« もっと、ゆっくり | トップページ | たんすにジュゴン »

友達、それとも…

image

(秋の味覚♪)

またやっちゃったー!保存する直前にうっかりクリックして全部消えたのだ!!(泣~~~!!!)

もう、同じこと書けないよー。(書くな、ってこと?)

でも、気を取り直して、短く…。

「日本の孤立戦略」という記事を読んだ。(時間があったら、サイトの原文を読んでね) 

<このニュースの、私なりの短いまとめ>

①小泉首相は意図的に、東アジアで孤立するような戦略をとっている。アメリカ依存から脱却し、自衛力をつけるためには、憲法改正をする必要がある。そのためには中国・韓国と仲が悪くなることによる緊張関係を利用し、軍事力保持に世論が傾くことをねらっている。

②扇動する政治家に対して、ヒトラー政治の苦い経験から、世界は警戒していたのだが、最近になってフランスの内相や小泉さんのように、大衆から一定の理解を得るようになってきている傾向がある。=大衆扇動政治の危険性を指摘。

………

敵をつくって、国民を戦争に駆り立てるのは、国家の常套手段だ。それが着々と進行しているという。

相手と友達になろうと思うか、最初から敵だと思って向き合うかで、つきあいかたは180度違ってしまう。中国のAさん、Bさんの顔が浮かぶ。彼や彼女達は、私の敵ではない。

国と国との関係は、相手と友達になろうと思って始めるべきだと思う。そういう外交の例はいっぱいあるのだ。決して夢物語などでもない。

子ども達が犠牲になる悲惨なニュースと、国の姿勢は無縁ではないと思う。平和への希望が見える社会にあってこそ、一人ひとりの心にも希望や夢が生まれてくる。そこでは人への信頼も育まれていく。社会の危機管理と言ってはいろいろな対策が採られるが、不安と警戒心が募る社会は本当に平和と言えるのだろうか。隣の人が信用できなかったら、住んでいるだけで毎日不安に怯えなくてはならない。

子ども達に自衛のための携帯電話だ、護身術だ、と言う。平和な社会ってそういうことなのかな?

« もっと、ゆっくり | トップページ | たんすにジュゴン »

「平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/7318250

この記事へのトラックバック一覧です: 友達、それとも…:

« もっと、ゆっくり | トップページ | たんすにジュゴン »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30