« ヒロシマから○○年 | トップページ | こんな赤 »

あってほしくないもの

昨日、ヒロシマのことを書きました。
その、世界で唯一の被爆国・日本に、一方ではこんな事実もあります。
琉球新報(2006/8/2)

沖縄の嘉手納基地には劣化ウラン弾40万発が貯蔵されていたのです。2001年のことです。非核三原則のある日本に、核は持ち込めないはずであるのに。日米双方は核の持ち込みはないと言い続けたけれど、おおかたの疑い通り、事実は持ち込まれていたのでした。

と言うことは、今現在だって…劣化ウラン弾は国内にある???

「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」
碑文の言葉のひとことは、もっともっと大事にされなくてはいけないはずです。子どもたち・孫たちへ、何を残し、何を残してはいけないか、八月は、毎年改めてそのことを思い起こさせてくれます。

でも、劣化ウランや原発などの問題は、すでに私たちの日常レベルの問題になってしまいました。年に一度八月だけなく、日頃から考えないといけない問題になってしまったのです。

テレビのドキュメンタリーで、劣化ウラン弾の構造が映し出されているのを見ていて、ふと思いました。
「何で一般人の私が、こんな兵器の構造まで知らなくてはいけないの?!」

私は兵器の構造なんて知りたくない
知る必要のない世界に住みたい、の・よ

« ヒロシマから○○年 | トップページ | こんな赤 »

「平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/11316148

この記事へのトラックバック一覧です: あってほしくないもの:

« ヒロシマから○○年 | トップページ | こんな赤 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30