« ふだんわね… | トップページ | 暗い映画を観ながら明るい未来を! »

盛りだくさんのライブ

060203_23050001         060203_23040001

四谷三丁目のメビウスというお店で、山口尚己さんほか多彩な出演者のライブがあるということで、行ってきました。バックのギターに下館直樹さんが出演。これまた、先日の音祭りとも、下地勇さんのツアーライブともまた違う一面を披露してくれました。

ホントにいろんな人が出演して、にもかかわらず不思議にアーティスト全員のエネルギーがふんわりいい感じに出会っていて、居心地が良かったです。お店の雰囲気も、落ち着ける心地よいものでした。ただ、タバコの苦手な私は、結構周りのタバコをもろに吸い込んじゃったようで、それがちょっと辛かったかな。

ともあれ、楽しめました。出演者はボーカルの山口尚己さん、鍵盤ハーモニカと、ピアノとカリンバ、口琴を演奏する夏秋文彦さん、そしてギターの下館直樹さん。ゲストにフラダンスの森尚子さん、ミュージック・ソウ(ノコギリ)のイトウマキさんという、多彩なメンバーでした。

一見すると何だかゴチャゴチャしてしまいそうに思うでしょ?それがぜ~んぜん。いい具合にハモって、でいてほどほどに遊んで…、という自然な感じで面白く、肩肘張らずに、癒されながらも、元気になるひとときでした。

三部構成でそれぞれに楽しめました。思いがけずお得な気分は、山口さんとデュエットした下館さんの「花」!良かったです。新しい「花」が咲きました。また聴きたいです。今度はソロで歌ってほしいですね。山口さんの声は優しく、それでいてどこか芯の通っているような強さも感じさせる魅力的な声。北国の春も良くあいます。オリジナルという「nandasora nandasora(なんだそら なんだそら)」だったかな、タイトルも曲も弾んでました。

フラダンスの森さんの素敵な笑顔としなやかな手の動き。ミュージック・ソウ(ノコギリの一方の端を足で固定して弓で弾く)の中空を無限に漂っていくような魅惑的な音、初めてだったけどまた聴いてみたい。鍵盤ハーモニカというと小学生の楽器を思い出すけれど、こんな素晴らしい音色だったんだなぁと、これまた楽しめました。

そうそう、この日も披露してくれた「サンバ・ソレア」、下館さんのオリジナルだったんですね。スペインかどこかの有名な作曲家の作品かと思ってたんです。失礼しました!名曲です!

« ふだんわね… | トップページ | 暗い映画を観ながら明るい未来を! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

メビウスのライブ、盛り沢山でしたねー!

会社帰りに駆けつけたので(ホント、四谷3丁目の駅から走りました!)
第1部には間に合いませんでしたが、2部に何とか間に合ってホッ。
ミュージック・ソウやフラダンスも楽しめましたし、
鍵盤ハーモニカは息の使い方で何とも言えない繊細な音が出るんですね。
懐かしい歌(特にゴダイゴ)も聴けて友人と盛り上がりました。
もちろん下館さんのギターも健在!

尚巳さんと2人で唄う「永久の満月」もまた良かった☆
山口尚己さんの歌声は不思議な魅力があります。
「北国の春」をあんなに綺麗に唄うなんて。
そして下館さんのギターで演歌聞けるなんてラッキーです!
いい歌も再発見!
「虹と雪のバラード」はホントにホントにいい歌ですね。

「音祭り」で聞いて大好きになったサンバ・ソレアは次回のお楽しみにします。
オリジナルだったんですね〜。凄い!
私もギターの巨匠が作った曲だと思って探してました。

前からお話したかった大本さんとライブの合間にやっとお話出来ました。
楽しかったです。ありがとうございました。

>コッコ鳩さん
こんばんは。
メビウスでは声を掛けてくださってありがとうございました。お話しできてよかったです。

ホントにいろんなジャンルの歌と楽器を楽しむことが出来ましたね。
中でも下館さんのギターは、会場や共演者によっていろいろな音色が聴けそう。

またお会いしましょう!
お友達にもよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/8508243

この記事へのトラックバック一覧です: 盛りだくさんのライブ:

« ふだんわね… | トップページ | 暗い映画を観ながら明るい未来を! »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30