« 夏休み帳 | トップページ | 直径1メートルの地球 »

BGM

スーパーに行ったら、土曜の夕方だったせいかひどく混んでいた。買い物の途中で店内のBGMが急に変わった。それまでかかっていたのは最近のポップス、それが突然「軍艦マーチ」に変わった。「ナンデここで、軍艦マーチ?!」と思いつつ、思い出した。そういえば以前も夕方にこの店に来て、軍艦マーチがかかっていることに違和感を覚えたことがある。その後、昼のすいた時間に来たときには、軍艦マーチを耳にしたことがなかったので、すっかり忘れていた。ということは、夕方の混雑した時間帯に景気づけにかけているということか。

「守るも攻む(め)るも黒鉄(くろがね)の…」というこの曲、昔、子どもの頃に、よく駅前のパチンコ屋にかかっていた。最近では、あまり耳にしたことはない。私にはあまり良い印象がない。この曲に鼓舞されて多くの命が失われていったと思うと、曲そのものに罪はないが、暗い記憶につながり、あまり聞きたい曲ではない。

でも、この曲そのものは、世界の行進曲の中でも名曲の部類に入ると聞いたことがある。戦争の暗い記憶や、駅前のパチンコ屋のイメージでなく、純粋に曲自体を味わう機会が最初にあったなら、きっと違う印象になっていたことだろう。楽曲にとっては、幸なのか不幸なのか。「行進曲」なのだから本来の使われ方をしたのだし…。

当時意味も分からず歌っていた。「まーもるも、せーめるも、くーろがねの~♪」なんていいながら、部屋の中をグルグル廻ったり、友だちと遊んでいた記憶がある。そういえば「あんぽはんた~い」などというシュプレヒコールも、子ども達の遊びに入ってきていた。たとえば、遊んでいて鬼ごっこしようかというときに、「さんせー」と「はんた~い」とあったとすると、「はんたい、はんたい、あんぽはんたい!」などという具合だ。

ついでに「38度線」という遊びもあった。花びら5枚の真ん中に、花びらが円に着かないよう)に描く。花びらの一枚は外に開いていてそこが出口になる。「花びら」組と、「円の中」組に分かれて、花びら組は花びらから次の花びらに移って最後は外に出られたら勝ち。円の中の組は花びら組を中に引っ張り込んだら勝ち。これを38度線といって遊んでいた。38度線が何を意味するのかも知らずに。

今思ってみると、私たち子どももイヤもおうもなく、まさに時代を生きていたのだなあと思う。こうした話を、子ども達に語っていくこともまた大事なことかもしれない。

さて、レジは長かった。5列のレジが少しも進まず、10分間も軍艦マーチを聞くことになった。スーパーを出ても、耳にはマーチが鳴っていた。

« 夏休み帳 | トップページ | 直径1メートルの地球 »

「平和」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/5116323

この記事へのトラックバック一覧です: BGM:

« 夏休み帳 | トップページ | 直径1メートルの地球 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30