« トトロ三兄弟 | トップページ | 書いてみよう »

愛しなさい

060522_15180001_1 (道路脇のバラが満開!黄・赤・ピンク・白…ずっと遠くまで続いて。)

★ ★ ★

   ★ ★ ★

「愛しなさい」と言われて愛することってできるの?
愛って強要するものなの?
愛したくなる国、誇りを持てる国になれば、言われなくても愛さずにはいられないのに。…っと、思うんですけど。

★ ★ ★ ★ ★ ★

世論調査で、政府が提出した教育基本法の改正案に5割以上の人が賛成と答えているそうだ。改正すること自体に反対と答えた人は全体の2割弱だという。(今月11日~14日青年男女2000人対象:個別面接方式で時事通信社が実施。)

正直いってビックリ!
こんなに多くの人が教育基本法を変えた方がよいと思っているなんて。本当なんだろうか?

教育基本法は戦後、憲法と双子の兄弟のような関係でできた法律だ。憲法が理念とするなら、それをどうやって具体化させるかの実践編のような法律が教育基本法だ。だから教育基本法を改正することは、憲法を改正することにつながる。

「子どもや若者がこんなになっちゃったのは教育のせいだ。そして教育が荒廃したのは教育基本法が悪いからだ」と言って、教育基本法を改正しようとするなら的はずれだと思う。だって、この教育基本法の「恩恵」を一番受けて育ち、その「成果」が出ているのは、子ども達よりもむしろ団塊の世代を含む、政治や経済の中心を担っている世代のはずだからだ。

だから、教育基本法を否定することは、おとなが自分たちを否定しているとも言える。それならそれで、まずしっかり自分たち自身を見つめ、どこをどう変えるべきかを検討しなくては順序が逆ではないだろうか。

子どもや若者がおかしくなったとしたら、育てた私達、そして社会を作ってきたおとな達の責任ではないのか。教育基本法のせいにする前に、まず私達おとなが自分自身の生き方を問い直すことが先では?

私達は気分を変えたいとき、散髪したり、美容院へ行ってヘアスタイルを変えたりする。部屋のカーテンを替えたり、模様替えをしたりする。ときには引っ越しすることもあるだろう。新しいことに取りくんで何かが変わることを期待するものだ。

でもそれと同じような気持ちで、国の理念や進路の変更を決めてしまってよいのだろうか。

「何となく世の中おかしいから、教育基本法を変えた方がいいんじゃない?」とか、「何となく雰囲気で変えたほうがいいかも」とか、そんなイメージ先行で、変えてしまうとしたらとても危険なことだ。

「もう二度とこんな悲惨な思いをしたくない。後世の人たちにもさせたくない」と誓って制定された憲法と、それを実行するための教育基本法。その重さをもう一度思い起こさないと取り返しがつかないことになるのではと、気が気でない。

法律も道具。今ある良い道具をまず使いこなすことでは?

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

(ここからは参考資料です。)
①時事通信の詳しい調査結果がウエブ上で見つからず、概略のみこちら。(いつまで掲載されているかわかりませんが)

②(東京新聞5/22朝刊の記事より抜粋。)
「我が国と郷土を愛する態度を養う」との文言が盛り込まれた政府案に「積極的に賛成する」…12.3%
「賛成する」…42.4%

「あまり賛成できない」+「反対」…27.1%

教育基本法「ぜひ改正すべき」+「改正すべき」…51.0%
[改正にはあまり賛成できない」+「改正に反対」…18.9%

政党別では、民主党支持者のうち
「政府案に積極的に賛成」…11.3%
「賛成する」…46.6%

文部大臣が「愛国心」について、学校でどんな始動がされているか実態調査を検討したいと言っている(産経新聞5/19)

« トトロ三兄弟 | トップページ | 書いてみよう »

「平和」カテゴリの記事

コメント

 教育基本法に「我が国と郷土を愛する態度を養う」という文言が盛り込まれれば、通知票に「我が国と郷土を愛する態度」についての項目が加わるでしょう。さらに内申書にも「我が国と郷土を愛する態度」の項目が出来るでしょう。そうなると、いくら学問が出来ても「我が国と郷土を愛する態度」に欠けていると評価された中学生は、一部の高校に行けなくなるでしょう。
 他にもいろいろ理由がありますが、教育基本法が毀損されたら、この国では学校では本当の教育ができなくなるでしょう。

私もいくつかの世論調査みて、あまりの少数派ぶりに驚いたというか、ポツンと孤独感を持ちました。

野球のWBCとか、サッカーのワールドカップとか、私も応援する一人ですが、「ニッポン!ニッポン!」の連呼が行き過ぎると違和感が大きくなる私です。

スマップの新曲、いい歌だと思いますが、「ようこそ日本へ」という広告看板を街でよくみかけるとみんな自信を持ちたいんだなぁと感じます。ご指摘のように、社会不安が高まるなか、何かよくなるなら変えたほうがいいという矛先が教育基本法や憲法の「改正」派の増長につながっているのではないかと思います。

>あをねこさん
通知票に「我が国と郷土を愛する態度」についての項目が加わるでしょう。

先生も困りますよね。どうやって「我が国と郷土を愛する態度」を測るのか。そのためにはわかりやすい「踏み絵」が作られそうな気がします。国旗を掲げる当番を作り、当番を忘れずにやっているかどうかとか、国家を大きな声で歌っているかいないかとか。

今でもすでに卒業式で声の大きさを調べているのですから、冗談と言って笑っていられなくなりそうです。


>tamyさん

野球もサッカーも盛り上がるのはいいと思いますが、他国の選手のファインプレーも楽しむくらいの余裕があったほうが気持ちいいですね。

自信を持つためには、愛国心を植え付けるよりも、「自分の考えを、自分の言葉で表す」と言うことを小さいときから教えることですよね。そうすれば大国にも物怖じせずに、言いたいことが言える自信を持った国になれると思います。

いつも不思議なのは愛国心を盛り込もうとする人たちが、どうしてアメリカの言いなりになる首相に何も言わないのかと言うことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/10190718

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しなさい:

» NHKのあからさまな誘導的「世論調査」 [ペガサス・ブログ版]
少しまえ,5月16日のNHKニュースで,自社の世論調査結果を発表していましたが,記憶にある方は奇妙な印象を持っておられませんか? 教育基本法の改正(改悪)についての選択肢が異常でした.それはたとえば,内閣支持率で次のような選択肢を設けるのと同じです. 小泉内閣を支持しますか? 次の中から選んで下さい. 1)小泉首相のヘアスタイルがいいから支持する. 2)中国や韓国に簡単に妥協しないから支持する. 3)アメリカと友好的だから支持する. 4)小泉内閣を支持しない. 実際の,教育基本法についての設問... [続きを読む]

« トトロ三兄弟 | トップページ | 書いてみよう »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30