« 慰霊の日 | トップページ | シャラポアへの質問 »

炎天下のクチナシ

050625_1729001 昨日の炎天下、芳香を放っていた通りすがりのクチナシ。白い花がクッキリと、香りも強い日射しにまけないくらい濃厚で、それがむしろ爽やかでした。でも、肝心の写真は、イマイチ、イマ2? 汗で手もぶれました、昨日の暑さ!炎天下に芳香を放って咲き競う植物の力強さには心を打たれます。

リーディングバトン(Reading Baton)というのがあるのですって…。友人のazamikoさんから思いがけずバトンをいただいたのですが、何しろあんまり本は読んでいないので…、思いつくまま。

①よく読むブログ…友人のブログ以外では、最近ジャーナリストの綿井健陽さんがブログを始めたのでときどき。

②好きな作家…まどみちお レオ・レオニ

③思い入れのある本…中学生の時に読んだ「メアリー・ポピンズ」(P・Lトラヴァース)。「女の選択-生む・育てる・働く」「見えてくる女の水平線」(2冊とも高良留美子)

④手放せない、というより時々読み返す本「海からの贈り物」(アン・モロウ・リンドバーグ)落合恵子訳(吉田健一訳も)。「あたらしい憲法のはなし」(文部省/童話屋)

⑤最近買った本…「にほんご」(福音館書店)

次にバトンを渡す人…、もし読んでくださっていたら登録ブログの、PFCさんTamyレポートさん、それにあをねこさんに。ご迷惑でしたらパスしてくださいね。お遊びですので気になさらず。

« 慰霊の日 | トップページ | シャラポアへの質問 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「植物」カテゴリの記事

コメント

了解しました。
でも、マイペース(腰が重いとも言う)なので、しばしお待ちください。

あまり本は読んでなく。はずかしく、手がつかないです。ちょっと考えてがんばってみよっかな。

あをねこさん、ゆっくりお時間のあるときにでも…。
tamyレポートさん、私なんぞ、読んでいないのに厚かましく書いてしまいましたですよ。

でも、たまにこうやって自分の読んでいる(読んだ)本を振り返ってみるのも面白いですね。

バトンタッチ、ありがとう!
私もさっぱり読んでいなくて、昔読んだのばっかりで・・・(’^-^;

>でも、たまにこうやって自分の読んでいる(読んだ)本を振り返ってみるのも面白いですね。

最初はこんなことはじめたの本屋の回し者?なんて疑り深い私は思ってしまいましたが、面白い本、いい本が宣伝されることはタイヘン結構なことかと思います。Batonを辿って、面白そうな本もチェック!近々購入するつもりです。

綿井健陽 第一回監督作品「Little Birds〜イラク戦火の家族たち」少し前に観ました。観るのも、気が重かったけれど、安易へ流れ易い私に必見な映画でした。
戦争の定式のように庶民同士が血を流し合っている。

意味不明なことを書いてしまいました。
戦争の民営化といわれる不均衡な経済構造が戦争へ行くものを作り出しているということが頭にあったからなんですが、無力さを感じるばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73432/4714101

この記事へのトラックバック一覧です: 炎天下のクチナシ:

« 慰霊の日 | トップページ | シャラポアへの質問 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30