« だったらブログで… | トップページ | 出て来ちゃダメ! »

また出てくる?

前回に続いて、お知らせ(その2)。

ゾンビみたい!また出てきそうです。何が?
いわゆる「共謀罪」法案がです。

以前、国会で廃案になった「共謀罪」がまた強行採決されそうな気配があります。10月24日の法務委員会で強行採決する準備を、政府与党が進めているそうです。とはいうものの、北朝鮮問題、補欠選挙結果など情勢が流動的ですので、準備の段階でとどまるかもしれません。
ぜひそうなってくれるといいです。そして二度と出てきてほしくないものです。詳しい情報はこちらをどうぞ。日本弁護士連合会 (内容を詳しく知れば知るほど恐いですよー。ゾンビどころじゃないかも。)

政府与党はフェイントをかけてくるかもしれません。「法案審議しないもんね」と見せておいて、反対の声を上げる間もなく、一気に強行採決に持って行くことも考えられます。前回までは市民の反対運動でつぶされてきたからです。

それにしても、なんでそんなに「共謀罪」を通したいんでしょうねぇ。
新しく法律をつくらなくても、現在の法律で国際的なテロ対策にも対応できるというのに…。現在すでにある法律で、国際的なテロ対策にも対処できることは、かつて政府自らが海外向けのメッセージの中で表明していたそうです。

ですから今さら、共謀罪がないと諸外国と歩調が合わないなんていうのは言い訳なんです。これでは共謀罪を通したいのは別の理由があるからだと思わないわけにいきませんね。

共謀罪の適用によって、国にとって都合の悪い団体や意見を封じようとしているとしか思えません。そうなったら個人の自由な発言が大幅に制限されることは目に見えています。そしてお互いが監視し合う社会になっていくんです。思ったことが自由に言えない社会なんて、まっぴらゴメンです。

街中に「監視カメラ」(最近は防犯カメラ」と言い換えている)が設置され、言論が不自由な国になってしまうとしたら、これって政府が盛んに「キケン、キケン」と言っているあのお隣の国と変わりないんじゃないでしょうか…。キケンと言って嫌っておきながら、一歩一歩その国と同じような国にしていく。どうもよくわかんないんですよね。この国を動かしている人たちはいったい何をやろうとしているのか???

人が信じられない社会で、子ども達が健やかに育つのかしら?
監視し合う社会で、夫婦は子どもを産もうと思うかしら?
そんな国で、希望や夢が持てるかしら?
そう言う国を「美しい国」というのかしら?

人が信じ合える社会であってこそ、人生の「花」も「実」もある。
だから私は「共謀罪」法案絶対NO!
皆さん、注目して見ていましょうねー。

« だったらブログで… | トップページ | 出て来ちゃダメ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

またまた記事、リンクさせてただきました。私は議員さんにメールは送ったのですが、ファックスをまだ送っていないので、今から送ります。

ニュース速報では、補欠選挙結果が二つとも自民党議員の勝利ですって。ガッカリ。
でもまあこの停滞感ではしょうがないかあ、と妙に納得。
とはいうものの、きじむな~さんとも出会えたし、こうしてお仲間が増えていくのだから、ヨッシャっとふんばるのだ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/12352996

この記事へのトラックバック一覧です: また出てくる?:

« だったらブログで… | トップページ | 出て来ちゃダメ! »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30