« 一緒に風を♪ | トップページ | 風は吹く? »

銀河の夢コンサート

050827 南国の花、

まさに「夏!」というかんじですネ。

葛飾プラネタリウム・ライブ「銀河の夢コンサート」に行ってきました。

と言っても、一週間も前のことです。(ぜんぜんダイアリーじゃないですねぇ。ごかんべんを)

コンサート終了後、片づけ始めたスタッフの方がステージ正面に飾られていた立派な花を運び出してきました。そして「ご自由にお持ち帰り下さい」と声を掛けてくれたのでした。そこで少し頂いてきたというわけです。

でもほとんど誰も関心を示さないんですよ。ファンのお目当ては下地勇さん。30分以上もCDにサインを求める人の行列が続いていました。最後の人が終わるのを待って、握手だけして帰ってきました。下地さん「お元気ですか?あっ、その顔は元気そうですね!」ですって。私は間の抜けた会話をしてしまいました。つられて「お元気ですか?」っと。つい今しがた、元気に歌っているのを目の当たりにしたばかりだというのに…アホ!。ときどき(?)やるんですよね、こういう閉まらない会話。

マネジャーのOさんにも会えて嬉しかったです。「(ライブの準備は)進んでますか?」「ええ、タイトルは決まりましたよ。『今こそ、私たちの感性を呼び覚まし…(モゴモゴ)』(途中で詰まる私)「あれ?、自分で言えなくなっちゃった」。

Oさん「ナガ(長)!」(笑)

とにかく「2200kmを結ぶ音祭り」ですと私。

………………………………………………………

コンサートの隣の席には、ロータリークラブの紳士が二人。地元の話など少し聞かせていただいた。このあたりは5,6年前の開発で、こういう大きな通りと施設が整ったとのこと。11月に毎年やっているお祭りに、今年は下地さんに出てもらうことになっている。このところ沖縄の人が多いこと、夏川りみにも来てもらったけれど、ヒットしたらもうとても手が届かないとか、なんたらかんたら、いろいろよもやま話も。

こういう話が聞ける親しみやすさも下町の魅力。そしてアンコールも終わって席を立とうという時、お隣の紳士は「ああ面白かった!これなら○○さんも大丈夫だ。」と言っていた。どうやらお祭りの実行委員らしい。○○さんは委員長かな?11月に同じ葛飾で下地さんのコンサートがあるのだが、この夜はそのプレイベントだったのだ。地元の主催者として、心配は吹き飛んで、今夜のライブで太鼓判を押されたというわけだ。帰り際「11月にもぜひどうぞ」と勧められてしまった。

立派な広い道路と施設、整った親水公園など、私の描いていたイメージとはずいぶん違ったが、下町の温かさは健在だった。

バックを務めるミュージシャンの皆さんにも、春の沖縄以来、お目にかかれた。沖縄のライブが懐かしい。

コンサートが終了して小一時間にもなろうというのに、まだまだ皆さん、立ち去る気配もなく、立派な花々はそのまま出口を彩っていました。スゴイですねぇ、ファンの情熱って。もちろん私も、心地よさと活き活きとしたパワーをもらってきましたよ♪

トラさんの故郷、葛飾柴又でのコンサート。下地さんもトラさんの出で立ちで(ブカブカの上着に帽子に鞄を提げ)登場するサービスもあって、親しみのある楽しいひとときでもありました。

« 一緒に風を♪ | トップページ | 風は吹く? »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/5758313

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河の夢コンサート:

« 一緒に風を♪ | トップページ | 風は吹く? »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30