« 風は吹く? | トップページ | 選挙に行く前に »

植物に話しかける

flower1

昨日、美容院へ行った。カットしてもらいながら、美容師の店長と話したことが面白かった。こぢんまりとしたお店なので、店長一人で店を切り盛りするときもあるが、そんなとき誰もお客が来ないときなど、何となく話したい気持ちがたまってくる。それで店内の鉢物に水をやるときに、話しかけているのだそうだ。

私も家で植木鉢に水をやったり、花瓶の水を換えたりするときに、同じように植物に声を掛けながらやっているので、「わかるわかる」と返事をした。すると店長は振り向いて若いスタッフに言った。「ほら、あるだろう?そうなんだよ。」

「だって、店長の場合、水をやりながらブツブツしゃべってるんですよ。普通の会話みたいに・・・。大きくなれよ、とか話しかけるんならわかりますけど。」若い女性スタッフは反論しながら笑っている。

「ア、ハッハッハ…、おもしろ~い!」私は大笑いしてしまった。こういう店長の気持ち、よ~くわかる。確かに人から見たら、そうやって植物に話しかけるなんて一見バカみたいかもしれないけれど、本当はスゴク意味のあることだと思う。人間も植物も同じ生き物だし、お互いにエネルギーの交換をして生きているからだ。それは単に酸素と二酸化炭素の交換という化学的な意味合いからばかりではない。目に見えない生き物のエネルギーは自分以外の生物に影響を与える。それを感じるか感じないかの違いだけで、私たちは大なり小なりそう言う環境にあることは間違いない。

サーフィンで日焼けした若者が店でお客を待ちながら、植物に話しかけつつ水をやっている、こういうのって、なんだかいいなぁ。

で、下記、感性のイベント。詳しいお知らせは後日、決まり次第。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<今こそ、私たちの感性を呼び覚まし、人の心とつながろう>

   ― 第二回 2200kmを結ぶ音祭り ―

日時:226年1月14日(土)午後4時開演(予定)
場所:埼玉県県民活動総合センター 小ホール(埼玉県北足立郡伊奈町)
出演:歌と演奏 下地勇
            下館直樹
    ボディ・パーカッション指導 川口佳楠
主催:セレニティ・カウンセリングルーム

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、知り合いの花屋さんで残った花をもらってきた。通常古くなった花は捨ててしまう店が多いけれど、「まだ咲いていると思うとそれができなくてねぇ。」と。最初は大きな花瓶に、それから毎日短く切りつめては、小さい花瓶やビンに活け替え、最後はゼリーの空き容器に花だけを飾り、4日間楽しませてもらった。

写真は頂いて帰った翌日か二日目くらい、なかなか活き活きしているではないですか!

« 風は吹く? | トップページ | 選挙に行く前に »

「植物」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ありますね!植物に話しかけるって(笑)。先日も、しばらくぶりに旅行から帰って来て、死に絶えているだろうと思っていた鉢植えが、夕立のおかげ(?)で、枯れていなくて思わず話しかけてしまいました(笑)。声のトーンまで変わってしまってね(^-^;
お百姓さんがたわわに実った稲穂に語りかけるシーンをドキュメンタリーで観たことがありますが、わかるなあ。でも、そんな稲が台風で一夜にして全滅してしまうとしたら、ホント辛いですね。

まさに恵みの雨、夕立さまさま、ね。「水やり」を気にし出すと、どこへも旅行に行けなくなるのが悩み。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/5798643

この記事へのトラックバック一覧です: 植物に話しかける:

« 風は吹く? | トップページ | 選挙に行く前に »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30