« セットメニュー | トップページ | 子どもの泣き声 »

だくら

Karuta

斎藤次郎さんの著書「子どもと暮らすということ」に面白いカルタが紹介されている。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

三重県四日市市の本屋さん「メリーゴーランド」の2,3階に「遊美術」という子どもの造形と遊びのスペースがある。ここに通う子ども達(小学生と幼児)が作ったカルタである。

名づけて「ポストモダーン・カルタ」。インストラクターのおとなは自前の印刷機でカルタを仕上げることだけを手助けし、できるだけ子どもの伸びやかさを壊さないようにと配慮してできあがったものだ。

カルタのしおりには
1.遊美術の小学生が作った、笑っちゃうカルタです。
2.ためにはなりません。
3.大勢でやると楽しいので、楽しんでください。
 とあるそうだ。

なるほど「ためになる」ようなシロモノではない、と斎藤さん。誤字もあるし、意味不明のものも。「…相田みつをも真っ青という闊達な筆運びは、初見ではなかなか読めない。」

実際に子ども達とカルタをやってみると、「いろはカルタの単調さを見事に覆し、その場は困惑と興奮のるつぼと化していった」そうだ。

一例を。
え…えんとつにさいがぶつかりまっぷたつ
か…かんじわやっぱりむづかしい
さ…さけをのむとよっぱらい
ふ…ふうふでらぶらぶ
び…びんぼーだ
  などなど。
がぎぐげご、ざじずぜぞ、ちょ、というのもあるので、61組もあるのだ。

極めつけは、
だ…だくらにのた人
本には、絵札も載っている。串カツのようにも見える「らくだ」が描かれている。と言うより、私の目には串カツにしか見えない(串という字を横にしてご想像あれ。上の画像上から二段目。)

このカルタに見られるのは、「おとなの『教育』という名の介入が入る前の子どもの伸びやかさ」であり、ポストモダーン・カルタのポストモダーンは「『近代教育を超えて』遊びの世界へ、という志ではないか」と斎藤さんは書いている。

「だくらにのた人」は正しい書き方ではない、が、「あり」なのだ。

「だくら、らくだ、だくら、………???」あれあれ、ホントはどっちだっけ?

« セットメニュー | トップページ | 子どもの泣き声 »

「子育て」カテゴリの記事

「教育」カテゴリの記事

コメント

私は子供の書いたものを読んだり、描いた絵を当てたりするのが得意なのですが、さすがに「だくらにのた人」はわかりませんでした。
ほかは全部すぐ読めたのに、、、、絵を見ても判別できなかったデス。参りました!

ばるタンにも読めなかったとなると、超難度カルタですね。

おとなの想像の及ばないことをやってくれる、これが子どもの面白さだし可能性でしょうね。
な~んて、今だから言えますが、さんざんオロオロ、バタバタ、あくせく、ゼーゼーの子育て時代。余裕で楽しんだりできなかったなぁ。あー、もったいなナ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/11681298

この記事へのトラックバック一覧です: だくら:

« セットメニュー | トップページ | 子どもの泣き声 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30