« ホッキョクグマがおぼれる | トップページ | 一年ぶりの沖縄(1) »

ホントのところは

Denryoku前回、温暖化防止について書きました。

そしたら今朝の新聞にこんな全面広告が!原子力発電は資源のない日本が手にすることのできる「準国産」エネルギーで、それは同時に地球温暖化の問題もクリアできる、というような夢のあるイメージがうたわれています。
でも、本当かな?

「・・・石油への依存度は年々減少。今では石油に代わって、燃料のリサイクルが可能で、準国産エネルギーと位置づけられる原子力発電が、大切な電気の1/3を支えています。・・・」(東京電力)

ですと。

ちゃうちゃう、ちゃうでー!

「石油への依存度は年々減少。」???
・・・原子力発電所は何によって動くのでしょうか?
土地の開発から建設そして稼働、廃棄物処理まで、石油に依存しなくては成り立たないのが原発です。

・・・「燃料のリサイクルが可能」?
核燃料のリサイクルは、未完成の技術です。しかも非常にキケンで、おまけに膨大な費用がかかり、廃棄物をすてることもできないというやっかいな代物です。なので、世界の多くの国々はこの分野から撤退しています。そして自然エネルギーの開発に力を注いでいるのです。

古代エジプトは黄金や大理石の資源が豊富でした。しかしその栄華は、多くの奴隷たちの犠牲によって成り立っていました。同じように、原子力発電所は、そこで働く下請け、孫請けの作業員達による命がけの仕事によって成り立っています。

美しい黄金の輝きのかげに、語られない真実あり。そう言う意味では、古代の王国と原発は、大いに共通点があると言えるかもしれませんが…。

最後に忘れてならないのは、こんなに原子力発電が普及していくのは、エネルギー政策費の95%が原子力政策につぎこまれているからなのです。もっと自然エネルギーの開発に税金を投入すれば、どれだけ新規の事業や技術開発が進み、地域の活性化にもつながることか。第一、次の世代に負の遺産を残さずにすみます。これって大きいです。

« ホッキョクグマがおぼれる | トップページ | 一年ぶりの沖縄(1) »

「環境」カテゴリの記事

コメント

六ヶ所村に廻る風力発電の羽根はとてもたのもしく、「風の谷のナウシカ」を思いおこしました。
日本がこんなに原子力発電を推進するのはなぜなのでしょう。
もう、引き戻れなくなっているだけのように思えて仕方ありません。
まさか、プルトニウムを貯めこむためだなんて・・・思いたくないです。

「世界の多くの国々はこの分野から撤退しています。そして自然エネルギーの開発に力を注いでいるのです」・・・その一つである北欧の国で政権交代があり、また原子力発電に逆戻りするかも知れないと言われているそうです。

なんだか世界中が誰かのもくろみに飲み込まれていくようです。数年前に地元であった会合で「原子力発電を止めてはどうか」と発言したら、女性団体のメンバーから「いまさら原始時代に戻れない」と反撃されてしまいました。

地域ごとにローカルアジェンダを策定して、具体的に取り組むとよいかも知れません。私の町でもやっと最近になって市民銀行や風力発電に取り組む人が出てきました。タイミングはずれていますが、手遅れではないと思いたいですね。

さくら子さん、

 視点が私もいっしょです! この問題を取り上げてくださってありがたいです(__)

あざみ子さん、こんにちは。

 私も同じ想像をしておりました。この技術の蓄積があるので、日本での核開発は、着手から数ヶ月で出来るという話もあります。

☆Jitohさん

こちらでははじめまして♪
ついに核武装論を持ち出しましたね。
NHKに圧力をかけたひと!
もう、引き戻れなくなっているだけでは?
なんて書いたのはこれでも遠慮したのです。
「ふっふっふ、おまえも悪よのう・・・」
儲けることしか頭にない商人と悪代官としか(怒)

あざみ子さん
>プルトニウムを貯めこむためだなんて

実は貯めこむためにやっているんじゃないかしら。
海外での再処理の段階で失敗して、日本に返せなくなったときがあったらしいんです。そしたら、代替品を調達して返したとか聞いたことがあります。(推進派らしき人の書いたブログで読みました)
いらないものなら返してもらう必要ないと思うのですが、やはり再処理後にできたものがほしいんじゃ?コワイなぁ。

>PFCさん
女性団体のメンバーから「いまさら原始時代に戻れない」と反撃されてしまいました。

推進派の主張をそのまま鵜呑みにした言い古された表現ですね。何を勉強しているのかと反論したくなるような女性団体です。
原始時代なんかに戻らなくていいから、生活の見直しとエネルギー資源との冷静な検討がどうしてできないのかなぁ。不思議。

地域ごとの取り組み、勇気づけられますね。このままでは国のエネルギー政策が方向変換を迫られることも十分考えられるので、そのときのためにもとても重要だと思いますし、手遅れでもないと。

>Jitohさん
私も核が究極のねらいだと思っています。元々原発は、戦争終結当時、核開発の技術が途絶えてしまわないよう、商用に転用するということを隠れ蓑にして始められました。
だからあらゆる理由をつけて継続しようとしているのですよね。


あざみ子さん、

 すべてお見通しされてしまいました(汗 あざみ子さんの見解と私も同感です。お金儲けのために、人の命を犠牲にするのって、ありえないですよね~。許せません!

さくら子さん、

 あざみ子さんもですが、よく調べられていてびっくりです! そうなんですよね。この点では政府にはがっかりさせられっぱなしですね。というか、その背後には官僚、その後ろに圧力団体の影を感じますね。

 それより一年ぶりの沖縄本島楽しまれましたか? しかし、お若くお美しく、聡明でとてもお優しくて、とってもとっても感銘を受けました。って、うちなーんちゅに間違われる私って、ちょっとショックなようなうれしかったり(笑
 仕事もうまくいくように祈っています。機会がありましたら、私にも教えて欲しいというか、カウンセリングお願いしたい(爆 今後とも宜しくお願いいたします(__)

>Jitohさん

沖縄ではお目にかかれて嬉しかったです。まさかばるタンと一緒に待っていてくださるとは。ハッピーサプライズでした。

政治家に税金を使い、なおかつ私たちが政治家の分まであれこれ勉強して目を光らせていなくてはならないなんて、変です。税金返せと言いたいです。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/12443496

この記事へのトラックバック一覧です: ホントのところは:

« ホッキョクグマがおぼれる | トップページ | 一年ぶりの沖縄(1) »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30