(つづき) »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30