« シャラポアへの質問 | トップページ | 映画「日本国憲法」 »

「ジェンダーフリー」バッシング

しばらく前から言われていたことではあるけれど、地方自治体では、せっかく広がりを見せた「男女共同参画」が後退し始めている。それもここのところ急激に。最近、自民党は「ジェンダーフリー教育」の撤廃に向けたプロジェクトチーム(PT)を立ち上げたそうだ。

そこでは、ジェンダーフリーを「過激な性教育」であると批判し、PT座長の安倍晋三氏は「彼らは結婚・家族の価値を認めない。これは社会、文化の破壊で看過できない。」とまで語っている。(ジェンダーフリーが結婚、家族の価値を認めないなんて初耳!)政治家の個人的発言ならまだ見過ごせるが、これこそ看過できない問題だ。

しかし、言われている内容をよく検討すると、まったく的はずれのでたらめだとわかる。過激な性教育と指摘された例も、誤解やこじつけ、事実無根であって、こんなでたらめが、さも事実のように吹聴されているかと思うと、あきれてしまう。たとえば「九州のある高校では男女同室で体育の着替えをしていることをどう思うか」というような質問をネット上のアンケートの質問に入れているが、当の高校に取材すると、「完全なデマ」と教頭は不快感を表したそうだ。(東京新聞7/2)しかし、どんなにでたらめでも、普通はそれを改めて確かめたりはしないから、「ジェンダーフリーとは、そんなものか」と誤解されたままで終わってしまう。

声の大きさと数を頼んで、デマでも流せば勝ち、ということなのだろう。しかし、先人の努力でやっとここまできた男女平等の流れを断ち切られては本当に残念だ。何とか逆風を押し返したいものだ。なぜなら、今年は「男女共同参画基本計画」の改訂の年だからだ。

PTの役職者は同時に「新しい歴史教科書をつくる会」や「神道政治連盟」等で要職を務める人たちだ。「伝統的家族の形態はその典型である。(男は外で働き、女は家事・育児を行う共存関係)。ジェンダー平等はこの文化を正面から否定する」(元郵政省幹部、光原正氏)、というが専業主婦が誕生したのは、たかだか近代になってのこと。伝統的家族形態はむしろ、男女の別なく働かねば食べられなかった中で、「男は外、女は家に」なんて言っていられない時代の方が長かった。

家庭の崩壊は、男が一人で稼ぎ、妻が家事育児と教育を一手に引き受けるアンバランスから来ているのであって、むしろこの働き方を変える必要がある。カウンセリングの現場では、疲れて帰ってくる遅い帰宅の夫と、家計を支えるために働かねばならない妻、会話の時間もゆっくりとれず、それでも夫も妻も何とかすれ違いを埋めようと努力している家族像が伺われる。そしてその陰には、夫婦のアンバランスな関係やストレスのもとで、揺れながらも懸命に生きている子ども達の姿がある。子どももともに家族としての苦労を生きているのだ。こうした必死に頑張っている市民の気持ちや努力を知ろうともせずに、口先だけで都合の良い政策をブチあげる政治家や「識者」に憤りを感じる。

ジェンダーフリーが家族を解体させるのではない。「今のままではやっていけないよ」と模索する中から、自然に解体が始まっているのだ。夫が早く帰宅して家族が一緒に夕食をとることができ、職場でも遠慮せずに育児休暇を申し出ることのできる社会をつくることのほうが、家族を取り戻す近道になるはずだ。

(ふ~、今日は、あまりにむちゃくちゃな論理とやり方の、ジェンダーフリーに対する逆風に、つい熱くなってしまった。)

男女共同参画の意味を正しく知ってもらわなくてはと思う。そしてさらに押し進めなくては。それが女性ばかりではなく、男性にとっても、自分を大事にしつつ、人間としての尊厳を持って生きることのできる社会の構築につながることはまちがいない。

     ………………………………

<この指とまれ>っで頑張ろうね!女性でも男性でも、一緒にね!

参考)男女共同参画局のホームページ ここには希望の一歩がある。

« シャラポアへの質問 | トップページ | 映画「日本国憲法」 »

「ジェンダー」カテゴリの記事

コメント

 仮に明治維新以降の日本を近代日本とすると、百数十年ほどの歴史しかないいわゆる「伝統的家族」は、まさに近代日本を支えてきた装置のひとつです。ですから保守派の皆さんが「伝統的家族」を守ろうとやっきになるのは、当然と言えば当然のことです。
 しかし、伝統的家族は既にかなりほころんでおり、彼らがどんなにやっきになっても近いうちに破綻するでしょう。それは同時に「近代日本」の終焉も意味するでしょう。家族というのは愛によって結びついた共同体であるという憧憬を抱いているのはせいぜい私たちくらいの世代までで、今時の若者は家族に幻想を持っていないかもしれません。
 「伝統的家族」を言うなら、平安時代の通い婚も日本の伝統では?意外に今の核家族よりいいかもしれませんよ。あ、これは貴族だけか。この頃の庶民はどういう家族形態だったのでしょうね。
 すいません。今、上野千鶴子の本読んでいるもので、もろに影響されてます。

家族の形態は、少なくとも政治家に押しつけられて保つような性質のものではないですよね。子育てのストレスで苦しんでいるのは、共働きよりもむしろ専業主婦の母親であるという統計もあります。これ以上「〇〇であらねば」と枠を押しつけないでと、母親達に代わって言いたい!

共働きやってますが、共働きをやることで、育児のストレスは、夫、祖父母まで拡散されます。さらに、夫、妻の勤務先の周囲にまで。何もかもが、ハンパになってしまうわけです。

少なくとも、仕事をやる上では、夫、妻のどちらでも良いですから、メインとサブを区分けするべきでしょう。はりあってばかりいると、夫婦双方ともに倒れます。

少なくとも、女性の側に、専業主夫の立場を認める勢力が増えなければ、少子化は止まらないでしょうし、女性の地位も上がらないでしょう。若い方々と知り合う機会の多い仕事をしていますが、「自分より収入が上の男性でなくては」と考える女性が圧倒的多数です。それでは、真の平等は無理でしょう。

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
本当に共働きの人にとって、男女の家事・育児等の負担をどうするかは、切実な待ったなしの問題だと痛感しています。制度云々を言っているうちにも毎日が過ぎていってしまうのですから。

そんな中での、おっしゃるところの若い女性の「ホンネ」、考えてしまいますね。

それでも長いスパンで見ると、30年前よりは今の方が、若い人の性差別に対する感覚は修正されてきているように感じるので、希望を持ってやっていきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/4775792

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェンダーフリー」バッシング:

« シャラポアへの質問 | トップページ | 映画「日本国憲法」 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30