« 思い出映画館 | トップページ | 辺野古は今 »

替え歌

君が代の替え歌があるそうだ。
卒業式で、意に反して歌わねばならなくなったときのため?
すでにこれを歌うしかない学校もあるなんて、ホント信じられない。
教育委員会のチェックが入るなんて。

それにしてもよくできてますねー。
巻き舌の外国人が、日本語を覚えたての時に君が代を歌うとこんな感じかも。

戦争や差別の悲しい思い出がいっぱい詰まった国歌でなく、新しく国歌を作ったらよいと思う。しかし、新しい国歌を作ったとしても強制的に歌わされたら、やっぱりイヤだ。いくら好きな曲でも、ある意図を持って無理矢理に歌わされたら、歌いたくなくなるのは人間として自然な感情だから。

その自然な感情を封じることは、とても暴力的なやり方だ。
替え歌が誕生すること自体に、すでに苦しい教育現場の叫びが聞こえる。

……………………

■「君が代」の替え歌 歌詞と訳
 【詞】
 Kiss me, girl, your old one.
 Till you’re near, it is years till you’re near.
 Sounds of the dead will she know?
 She wants all told, now retained,for, cold caves know the moon’s seeing the mad and dead.
 【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。

(産経新聞5/29webの記事より)

日本人の少女が従軍慰安婦に出会うという設定の歌とか。
詳しくは下の記事を読んでください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000000-san-soci

« 思い出映画館 | トップページ | 辺野古は今 »

「平和」カテゴリの記事

コメント

すごい!
高橋史朗・明星大教授(教育学)が、面従腹背だといっていますが、歌に共感して歌うのなら面従腹背ではないし、積極的に歌えばイイと思います(笑)

さくら子さん、

 これ存じませんでした、素敵! いい情報ありがとうございます(__)
 これ覚えます。そして、君が代歌えといわれたら、これ歌います私!!!

高橋教授のナイスなコメントに感動しました。
ちなみに高橋教授はこんな人だそうです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%8F%B2%E6%9C%97

>あざみ子さん
むしろ君が代を歌うことそのものが面従背腹になる人もいるから、替え歌がでてきたということですよね。そんな思いをしないですむよう、強制しないことが先でしょ?矛盾したことをやっているんだって、自分でわかっているのだろうか、高橋史朗氏。

>Jitohさん
国歌を強制することに何の意味があるのか、文科省や教育委員会は本気で考えたことがあるのでしょうかね。

>あをねこさん
そうなんです。埼玉県の教育委員なのですよね。
上田知事がイヤに肩入れしていて。そのおかげかどうか、埼玉では、通信簿に国を愛する態度が評価の対象になっている学校がいくつかあります。

本質的なことを生き生きと学べるよう、もっと力を注いでほしいです。ったくもー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/10307407

この記事へのトラックバック一覧です: 替え歌:

» [社会][詩・短歌]君が代の替え歌 [きびをむく少女の指先傷つきてラムの琥珀酒カリブの海より来たる]
はるのかんたんふで紹介されていて知りました。 心ならずも君が代を歌わなければない人のために、苦肉の策でつくられた替え歌ですが、日本人の少女が従軍慰安婦に出会うという設定。英語としてどうかはよく分かりませんが、傑作だと思います。 なぜ、君が代の替え歌が必要な... [続きを読む]

» 「君が代」裏技 [まみжぶろぐ]
卒業式、終業式の季節ですが そんな時、君が代を歌うことがあるかもしれません。 で [続きを読む]

« 思い出映画館 | トップページ | 辺野古は今 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30