« 改めて感謝! | トップページ | お年玉? »

「甘い」記憶

このタイトルで何か粋な話題を期待した人、残念でした!お菓子の話です。

今日、久々に東京のデパートのお菓子売り場へ行き、あれこれお店を覗いて歩いた。そしてビックリ!ちょうど女性の人差し指か小指くらいの、ほそ~いクネッと曲がったチョコレートがなんと7~8本で800ンジウ円だったかな?その店のチョコはどれも目が飛び出しそうなお値段。こうなるとチョコレート様ですね!

隣のケーキ屋さんでは、大好きなモンブランが、スッポリ手のひらでフタができそうなくらいの小ぶりなのに400円近い。そのまた隣のケーキ屋では、500円近い、とか…。ガラスケースに彩りよく鎮座ましましてるケーキ様という感じで、ハ~っとため息が出そう。いやいや、これは私の所得水準が低いから、相対的に高く見えるだけで、チャントこうして売れていくのだから、これは適正な値段なのだと自分を納得させる。

私の世代でケーキと言えば、子どもの頃は特別なときの食べ物だった。それも今の芸術品のようなケーキではなく、バタークリームでデコレーションした上に真っ赤なチェリーが乗っていたり、クリスマスケーキと言えば、砂糖菓子のサンタさんや銀色のツブツブが乗っていたっけ。

友人の家がケーキ屋さんで、お誕生日会に呼ばれたときに、箱一杯のケーキがテーブルに用意されていたのを、「すご~い!!」と思って目にした記憶がある。

また、小学校の親友Nちゃんのお母さんは、料理やお菓子作りが得意で、YWCAの料理教室の先生だった。お誕生日にケーキの台を焼いてくれて、私たちにクリームで飾り付けをさせてくれたっけ。

映画のシーンでは、ディズニー映画「ポリアンナ」で、孤児のポリアンナが富豪の家にもらわれていって、カーニバルか何かでケーキを頬ばるシーンがあった。扇形に切り分けた顔くらいの大きさのクリーム大盛りのケーキを手にして、ヘイリーミルズ(ポリアンナ役)が鼻のてっぺんにクリームをくっつけながら、ホークなんか使わずに、片手に持ってかぶりついていたのがとってもおいしそうに見えた。

テレビ番組では、「ポパイ」か何かのスポンサーだったと思う。不二家のケーキが毎回出てくるコマーシャルがあった。大写しになったマロンの乗ったチョコレートケーキが、さっくりとホークで切り取られるところとか、ため息が出そうなくらいおいしそうだったなあ。当時の私には「宣伝の効果、大あり」だったわけだ。当時はやせっぽちで、あまり食べることに興味がなかった割には、なぜだかこういうシーンをしっかり覚えている。

究極の記憶といえば、まだ幼稚園頃だったか、母があるとき珍しいものを出してくれた。私はそれを一口食べて感激してしまった。この世にこんなおいしい食べ物があったのかと。なんだと思います?生クリームの乗ったカステラだったんです。今では「なーんだ」となってしまうけど、当時は生クリームなんて、ほとんどお目にかかれない。確か母は牛乳屋に注文して買ったとか後で聞いた記憶がある。後にも先にもあんなにおいしいクリームを味わったことはない。

書き出すときりがない。家庭を持ってからは子ども達とデコレーションした手作りケーキの思い出がある。なぜか子ども達は、デコレーションした後で、ボールに残ったクリームを、誰がなめるかで争っていたような…。

お菓子の思い出はつきない。小指サイズのチョコレートから、ここまで来てしまった。

« 改めて感謝! | トップページ | お年玉? »

「たべもの」カテゴリの記事

コメント

最近の日本はスイーツブームでケーキも芸術的ですね。
そしてお値段も芸術的。
海外に行ってみると意外に素朴であまーいケーキが出て来たりして。

某メーカーのカステラの下のお砂糖の部分が好き。
私が子供の頃楽しみだったのは結婚式の引き出物の定番!ユ○ハイムのバウムクーヘンでした。

むか〜し、家の冷蔵庫を開けたら大きなボウルが!?
中を見たら何故かボウルに溢れんばかりの生クリーム?
甘いもの大好きの小学1年生の弟の手作りでした。
あんなにたくさん一人で食べるつもりだったのかな。

>海外に行ってみると意外に素朴であまーいケーキが出て来たりして。

手ごろなお値段の、そういう素朴なケーキあったらいいなぁ。

>私が子供の頃楽しみだったのは結婚式の引き出物の定番!ユ○ハイムのバウムクーヘンでした。

私、今でも好きですよ。
あの気取りのないシンプルで、誠実な、味と姿。

ところで、ボール一杯の生クリーム、
弟さんお腹こわさなかったですか?
そうか、お姉さんに見つかっちゃったんだもんね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/7882293

この記事へのトラックバック一覧です: 「甘い」記憶:

« 改めて感謝! | トップページ | お年玉? »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30