« 大地と共に生きる | トップページ | もう一つのワールドカップ »

君が代と馬のおしり

やっぱり変!
歌わなかったら仕事をやめなければならなくなったり、映さなかったら予算をつける側から厳しい注文がつけられたり(これでは脅しだ)。これはどう考えても変。

何のことか、というと、例の「歌と旗」のことです。「君が代」と「日の丸」。

●NHKが日本ダービーの競馬中継をやったとき。
歌手が君が代を独唱しているときに、カメラが馬のおしりを映していたとはケシカラン。

●オリンピックで優勝した荒川静香選手が日章旗を体に巻き付けてウイニングランをしたとき。
突然VTRに切り替わったのはケシカラン。国際放送でスイッチングしてそうなったのなら、「ウイニングランを日章旗を持ってやりました」と実況放送したってよかった。

6月15日の参院総務委員会でNHKに対し、柏村自民党議員が厳しく追及したそうです。昨年3月の「クローズアップ現代」についてと、「競馬中継」について。
馬のおしりに至っては、戦時中の「不敬罪」の発想に近くないですか?天皇陛下の写真を納めた建物の前を通るときは最敬礼して通らないと、おとがめがあったという、あれです。

愛国心~国家~国旗・・・、こんなにまで強制しないではいられない心境ってなんなのでしょう。国会議員は、国歌だ国旗だと人に強制する前に、本当に国を誇りに思い、その歌や旗を大事に思うのならば、まず自分自身が公僕として恥ずかしくない行いをしてほしいものです。

そしてその一番の根本は憲法を守るということです。
憲法をないがしろにすることほど、国民を馬鹿にした行為はありません。
憲法を守る=国会議員がもし自分の国に誇りを持っているのならば、その一番の証はただひたすらこのことに尽きると思うのです。

国歌をバックに馬のおしりがテレビに映ったからといって、それで傷つくような誇りなら、そんな誇りはもともとないも同然ではないでしょうか?第一、誇りというものは声高に主張したり、人に誇示して見せたりする性質のものではないでしょう。

昔、息子が小学校に上がってまもない頃、トイレに座って大声で「きぃーみぃーがぁーあーよーおーわぁ・・・」と歌っていた時期がありました。ああ、こんな君が代の歌い方もあったのかと、調子っぱずれな幼い声を新鮮な気持ちでほほえましく聞いていました。そんな時代が懐かしくなります。

ついこの間、10年ちょっと前のことなんですよ。時代はこんなに曲がり角を曲がってしまったんですね。
歌ははればれ歌いたい、つくづくそう思います。

    ~~~~~~~
ところで、馬のおしりがなんでいけないの?馬に失礼でしょ!

« 大地と共に生きる | トップページ | もう一つのワールドカップ »

「平和」カテゴリの記事

コメント

馬の走る姿って美しい・・・
競馬に関心がなくても馬の走る姿は好きです。
お尻を写すのがいけないって、ご真影に背を向けたら失礼と言うのと全く、同じ次元ですね。
ダービーなのだから、馬のお尻こそ、写すべき!!

柏村議員って、どこかで聞いた名前・・・と思ったら、イラクで人質事件の3人を反日的分子、そんなもののために血税を使うな、と言った元中国放送(広島市)のアナウンサーなんですね。
また、また、ここにきて、ますます体勢翼賛に励んでいらっしゃる。
広島からこういうひとがでるということが、自民党としては、よほど意味があることなのでしょう。

>柏村議員って、どこかで聞いた名前・・・と思ったら、イラクで人質事件の3人を反日的分子、そんなもののために血税を使うな、と言った元中国放送(広島市)のアナウンサーなんですね。

なるほどね。
影響力のある発言をする人は、きちんと事実を把握した上で、意見を言ってほしいと思いますね。世の中の乱れというなら、それが教育基本法とどう関係しているかをしっかり検証してほしいものです。

今朝の東京新聞には、大阪の私立幼稚園で園児に教育勅語の暗唱をさせている所があると掲載されています。
「親を敬い、自分を高めるという精神を体現すれば、無軌道な方向には行かない」と園長。

だけど幼稚園段階の子どもに、教育勅語を持ち出さなければ教育できないとしたら、教育者失格だと思います。

幼児には教育勅語よりもっと素晴らしい教育の機会や体験がいっぱいあるのになぁ。もったいない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/10740271

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代と馬のおしり:

« 大地と共に生きる | トップページ | もう一つのワールドカップ »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30