« あ~、あと3日! | トップページ | 心と身体が踊る… »

2200kmは?!

060115sora 音祭りでお借りした座布団をお返しに伺いました。

 帰りに、ふと見上げた空。

一昨日、無事「2200kmを結ぶ!音祭り」終了しました。お越しくださった皆さま、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

何か書きたいと思いながら、まだちょっと落ち着いて書けないので、皆さんから頂戴した感想を代わりに、許可を得て転載させていただきますね。(その②を追加

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<感想のメールその①>

大本さま

音祭り、すごくたのしかったデス!!
お誘いくださって、本当にありがとうございました。

いや~
実は、というか実話。
大宮駅で財布が無いのに気がつきました。
suicaで自宅からぱぱぱと出てきたので、気が付かなかった。
でもパスネットがあったので、埼玉高速なんちゃらに乗れるかなと思って、改札
へ行ったら…
パスネットが使えない!!

自分のアホさ加減にけっこうガックリきて、私は知恵をしぼりました。
suicaの残金を換金しよう!
2000円ちょっとの残金を210円の手数料で換金。
これで帰りの電車代もあるし、大宮まで来たんだから(雨の中)GOGO!!

だけれども、雨がどしゃぶりで車窓から見る景色がまったくない。
私は一体どこへ向かっているのだ?!と、自分の人生を省みるようなキモチにな
りましたが、
持ってきた「猫語の教科書」(ちくま文庫)を読み、元気復活。

会場へ着き、トイレへ行こうと思ったら、長蛇の列!
大本さん、すごい!
すごい集客力!!

それだけ日々がんばっているんだなーとじんわりきました。

見知った人が居ないので、少し心細かったのですが、超顔色のいい大本さんの姿
をみて、一安心。

キテヨカッタ。

呪文のような、ほぼわからない下地さんのコトバは私を宮古島方言辞典を
amazonで買う気にさせました。
すごい!!

曲調もなんともジャンルわけできないような、すばらしさ。
なんていってるのか知りたい。
今度CD買ってきます。

英語よりも聞き取れない。
でもおかあさんとか、おとうさんって云ってたのはわかった気がする。

☆ ☆ ☆

そのあと不思議な人が登場して、これまたまた私は安心しました。
安心キャラですね。
ヒゲ面で、おもしろいけど。

ギターの丁寧な音の出し方は、ギターを愛してるんだな~と思いました。
あと正直っぽいところも、ご本人の気持ちのあらわれでしょう、音が。

私は去年、ピアノを再度弾きだしました。
というのも、ちっちゃいころやっていて(習わされていたというにふさわしい)、
これまた本当に、嫌いになってしまったのです。
ここ20年くらい、ピアノだけの曲を聴くと、おなかがいたくなり、不安な気持ち
になっていました。

だが!
高橋悠治のピアノを聴き、(ピアノからではなく、エッセイを読んだ)、
ピアノってすごい!
ピアノって自由!!ということがわかって、電子ピアノを購入し、チビチビ練習
し始めたのです。

本当にへたくそなんです。
ピアノがいやでいやでしょうがない、と書くと、さぞかし上手でスパルタ教育だっ
たのだろうと、思わせますが、全く違う。
本当にへたくそ。
15年くらいやっていたハズなのに…。
結構お金もかかっていたハズなのに…。

そういう後ろめたさから、さらにピアノを遠ざけていました。

がっ!
弾きたくなった。

あたしはへたくそでいいから、すき~というのをピアノで出したいなぁ~と思い
ました。
下館さんのギターを聴いて。

ツキスキの歌って、CDとかになってます?
あれ、いいですね。
コトバの使い方もあたし好みだ。

ボディパーカッションはあたしの肉をフルに使って、やってみたいとおもいまし
た。
講座があるときは、教えてください。

とにかくたのしかったです。
suica換金したおかげで、タンスにジュゴン(小)を購入することが出来ました。
タンスにジュゴン。。。。

なんともいいネーミング。
ジュゴンの絵が、これはジュゴンではないだろーよ、というのを購入いたしまし
た。

ではまた!                       (20代女性Mさんより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<感想のメールその②>  (抜粋)

会場はいい感じ。
一つのホールの半分をステージにし、半分が階段状の客席。
ステージと階段状客席の間の空間には「座布団席!」。

下地氏が言ってました。
「アリーナ座布団席にようこそ。そこに座るの勇気いったでしょう(笑)」。

語る声はものすごく低音でちょっとハスキーと言ってよいかな。
唄う宮古島の方言はまるでフランス語かイタリア語か。
あれは外国語だ!
おいでませ宮古島へ、とは言わなかったが、「宮古島に行ってみて
ください。何にもないけれど、無人島で360度海に囲まれ、一人で
ぼーっとしているのもいいもんです。宮古島の方言はまったくわから
ないでしょうけど、宮古島方言辞典も売ってるからそれで会話して
ください」だって(*^_^*)。

本人「歌が暗くてすみません(笑)」と言いながら、方言・標準語
織り交ぜての歌唱。
難しい音階(音程?)の歌もあって、それは流し聴きしました。
ただ、底に流れているリズムは心地よかったよ。

第2部の下館勇樹氏のギターは凄かった。
響きがあったかくてねえ。
ギターが語る、って感じ。
本人のキャラは、下地勇曰く「つかみどころのない人」。
「すき つき」「すき つき」の繰り返しから始まる「満月のなんたら(覚えてない)」と

いう自作の歌や、幼いひな鳥が羽ばたく模様を唄った歌とか、ユニークでありました。

最後のセッションは早いリズムにものすごく早口の宮古島弁での
歌ではじまって、それを「待ってました」とばかりに立って踊り始め
る「おばさん軍団(5名だったか)」。
帰りのシャトルで一緒になったから聞いたところ「直樹くんの私設ファンクラブ」
メンバーだとか。賑やかで楽しい人達だった。

セッションラストはビートルズの「ゲットバック」。
立ち上がり手拍子&身体でリズム。
紙テープはとびまくりそれはそれは楽しゅうございました。
(ついでに言うとあっしら二人、紙テープ投げるの失敗しました。
来年までにうまく投げる練習をしようと誓い合いました)

雨だけいただけなかったけれど、リッチな一日でございました。
                                                                                                                       (お年?女性/〇〇さんより)

« あ~、あと3日! | トップページ | 心と身体が踊る… »

「平和」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

あいにくの雨だったようですが、みなさん楽しまれたご様子、1200kmくらい(?)離れている沖縄本島で知り、大変うれしくなりました。
下地さんの歌は、何を言っているのかほんとにわかりませんよね。
最初に、下地さんのCDが出たとき、みんなで耳をこらして聞いて、「公民館」「国民年金」しかわからないね、という結論でした。
でも、同じ沖縄なのに(同じ日本語なのに)こんなに違うんだ~、というのがおもしろくて・・・。
下館さんという、超強力なギタリストに出会って、また一歩進んだ感じがしています。これからのお二人の活躍がすごく楽しみです。
主催のさくら子さんにはご苦労ですが、第3回の音祭りも期待しています。

「たんすにジュゴン」をお買い求めくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

M様、「これはジュゴンではないだろーよ」というのをお選びくださったとは、なんと粋で通なお方だろう、と感激しました。(suicaというのは換金できるんだなー、という知恵もいただきました)ほんとうにありがとうございました。

さくら子さま、『音祭り』無事盛況となり良かったですね!
大変楽しませて頂き、ありがとうございました。

生憎のお天気にもかかわらず観客動員数が凄かったですね。
ライブはお二人の魅力満載のステージとなり、
お二人の意気込みも伝わってくるような迫力の演奏。
そして曲の合間の人柄を感じさせるコメント。

それから紙テープってあんなに盛り上がるものだったんですねー。

そうそう、座布団アリーナ席の座り心地も良いものでしたよ(笑)
くつろぎすぎて自分の家に居るような感覚、滅多に体験できませーん。

ばるタンさんのおっしゃるように
お疲れのところですが、次回も期待しております!

ばるタンさん
>最初に、下地さんのCDが出たとき、みんなで耳をこらして聞いて、「公民館」「国民年金」しかわからないね、という結論でした。

あ、おんなじだ。
♪~???~~~「公民館」~???~~「国民年金」~???~~♪、ていう具合ね。

suicaの換金は、私も知らなかったわ。
知ってたらあのとき…ということはありました。

ともあれ「ジュゴン」くんは、なかなかの人気者のようです。名護市長選も近いですね。

コッコ鳩さん
>それから紙テープってあんなに盛り上がるものだったんですねー。

色とりどり、楽しかったですね。
でも、けっこう投げ方にコツがあるのかな?
今回はできなかったので、どこかでやってみたいなぁ。

座布団アリーナ席はたちまち全部埋まるのではと思ったんですが…。
後で聞いたところでは、受付の○○(←愚息)が、
「座り心地がイマイチかも」なんて、席決めの時に「ご親切な」アドバイスをしたらしいです。まったくー。

第3回、できたらいいですね♪私にもまだ分からないんです。でも、みんなで作っていくのって楽しいから、…考えておきます。


お疲れ様でした~
いろんな人のメッセージ楽しく拝見しました(笑)
そうか言葉が呪文のようなのかー(笑)
与論島に行った時に現地のおばさんたちがしゃべってる意味がわからなくて
郵便屋さんをみてほっとした記憶があります
なんでって、ここは日本なんだよな~とです(笑)

桃太郎さん、お久しぶり!
やっと少しずつテンションが戻りつつあります。
(どっちに?高く?低く?)

非日常にいる感じでしたからね。
もっともいつもがかなり、他人様から見たら非日常かも
…。

で、音祭りの報告まだまだこれからですのでお楽しみに。
写真もバッチリありますですよ。

与論島もそうなんですか?
新幹線の中で東北弁らしき方言も全然聴き取れなかったし、
もしかしたら、標準語しゃべってる人の方が少ないのかも。

でも標準語しか知らない者としてはうらやましいなぁ。バイリンガルだもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/8189305

この記事へのトラックバック一覧です: 2200kmは?!:

» [音楽]『2200kmを結ぶ 音祭り』 [きびをむく少女の指先傷つきてラムの琥珀酒カリブの海より来たる]
14日は、以前ご紹介した『2200kmを結ぶ 音祭り』に行って来ました。 さくら子さんの主宰するセレニティー・カウンセリングルームのイヴェントです。 我が家を出たときは曇りでしたが、大宮から約25分、宙空を走るようなニューシャトル。料金は高いけれど、遊園地の電車みたいで、ちょっと遠足気分♪ 終点内宿はかな〜りローカル。 冬の大気もひんやりと、高い建物がないので、遠くまで見渡せて、なんだか平地に降り立った気分。 直行バスで、会場の県民総合センターについた頃には、雨模様。 熱心なファンが座席指定をめざし... [続きを読む]

« あ~、あと3日! | トップページ | 心と身体が踊る… »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30