« キリンさん | トップページ | とっときの場所 »

音祭りのチラシ&…

音祭りのチラシがサイトに掲載されています。下館直樹さんのサイトの、音祭りの記事掲載の中に、「実物ポスター(PDF)」とあるのがそれです。私が自分のサイトに(やり方が分からなくて)載せられないので、すみませんがこちらを見てくださいね。

         ……………………………………

このところ、音祭りのチケットのことや準備のことで、頭がいっぱい。休日にもついそっちに意識が行ってしまうので、ゆっくり休んでないような…。

これではまずいと思い、日曜日は食料品を買い込み、レンタルビデオを3本(うち1本は2本組)、一日中観まくって過ごした。おかげでちょっとリフレッシュ。

3本借りたうちの、とりあえず「アイ アム サム」と「サウンド オブ ミュージック」を観た。後者は、もう40年も昔の映画なのだ。ますそのことに気づいてビックリ!中学か高校くらいの時に観て、自分ではそんなに昔ではないと思っていたのに、「十分に昔」だった。

当時、従妹と一緒に映画に連れて行ってくれた叔母が「トラップ大佐、ステキね。」なんて言っていたのを「へー、あのオジサンが?」などと、従妹と不思議がっていた私。今なら分かる叔母の言葉。そして、ナチスの台頭によって失われていく祖国を思う「エーデルワイス」の歌にこめた大佐の気持ち。何となく当時と似通った「今」という時代も、よりそのことをリアルに感じさせているかもしれない。

40年経っても少しも古くならない。やっぱり名画なんだろうなぁ。こういう映画を観て大きくなれたことは、幸せな世代と言えるのかもしれない。

« キリンさん | トップページ | とっときの場所 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この音祭りは、ほんとうに「お聴き得」なコンサートですね。前菜なしのいきなりメインが最初から最後まで。あーお腹いっぱい満足した~、とにこにこして帰る人たちの顔が、すでに思い浮かぶんですけど。


「お聴き徳」でしょ~?!
沖縄のばるタンさんに、そう言ってもらえると嬉しいなあ!

我ながらホントにそう思うのであります。
これはちょっとない企画です。
でも実際に聴いたことのない人に、「聴いてみようかな?」と思っていただくのってとっても難しいの。

私の宣伝下手もあるんだけど…。
ガンバルのら!!

見てみましたー!音祭りのポスター。
チラシも持っていますが、色もデザインも優しくて神秘的。
距離と音の繋がりも感じられてステキですね。

「サウンド オブ ミュージック」は、舞台で初めて見てから後に映画を見ました。
舞台を見た後、感動して「トラップ大佐、素敵。」と思った一人です。

サンバ05さん、音祭りのチラシ、気に入って頂けてうれしいです!
自分で言うのも何ですが、かなり私も気に入ってます。

デザイナーさんがとってもうまくこちらのイメージを捉えてふくらませてくれるので、出来上がったチラシを見て、私もさらにインスパイアされるのです。ありがたいこと!

実はトラップ大佐のあの声、吹き替えとか。吹き替えにしては???…じゃないですか?自分で歌ってもよかったかも。

「アイ・アム・サム」は、私の好きな映画の一つです。
ショーン・ペン(父)もダコタ・ファニング(娘)も素晴らしい演技!
サムは障害があるけれど、こういう人ってやっぱり天使なのかなぁと思います。
周りの人達の生き方まで変えてしまう強いクリアな光のパワーを感じますね。

それと、なんといってもBGMが素晴らしい!
ビートルズファンの私は、他のアーティストのカバーで満足したことがありませんでしたが、この映画全編を通して流れる、
ビートルズのカバー曲はどれも、素晴らしかった!
全く別の曲に聞こえるけれど、見えないところにビートルズの精神が宿っているというか。。。

あはは、久しぶりに熱く語ってしまいました。

でも、本当に心が温かくなる映画だと思います。

ショーン・ペンはこれぞ役者という感じですね。周りの仲間は二人が実際のハンディキャップの方らしいですが、誰がその人か分からないくらい真に迫ってました。

私は作業所のお手伝いをしたことがあるので、こういうハンディキャップのある人たちの優しさがうまく描かれているのには感心しました。
そのせいか音楽のほうに意識が行かなかったんですよね。あまりにも自然なかたちで映画に音楽がとけ込んでいたからかもしれませんけれど。それだからビートルズファンにはたまらないんでしょうね。

>あはは、久しぶりに熱く語ってしまいました。

いいのよ、メイさん。どしどし熱く語ってくださいましな。

ダコタ・ファニングはホントに可愛いし、うまい。

最近こういうほのぼの系ばっかりみています。

毎日新聞の紹介記事を読みました。押さえるところをきっちり押さえた、いい感じの記事ですね。
ボディーパーカッションというのも楽しそう。
埼玉近辺の人がうらやましいです~。

ばるタンさんが、こっちに住んでいればねえ。
私も来てほしいのよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/7609920

この記事へのトラックバック一覧です: 音祭りのチラシ&…:

« キリンさん | トップページ | とっときの場所 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30